入学式

みなさま、こんにちは。

 

入学式シーズンですね。我が家も下の娘が昨日中学校に入学しました。

実は私、昨年5月より中学校のPTAの会長をしていましてこないだの卒業式と

昨日の入学式で祝辞を述べてきました。

知り合いのお母様やらお父様がいる中で、

壇上に立って話をするのは、なかなか緊張するものでした。

 

祝辞ですが、以前ご紹介した名倉さんが講演で話された一部を使わせてもらいました。

(名倉さん、ありがとうございます‼)

 

その内容とは…

 

「私は、病気になり意識が回復した直後、手足や身体が全く動かない、

喋れない、食べれないといった現実がなかなか受け入れられず、

毎日悔しくてよく泣きました。

そんな折れそうな心を支えてくれ、前を向かせてくれたのは、

同僚、友達、そして家族といった多くの周りの温かい人達の存在でした。

人生、全く予期せぬことが起こります。

しかし皆さん、どんな状況になってもプラス思考で前を向いてください。

もし最悪なことが起こったとしても、

まずは今日一日頑張ろうと思って、笑って過ごしてみてください。

その頑張った一日が、きっと明日に、

そしてずっと先に繋がっていくことになると私はそう確信しています」

 

名倉さんの「笑って一日を過ごせば、その頑張った一日が明日に、

そしてずっと先に繋がる」という言葉が大好きで

子どもたちに少しでも伝わればいいなぁと紹介させてもらったのですが、

この祝辞は反響が大きくて、たくさんの人達から「感動しました」

「泣きそうになりました」などと声を掛けてもらいました。

大仕事が終わって、今、本当にほっとしています。

 

新しい環境に入った皆さんにとって素敵な春となりますように…

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション

言語聴覚士 上野なつひ

 

記事一覧へ