引っ越しの大変さを味わって

こんにちは、ユーティー訪問看護ステーションの看護師 辰己です。

 

 

3年前に橿原市内でどこか私に似合うような物件はないかと探していましたが、思い切って古民家のある物件を購入しました。

すぐにでも引っ越しはできるのですが何やら急に引っ越しとなると旧住所から離れてしまう事で急に寂しさや懐かしさがあり、なかなか決断がつかず3年余り放置の状態でした。

もちろんそれまでの間は管理は行ってきたつもりでありますが・・・。

 

毎年、春になり暖かくなってきた時期が来ると、引っ越そうと思いながらいつの間にか月日は過ぎてしまいましたが、令和に年号が変わり5月の8連休が重なった為、チャンスと思い、これといった荷造りも行えていませんでしたが、思い切って引っ越すことになりました。

その際、夫は転居直前になって「行くのは嫌だ、俺はここに居る、お前ら行ったらいいわ」と言うやら又、住所変更や諸手続きの変更もあり私一人ではなかなか前に進まない状況でした。

その上、転居先では自治会への加入や隣近所への数か所の家々に挨拶周りもあり図りしれぬ苦労でした。

引っ越しはもう少し若い時に行うものだとひしひしと思い知らされました。

高齢になってからでは身体、精神面で行動がすぐに行えず今回でもうこりごりであります。

この夏、転居後2ヶ月を過ぎ、ようやく生活にも落ち着いてきた様に思われます。

この地で更に年老いてきますがここが最後とし、人生最期の住み家としてさわやかな空気を吸って四季を感じながら時々、息子夫婦、孫たちと団らんし安心して暮らしていけるようにと願っています。

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション
看護師 辰己
〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152
TEL:0744-20-3353  FAX:0744-20-3354

記事一覧へ