リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合   鬼滅ブーム到来中!!

巷は空前の「鬼滅の刃」ブームですね。
先月公開された劇場版では数々の記録を更新しており、コミックスの累計1億部以上という驚異的な売上だそうです。
私も記録更新にうっかり加担してしまった一人です。
新年度の自己紹介で「好きなアニメは鬼滅の刃です。」と多くの子どもたちが答え、各々が思う魅力を存分にアピールしてくれました。
そんなに言うなら、まぁちょっとアニメでも見てみようかなと軽い気持ちで足を踏み入れると、どっぷりハマってしまいました。
主人公たちが純粋で信念を貫き通し、何度も壁にぶつかっては仲間や家族の力を得て乗り越えていく姿に勇気をもらった方も多いのではないでしょうか。

支援でも鬼滅の刃のキャラクターはよく登場します。
棒の先に付いた鬼滅のキャラクターを目で追いかけたり、キャラクターの絵カードで神経衰弱をしたり、
登場人物の名前を漢字で転記したり、呼吸の型の名前を聞いて覚えて書いたり。
眼の体操、漢字の書き取りや聞く課題は「イヤだ」「あんまりやりたくない」と言っている子もキャラクターが書かれたプリントが見えると
「それやるわ!」と目をキラキラさせて取り組んでくれています。
『好き』というヤル気スイッチの効果は絶大です。
子ども達だけでなく、私自身も課題づくりの時間がとても楽しくなりました。

 

学習支援=勉強という印象が強いかもしれませんが、リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合では一人ひとりの認知や習得の特性を把握し、
『見る力』(眼球間運動→視空間認知→目と体のチームワーク)を向上させ、学習に取り組みやすくなるよう支援を行っています。
その中で個々の『好き』を活かし、「できた!」を積み重ねていき、自分の中の階級を上げ、
みんながそれぞれに合った呼吸で柱を目指してほしいと思います。

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合 吉井

記事一覧へ