リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合  冬野菜が決まりました!

田んぼの稲刈りが始まり、少しずつ冬の足音が聞こえてくる頃となりましたね。

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合はのどかな田園の中にあり、

自然豊かな中で支援を行っています。

 

 

今回も昭和塾での活動報告です!!

 

 

各クラスで冬野菜を植えました。

今年は夏の終わり頃から冬野菜について、各クラスで自分たちの育てたい野菜の意見を出し合い、話し合いをして野菜を決めました。今年の冬野菜は、かぶ・ブロッコリー・大根・リーフレタス・ラディッシュとバラエティー豊かになっています。

 

畑の番人が夏に作った防鳥ネットを活用し、すくすくと育っています。

種から育てることで小さな芽が出てくる喜びを感じたり、大きくする為の作業で間引きをしてより元気な苗を残す昔ながらの栽培方法を体験したり、大根はプランターではなく牛乳パックを使ってのエコロジー栽培をして環境にも配慮した現代方法も行っています。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合の子どもたちは、固定の時間と曜日に通所してくれています。自分のクラス分の野菜の成長だけでなく、他クラスのお友達のことを考えたり植えた気持ちになって水やりをしたり、すごく気持ちが穏やかになれる活動の一つだと思っています。

 

野菜の観察と栽培…そして、収穫して食べるまでのプロセスをこれからもみんなで楽しみたいと思います。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合 大山

記事一覧へ