リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 「みんなで確認(*^-^*)」

暦の上では秋分も過ぎ日中も過ごしやすくなりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田では、感染対策をしっかりと行い、利用してくれている子ども達と元気いっぱい過ごす事が出来ています。

目には見えないウイルスとの闘いに負けない身体作りをしていきたいと思います。

 

先日、職員でいつも療育中に使用している遊具について、危険な時は…安全な時は…こんな時は…?と色々お題を出して研修する時間をつくりました。

普段子ども達が乗って楽しんでいるスイング・円盤に乗った時の揺れ・ボルダリング・ラダーはどのような感じなのかも改めて体験しました。

スイングでは指導員が前にいるのといないのでは全く一緒の揺れも怖さや安心感が違う事を発見し、ボルダリングの時の視線や手足の動かし方・ラダーでの方向転換等子どもの気持ちになって体験し、誘導する事で児童・放課後の子ども達への言葉のかけ方やこんな状態で乗った時に予想される危険度・環境構成等を各自で考えました。

またサーキットを組み、色々な方法をみんなで知るいい機会となり、これからも気づきをみんなで共有して知識や技術の向上に繋げていけるよう事業所内で研修を行っていきたいと思います。

 

日々の積み重ね成長している子ども達の中に私たちの療育が役立ってくれるように今後も勉強を重ねていきたいと思います。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 大村

記事一覧へ