リハビリ発達支援ルーム UTキッズ香芝 “やる気スイッチ ON !”

桜の花も満開に近づき、早いもので明日から4月になり、UTキッズ香芝は、3年目を迎えます。

1年ってなんと早いんだろうと感じる時期ですね。

 

 

先日、春休み前の3月21日春分の日に、小学生の子ども達のイベントを開催しました。

JR香芝駅に集合し、電車に乗ってバスに乗って…。しき山上「のどか村」へ遊びに行きました。

 

 

 

 

電車に乗って行くイベントは今回で2度目です。

1回目は、電車の切符を買う事や改札出入りが初めての子ども達でしたが、今回2回目となると、慣れたもので、初めて参加するお友達に教えてあげる様子があり、子どもたちの成長を感じることが出来ました。

しかし…イベントでバスに乗ることは初めて…。

「なんでお金も払ってないのに切符が出てくるの?」と不思議顔。

降りる時にお金を払う事で、納得した様子でした。

のどか村に到着し、アスレチック前にシートをひくと、待ち構えていたかのように、リュックサックと上着を脱ぎ棄て、早速遊具に挑戦し出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨上がりでもあることから、足場は滑るしお尻や膝は泥だらけになりながらも、気にする様子もなく、いつもの療育室以上にダイナミックに遊びます。

お昼ご飯は、持ってきたお小遣いで自分の好きなものを買いました。

全て自分で選んでお金を支払う事を体験してもらいました。

たくさん身体を動かした後にみんなで食べるお昼ご飯は最高に嬉しかったようで、楽しくおしゃべりしながらの昼食でした。

 

 

 

 

あっという間に帰る時間になり、またまたバスに乗り電車に乗り、香芝駅まで無事に帰りつきました。

どの子ども達も疲れた表情もなく、活き活きとした表情で、「また、行きたい!」と元気な笑顔で伝えてくれていました。

 

 

 

 

いつもリハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝の療育や活動にご協力いただきまして、ありがとうございます。

この1年間も、子ども達と一緒に笑ったり悩んだり考えたりとそれぞれの子ども達と一緒にそれぞれの時間を共有したくさんの療育物語が出来上がりました。

子どもたちの成長をご家族の方と一緒に感じさせていただけること、本当に嬉しく思います。

 

 

日々感じる事は、子どもたちの力は、「無限大」と子どもたちに教えられます。

子どもたちの、「やる気スイッチ」が入った時の、真剣な目と集中力。

その姿を誰よりも近くで見て感じさせてもらえた1年間でした。

本当にありがとうございました。

 

 

来年度も、子どもたちと一緒に香芝スタッフ一同たくさんの楽しい事を経験しながら成長を見守らせて頂けたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝

坊薗

〒636-0236   奈良県香芝市磯壁6丁目462-14

TEL:0745-71-3400  FAX:0745-71-3401

記事一覧へ