リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 新しいスタッフ?紹介!

こんにちは、ようやく関西も梅雨入りしましたね。
じめじめの気持ちも身体もしんどくなる季節に子どもさんも大人までも癒してくれるリハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田の新しいスタッフを紹介したいと思います。

 

 

じゃーん!!!!

 

 

 

 

大きな大きな、、クマさんです!
このクマさん見ていただければお分かりになるかと思いますが、500㎖のペットボトルがこんなに小さく見えるくらいおっきいんです。

 

子どもたちはこのクマさんでお医者さんごっこや、お店屋さんごっこなど様々な遊びの相手にしてくれています。
「ごっこ遊び」や「おままごと」では子どもさんたちのイメージする力“想像力”が鍛えられます。お医者さんやお店屋さんになりきり、セリフを考えたり行動の真似っこをする際に「お医者さんならどういう行動をするだろう?」「この前見たお店屋さんはこんな言葉を言っていたなあ」と考えたり思い出したりしイメージすることが子どもさんたちの成長につながります。
また、そういった遊びではコミュニケーションを必要とするのでコミュニケーション能力の向上がみられたり他のお友達との協調性が生まれてくれればうれしいものですね。
クマさんとの遊びも、子どもさんたちの成長過程の中で大きな役割を果たす可能性を秘めています。

 

 

さて、このクマさんにはまだ名前がありません。
もしかわいい名前の提案があればまたスタッフに教えてくださいね♡

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 松本

記事一覧へ