リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 「ドキドキ、ハラハラ」新しいルーム⁉

こんにちは、まだ6月というのに日中は真夏のような暑さ夜間は肌寒い日が続いています
が体調など崩されていませんか?
これから梅雨の時期にも入っていく為洗濯ものが乾かない、湿気が多く体中がベタベタ憂鬱な気分になりがちですが汗拭きシートやシャワーを浴びるなど工夫をこらしながら、乗り切りましょう。

さて、6月1日のopenからあっという間に10日が経ちました。
新しい環境や指導員に子どもたちも緊張気味。初めてのお部屋に「おっかなびっくりの子」「全然気にせずに遊べる子」また、子どもたちの様子を観察し好きな遊びの提供する職員たちヾ(≧▽≦)ノ療育が終わるころには子供たちも笑顔いっぱい(*^_^*)
楽しくて終われないこともしばしば見られます。

保護者様に置かれましてはお子様が楽しく遊べるかケガはしないかと不安もいっぱいではないかと思いますが職員一同保護者の方としっかり情報交換しながらより良い個別療育と子供たちの成長が見られるように頑張っていきたいと思います。
ここで、職員紹介をさせていただきます。

 

 

職員紹介

管理責任者・児童発達責任者

芳本 悦子(えつこ先生)

 

 

コメント

明るく、楽しい療育ルームに できるよう頑張ります。

 

職員(保育士) 大村 めぐみ(めぐ先生)

コメント
また来たいと思えるような 場所になるよう頑張ります。

 

 

職員(作業療法士)
松本 円香(まどか先生)

コメント
同じママとして一緒に頑張って行けたら嬉しいです。

 

 

職員(作業療法士)

南 竜太(りゅうた先生)

 

コメント

子どもたちの笑顔を引き出せるように頑張ります。

 

 

職員 (保育士)
齊藤 夕衣(ゆい先生)

 

コメント
頑張ります。

 

 

 

 

 

 

以上、これからもよろしくお願い致します。

追伸・・・悩み事や困った時など一人で悩まず気軽にいつでも声を掛けてくださいネ

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田

芳本

 

記事一覧へ