記事一覧

■2017年10月

第4回UTキッズ三田(仮)開所準備会議

先日第4回開所準備会議を行いました。

 

いくつか店舗候補地がそろってきました。

 

広さ、場所、申請のための条件

 

多くの条件をクリアする必要があるため、店舗選びはとても難しいです。

楽しく喜んで過ごしてもらえる場所にしたいので、しっかり検討します。

 

 

10/29(日)の勉強会・事業説明会の資料が仕上がってきました。

貴重なお休みを使ってきてくださるので、来てよかったと思える内容になるよう、最終調整調整をしています。

 

 

「気になる子供の理解と対処」(体験型講習会)

若干席に空きがあります。

興味のある方は申し込みください。

 

 

 

 UTキッズ北神戸店  岩城 大

11月のイベント参加者募集

朝晩寒くなってきましたね。皆さん風邪などひかれていませんか?通勤途中コスモスが咲いているのを見つけました。

 

 

キレイですね。車で通っているとなかなか目を向ける機会がありませんが、自転車や徒歩・ランニングをしていると季節を感じる事ができて嬉しいです。

 

 

さて、そんな季節を感じるきっかけになれば…とUTキッズ香芝ではイベントを企画しております。来たる11月12日第2回香芝イベント、「ふるさと公園まで歩こう」を企画しております。

 

 

お子様と二上山の麓、ふるさと公園目指して歩いてみませんか?ご参加お待ちしております。

 

UTキッズ香芝 正井 仁美

UTキッズ田原本3年目 秋祭り

10月8日(日)UTキッズ田原本 毎年恒例の秋祭りイベントを開催しました。
 
的当て、たこせん、飲み物、お菓子すくいを出店し、お店屋さんを希望してくださった小学生以上の子ども達には実際にお店屋さんを体験してもらいました。
一人一人目標をもち慣れないお店屋さんになり頑張ってくれました。
 
たこせんコーナーではお友達と協力しながらどのようにしたらスムーズにたこせんを作りお客さんに渡せるかなど話し合いをして、仕事を分担したりする様子もみられました。
 
ソースや天かすの量を調整したり、たこせんが割れないようにそーっとお客さんに渡したり一つ一つの作業を丁寧に行っていました。
 

 
お菓子すくいではボールを渡し取れたお菓子を入れるように伝えたり、お玉とトングを使い2回すくってもらうように説明したり、お客さんがすくったお菓子を袋に入れたりしました。
慣れてくるとお菓子を袋に入れながら次のお客さんに声をかけたり、お菓子の補充も自分で考えて行っている様子がみられました。
 
飲み物コーナーでは「いらっしゃいませー」と大きな声でお客さんを呼び込みしてくれています。
来られたお客さんに注文を聞き取りこぼさないよう慎重になってジュースをコップに注いでいます。小さなお子さんに対しては、おぼんを使ってテーブルまで運び、届けた後の表情はホッと安堵な表情を浮かべていました。
 

 
的当てでは2人のお子さんにお店屋さんを担当してもらい、来たお客さんのチケットを預かりシールを貼る・ボールを渡す・景品を選んでもらう接客業と、倒れた的の数を計算し伝えた後元の位置に戻す裏方の仕事と、2つの役割を分担してもらいました。
 
最初は緊張して声も小さく表情も強ばっていましたが、慣れてくると大きな声で接客をしたり、小さい子供のお客さんが来た時には「ここから投げていいよ」など近い場所から投げるように誘導したり、お兄ちゃんお姉ちゃんとしての優しさも見られました!
 

 
お店屋さんになる子どもたちみんな初めはとっても緊張し、不安で表情もカチカチに…。
いつものかわいい笑顔はどこにいってしまったの…(・_・;)💦
 
でも大丈夫!!さすが子どもたち!!
 
すぐにお店屋さんに慣れていっぱいの笑顔と元気な声で「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」「また来てくださいね」と本領発揮(#^.^#)
お店屋さん本当に頑張ってくれました。長い時間お疲れさまでした。
 
そして、いつもUTキッズに通ってくれている子どもたちやご家族のみなさんがたくさんお客さんとして秋祭りに参加してくださいました。みなさんのおかげで大成功!!
 
今年もUTキッズ田原本の恒例イベント秋祭りを無事に終える事が出来ました。
ご協力して下さったみなさん、本当にありがとうございました。
 
また、より良いイベントを開催できるようアンケートにもご協力頂きありがとうございました。今後も楽しいイベントを企画していきますので、よろしくお願いします。
 
UTキッズ田原本 市丸

2017/10/10  お知らせ/ 講演会
体験型講演会追加募集のお知らせ

体験型講演会「気なる子の理解と対処」たくさんのご応募いただきありがとうございます!

 

若干名ではございますが空きがございますのでご興味のある方、是非この機会をお見逃しなく!

 

電話、ファックス、Eメールでのお申込み、お待ちしております!

 

 

2017/10/3  UTブログ/ イベント
ハッピー ハロウィン

今年も早いもので、もう10月ですね。

 

10月と言えばハロウィン。

最近では、日本でもクリスマスと同じような盛り上がりを見せてくれていますね。

 

ハロウィンの日は、カボチャを飾って仮装をして、子どもたちは「トリックオアトリート」と言ってお菓子をもらいに歩く、そんなイメージですが、本来はどんなお祭りなのかな?と疑問に思い少し調べてみました。

 

ハロウィンとは元々、ヨーロッパを期限とする民俗行事。キリスト教諸聖人の日の前夜祭祭り(All Hallows eve)が訛ってハロウィン(Halloween)と呼ばれるようになったそうで、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りです。

 

現在では本来持っていた宗教的な意味合いはほとんどなくなっているそうです。

 

 

 

 

キッズplusでも10月28日にハロウィンイベントを開催します。(定員に達しました)

 

飾り付けも終わり、スタッフも東京にあるT〇L、大阪にあるU〇Jに負けない楽しいイベントにしたいと企画中です。

当日の様子はまた次回ブログにあげさせてもらいますね。

 

UTキッズplus 小岩

「ニコニコ」という表現

 

「ニコニコ」という表現

 

私はこの表現がとても気に入っています。

 

発達障害をはじめ、「障害」と名のつくもに対して多くの場合、支援の目的が「軽減」「改善」「克服」、という表現を使うのをよく目にしますが、以前からこの表現は本質をついていない感覚があり、あまり使いたくありませんでした。

 

「障害」とは何か?というところを整理すると、この感覚を共有しやすいと思うので

『「障害」って何?』というのをまた別のエントリーで書きますね。

 

結論として私は、支援の目的は、「自分も周りも機嫌よく暮らす状態」と捉えています。

それを端的に言うと「ニコニコ」という言葉で表現できると感じています。

 

さぁ、今日もみんなの「ニコニコ」が増えるように頑張るぞ!

 

UTキッズplus 岩城 大