集団療育「アンファン」 年賀状作りをしました☺ リハビリ発達支援ルームUTキッズplus

寒さも少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じられる頃となりました。

 

集団療育「アンファン」での12月の製作は、年賀状でした‼

来年の干支である『イノシシ』を子どもたちの手形スタンプで、作れないかと集団療育スタッフで試行錯誤して、サンプルができました(*^^*)

 

 

当日、みんなで茶色の絵の具を手に付けて、紙にスタンプっ‼

けれども・・・絵の具の感触が好きだ~もっとしたい‼という子もいれば、手が汚れるなんて絶対にムリ‼、この感触が嫌やねん‼と様々な反応を示してくれる子どもたち。

たのしみながらもプチハプニング⁉がおこったりといろいろありましたが、無事に手形スタンプができました(^▽^)

 

 

 

 

絵の具が乾いてから、耳と鼻を貼ってマジックで、目や口を書いてかわいいイノシシ🐗が完成‼

元旦に子どもたちの家に着くように、ポストへ投函したいと思います(^▽^)

 

 

 

 

アンファンでは、今回の絵の具スタンプの他にも11月、12月は触覚あそびを多く取り入れるようにしています。

そこで、「触覚あそびにはこんなに良い効果があるよ」を少しご紹介します‼

 

 

まず触覚は、皮膚を介して感じる感覚です。

衣服や風のそよぎなど普段意識しない触覚もあり、日常生活のあらゆる場面で、常に身体に入ってくる感覚です。

触覚には2つの働きがあり、場面や状況に応じてバランスよく働いてくれています。

 

  1. 自分に触れているものが何であるかを識別する。
  2. 不快感など、害を及ぼすかもしれない触覚刺激があったときにそれを避ける。

 

 

触覚あそびをすると…

①安心感、情緒の安定

②覚醒の調節

③触ることで物を理解する

④手先の運動の器用さ

⑤身体図式(ボディーイメージ)

などにつながります。

 

 

小麦粉、片栗粉粘土、泥団子、はてなボックス(ふわふわ、ちくちく、つるつるなど)、じゃんけん列車、おしくらまんじゅう、文字当てゲーム(背中、手、足の裏など)、ふれあい遊び、じゃれつき遊びなどの遊びを取り入れて、集団療育でできる触覚あそびを楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus

岡本

〒634-0062   奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-2066  FAX:0744-20-3354

記事一覧へ