リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合 ご褒美効果ってすごい‼

夏の甲子園も終わり、いよいよ東京オリンピック・パラリンピック開催まで一年をきりました。秋に向けてスポーツをしたり、好きな本を読んだり身体も心も夏の疲れを取る良い気候になります。
今回は、大人も子供たちも色んな目標に向けて、人それぞれのご褒美が大切ですねと言った話です。

ご褒美とは
自分へのご褒美とは、自分自身に贈るプレゼント、賞与という意味で、要するに「自己満足」を具体化した行為であり、賞賛する他人に取り囲まれている自分を仮想するという点では「※自己欺瞞(じこぎまん)」にも相当する。
{※=自分で自分の心をあざむくこと。自分の良心や本心に反しているのを知りながら、それを自分に対して無理に正当化すること。自欺 (じき) 。}

 

 

衣服から物(乳児)を抱き込めるような大きな衣服を意味する「ほう」と言う象形文字が表すように大人が子供を守る形になっています。

 

ご褒美の「褒」は「褒める」の字が入っており、実際子供のころでも大人になっても言葉で褒められると照れくささがありますが、嬉しいものですよね。

 

UTキッズ河合では、来所して課題をクリアするとUTコインを1枚贈呈。10枚貯めることで1回ガチャガチャができます。苦手なことはやりたくない、行きたくないと思う気持ちも軽減させると考えて進めてきました。
望む物が当たるかは分からないので、お友達が回す時にはギャラリーがいっぱいになり注目を浴びてガチャガチャして、一喜一憂していますが「がんばったね」「良く貯めたね」など保護者様や指導員の称賛も感じとってくれています。

私たち大人も自分へのご褒美を自分で得ることは有能感を高める効果があり、幾つになっても必要です。多様化していく現在を自分らしく過ごしていくためにも、他者からどのように思われようとも他人と比べずに、今を楽しんでご褒美を有効活用し、自分で自分を褒める環境を増やしていきましょう!
私は「仕事を頑張って、美味しい秋の味覚とお酒を味わおう」と思っています。…(笑)

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合  大山

 

 

記事一覧へ