~再会~

皆さんこんにちは、作業療法士の今堀です。

 

昨年12月のUT社会参加企画と同時期に、病状により自宅生活から施設への入所に住まいを移された利用者様がおられました。

この利用者様に作品展示への出展を依頼していました。

作品を紹介すると、病気に負けない為に力強く「勝つ」と言った言葉を大きく書いた書道でした。

作品展示へは快く協力してくださって、作品をお借りして当日額に入れて展示させていただきました。

進めて行く中で会場への参加は困難となりました。

後日、写真を見ていただく為、作品の様子を写真におさめました。

 

 

そして、入所されている施設へお邪魔させていただきました。

玄関を通ると売店でソフトクリームを買って食べている利用者様の姿が見られました。

「おお~。久しぶりやん」「変わってない元気やで」「部屋まで行こ」

自室まで案内していただいて、入所後の様子を話してくれました。

日によっては体調を崩されることもあるとの事です。

しかし、元々リハビリには前向きな方なので自室で体操したり、散歩を欠かさないと話されていました。

今も自主リハビリに取り組まれている姿勢は変わっていませんでした。

 

 

話していると時間の過ぎるのは早く、いつ渡そうかと思っていた作品展示の作品を返却して、作品展示時の様子を写真で見てもらいました。

「えらい良いとこに飾ってくれてるやん」「いろんな作品あるな」

写真を見てもらいながら、沢山の人が作品を見に来て、写真など取られていたことを伝えると

「飾ってくれてありがとう」

そう言ってくれました。

 

 

その作品は今は自室の壁に飾られています。

「また、次回も出してくださいよ」と話すと

「本間やな」「何か書こうか」「また近く寄ったら来てや」

作品展示によって色々な繋がりが続くこともまた再確認できました。

何だか企画に携わって良かったと本当に思える瞬間でした。

作品の向こうにその方の背景、人生を感じます。

そこに触れることができたことを大事にこれからも関われたらなと思います。

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション
作業療法士 今堀 好昭
〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152
TEL:0744-20-3353  FAX:0744-20-3354

記事一覧へ