奈良市在宅医療・介護連携支援センター開設記念研修会に行ってきました

連続投稿になります。ユーティー訪問看護ステーションの作業療法士の安井です。

 

今年4月より、奈良市医師会より「奈良市在宅医療・介護連携支援センター」が開設されました。

そこで、7月25日に「開設記念研修会」が奈良市医師会館1階ホールで開催されました。

奈良市長、奈良市医師会長の開会挨拶の後、「地域包括ケアシステムにおける自立支援型サービスの視点」として講師を仰せつかりました。

当日は、約260名!の多職種方々が参加され、会場が満員となったため、急遽、別会場でのライブ中継も追加されました。

連日の猛暑のなかで、これだけ多くの方々が参加されることからも医療・介護連携への関心の高さと重要性、多職種間での必要性を感じました。

私の受け持ち時間は40分で、その中に地域包括ケアシステムの変遷、昨年成立した「地域包括ケア強化法案」など政策の変化による影響と、強化法案で求められている「自立支援」などをお話させて頂きました。

結果、詰め込んだ形になってしまい、聞き辛かった方も居られるかと思います。

申し訳ありません。

 

さて、奈良市在宅医療・介護連携支援センターでは、

①在宅医療・介護連携に関する相談支援

②医療・介護関係者の情報共有の支援

③地域の医療資源の把握

④その他地域包括ケアシステムに関わる事業(奈良市医師会HPより引用)

を積極的に実施されるそうです。

 

是非、「日本一安心して暮らしやすい奈良市」になりますように!

 

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション
作業療法士 安井
〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152
TEL:0744-20-3353  FAX:0744-20-3354

記事一覧へ