リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本  秋祭り

2学期が始まり、少しずつ暑さも和らぎ朝夕涼しくなってきましたね。
リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本では恒例の秋祭りを開催しました!
小学生は、たこせんべい、ジュース、缶つみ、輪投げ、ピンポン(スマートボール)のお店屋さんになりました。

お店屋さんは祭りのハッピを着ます。それから自分の仕事内容を確認し、今日の「目標」を子どもたち自身に考えてもらいます。
・たこせんべいの作る順番を間違えないようにする
・ジュースをこぼさないように入れる
・間違えないようにルールの説明をするなど…
始まる前は緊張する子もいましたが、ガッツポーズをとり「頑張るぞー」と気合を入れる姿も見られました。お祭りが始まると、各自の仕事に取り掛かり自分から仕事を見つけ、何も言わなくても小さい子どもが来ると優しく声を掛けるなど、自分たちでできることを探し一生懸命接客していました。

 

 

 

 

お客さんたちもたくさん来てくれてにぎわっていました。終わった後は「楽しかった~」と言う声も聞く事ができました。
始まる前は緊張していたお店屋さんも終わった後は笑顔で帰りました。

イベントを通して子ども達の成長を保護者の方に見て頂く良い機会になりました。
今後も子ども達が楽しめるイベントを考えていきたいと思います。

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本  高石

記事一覧へ