安全運転フェスティバルに参加しました

本日は、奈良県障害者運転者協会主催の「第48回安全運転フェスティバル」に参加してきました。

若い方から高齢の方、また普段車いすを使用している方も、たくさんの方々が参加されていました。

 

・・・第48回!! すごい歴史のある取り組みなんですね!

冒頭のあいさつでも、障害の有無に関わらずノーマライゼーションを推進して、社会参加がすすむ社会にしましょうと話がありました。

 

さて、開会式を終えるとJAFさんからの安全運転講習、福祉車両の見学を終え、いざ実車です。

なんと、このフェスティバルではマイカー持ち込みで教習所コースに出ます。

そして・・・教官が助手席に座り・・・時々、評価シートにペンが走る・・・なんともいえない緊張感・・・。

木陰に隠れた一旦停止の標識に気付かずに一旦停止線を少し越えてしまったらしい・・・なんと・・・😱

それでもなんと、賞を頂くことができました😁

 

 

免許をとって17年ですが、これからも交通安全に努めます😁

 

高校生や専門学生のボランティアもあり、明るい雰囲気でした。そしてお弁当もおいしかった😁

訪問看護や訪問リハビリで担当していた利用者さんとも再会できたりと・・・とても良い1日でした😁

奈良県障害者運転者協会の皆さまをはじめ、本日は良い機会をありがとうございました!!

 

さいごに、

ある県で、作業療法士が運転免許センターに非常勤職員としておられるという事を始めて知りました。

高齢者や障害がある人からの運転への相談は増えているようで、日常生活に必要な活動ができるよう細やかな支援ができるとのこと。

 

私も作業療法士として、まだまだ知らないこと、できることがありそう😁

記事一覧へ