リハビリ支援発達ルームUTキッズ大和高田 地震の避難訓練を実施しました

みなさんこんにちは!
梅雨入りし、じめじめとした天気が続いていますが、プール開きが始まった園や学校も多いのではないでしょうか。リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田に来てくれているお友達も、プール遊びで黒く日焼けし始めた肌を見せてくれています!貴重な晴れ間は外で元気いっぱい遊びたいですね(^^)

 

 

先日、
リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田では開設して初めての避難訓練を実施しました。
地震を想定し、避難の順序や避難経路、危険な場所などを職員みんなで一つ一つ確認しながら行いました。

地震が起きたとき、安全に速やかに避難できるよう職員はそれぞれの担当を担っています。
「地震です!」掛け声で安全な遊具や机の下に隠れるよう促す職員。

 

出口を確保し、外の安全を確認する職員。

 

 

利用者さん、職員の点呼を行う職員。

 

 

火元の点検、防災グッズを持ってすみやかに避難誘導をする職員。

 

 

避難後も人数確認を行います。

 

 

(療育中だったら…)(こっちの出入り口が塞がれてしまったら…)様々な想定をしながら安全に避難できる方法を考えました。災害は訪れないのが一番ですが、万が一に備えてイメージしておくことで、慌てず落ち着いて避難することができます。
リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田では、定期的に避難訓練を行っていく予定です。今回の内容を振り返り、次回の訓練に活かしていきたいと思います。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 齊藤

記事一覧へ