記事一覧

■2018年06月

ペアトレが知りたい!!

第2回 《ほめるところが見つからない…》

 

こんにちは。作業療法士の酒井です。

今回はお子さんを“ほめる”ことに関するお話をしたいと思います。

 

皆さん、お子さんの良いところはいくつかすぐに思い浮かびますか?

 

「悪いところは沢山見えるけど、良いところはどこだろう」

「ほめるところが分からない」

 

などという声がよく聞かれます。

 

どのような人でも、欠点の方が目につきやすいですよね。

でも、そんな欠点の中にもその人らしい良いところも必ずあるはずなんです。

 

いつも身近で観ている親では、なかなか気づかないことも多いと思います。

そんな時こそ、ペアトレで発見できることもあります。

 

『ほめ方・しかり方はしつけの基本』 

☆ほめる・叱るのは親の気持ちではなく

☆子どもがどう受け止めるかが大事 です。

 

そのためには、怒るという自分の感情を相手に一方的に向けて爆発させるのではなく、

叱るという相手の成長のためにリスクを超えて、相手に正直にネガティブなことを直言する、という違いに気づいてほしいと思います。

 

☆良いことは常にほめる、悪いことはいつも叱る

という首尾一貫が効果を高める原則です。

☆気まぐれはしつけをめちゃくちゃにします。

叱った後、かわいそうになって慰める、という情に負けることは逆効果になります。

 

そして しかるよりほめよ!!

 

親も生活に追われてついグチっぽくなり、子どもにあたります。

子どもを叱ると一時的に気は晴れるでしょうが、欠点を指摘された子どもは、欠点が強く印象付けられ、強く記憶に残ってしまいます。

強く残るのであれば、良いところの言葉・ほめる言葉をシャワーのように浴びせる方が、脳にも良いようです。

 

もし、感情に任せて叱ってしまった場合は、素直に謝る事が大事です。

 

親の心に余裕があれば、

子供と向き合うことが少し楽になるのでは?と私は考えます。

 

親はどうしても子供より先に話してしまったり、子どもの話を待ってあげることが出来ず、結果、子どもが自分の事を自分の言葉で説明して伝えるという自発的な行動を妨げてしまいがちです。

 

また、親の考えややり方を押し付けることも、子どもの自発的な行動の妨げとなり、

親に対し従順な子どもに仕向けているような状態になってしまいます

 

同時に、親の指示がなければ自分の行動も計画立てが出来ず、常に指示待ちの子どもになってしまいます。

 

そういった2次障害に繋がらないよう、子どもの特徴を理解し、どんな小さなことでもいいので、ほめる習慣を身に付けていきましょう。

 

たとえば、昨日はおもちゃが全く片づけられなかった子どもが、今日は「片づけてね」と1回話しただけで1つ片づけることが出来た、という場面があったとします。

これこそ、ほめるポイントです!!

 

こんなささいな変化で良いんです。

 

子どもは『叱られずにほめられた、気持ちいいな、次もほめられるようにしよう』

と感じ、思うはずです。

上手くいく日、上手くいかない日、いろいろありますが、その都度一喜一憂するのではなく、一貫した対応で子どもをほめ続けてみましょう。

小さな変化に気づき、親も子も今以上に余裕が生まれてくるのではないか、と私は考えます。

 

次回は、ほめる事にもつながりますが、子どもの行動を3つに分け、観察と記録のつけ方についてお伝えできればと考えています。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合

酒井 留美

〒636-0061   奈良県河合町大字山坊463-1

TEL:0745-49-0481  FAX:0745-49-0482

2018/6/23  ユーティー河合
菜園リハビリプログラム

4月末にご利用者と共に植えた種がこんなに成長しました!

野菜の成長は早いですよね。

そんな成長した野菜ですが、プランターに種を植えるまでは何の種か覚えていましたが、今は何の種を植えたか忘れてしまいました…

…確かオクラだったはず。

何を植えたかは実がなるまでのお楽しみ!

早くできないか待ち遠しいです!

 

リハビリデイサービスユーティー河合

山本(作業療法士)

やる気ってどこからやって来るの?

みなさんこんにちは、作業療法士の黒田です。

 

随分前だったと思いますが、何かのコマーシャルで「やる気スイッチ~♪」という言葉が流れていたのをご存知でしょうか、、、、、そんなスイッチがあれば便利だしわかりやすいのになぁと思っていました。

 

でもですね、そもそもやる気っていったいどこから来るものなのでしょうか?

 

私自身、普段から“やる気満々”で過ごせているわけではありません。

でも、何かの拍子に気持ちが前向きに、“何だか頑張れそうな気がする”とか“よしやるぞ!”的なモードに突入出来る時があります!

 

頑張る力が湧いてきます!!

 

ただ、この気持ち、持続させることが難しい!!!

 

だから、何かを続けていくことって本当に大変なことだと思っています。

みなさんは、いかがいでしょうか?

 

訪問リハビリでは、色々な方のお宅に訪問させていただいています。

体力向上、日常生活動作が上手く出来るようになる、楽しみの活動を行いながら過ごすこと、社会参加などお一人お一人目標は違いますが、目指すものに向かって頑張っておられます。

 

最近はこの、“頑張っていく気持ち”、“やる気”を起動させるスイッチを意識するようにしていますので、ほんの少しですが、キーワードを挙げました。

 

①    Body(身体を動かす) 自分が出来る方法で運動してみる、自主運動を続けてみる、など

②    Experience(いつもと違うことをする) 新しい作業をしてみる、外に出かけてみる、など

③    Reward(ごほうびを与える) 出来た達成感! 出来たことを周りの人が一緒に喜んでくれる、これが出来たら旅行の計画と立てる、など

 

細かなポイントや具体的なお話については、また機会があればご紹介させていただきたいと思います。

みなさまのやる気が、大きく大きく膨らんでいってくださることを期待しています!

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション
作業療法士 黒田

634-0062   奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-3353  FAX:0744-20-3354

ノルディックウォーキング

こんにちは。理学療法士の濱崎です。

 

皆さんはノルディックウォーキングをご存知でしょうか。

 

ノルディックウォーキングは2本のポールを使った歩行運動です。

元々はクロスカントリーの選手が夏の間の体力維持・強化トレーニングとして行っていたスキーウォークが発祥とされていますが、現在ではフィットネスエクササイズとして広まっています。

ノルディックウォーキングは2本のポールを使った歩行運動です。

元々はクロスカントリーの選手が夏の間の体力維持・強化トレーニングとして行っていたスキーウォークが発祥とされていますが、現在ではフィットネスエクササイズとして広まっています。

季節を問わず誰でも簡単に始められ、下半身だけでなく腕、上半身の筋肉などの全身を使う効果的な有酸素運動としてヨーロッパを中心に人気が高まっています。

 

 

 

 

日本では「北欧発の健康法」として介護予防や生活習慣病予防対策のコンテンツとしても注目されています。

 ポールがバランス維持をサポートし転びにくい歩行が出来る事からご高齢の方にもおすすめで、またオフィスワークの多い方の腰痛防止にも効果のあるエクササイズにもなります。

 一本杖のように身体が左右に湾曲することなく背筋が伸び、からだの重心軸が安定するため、歩行の不安定な方や膝や腰に痛みの出やすい方などに対し、リハビリテーションとして取り入れる事もあります。

 

日本全国で体験会や講習会などのイベントが開催されており、奈良県でも馬見丘陵公園や奈良公園などで定例会を行われているので、健康増進に意欲のある方、フィットネスに興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

出典:ノルディックウォーキングとは?

特定非営利活動法人 日本ノルディックウォーキング協会

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション 理学療法士 濱崎

療育紹介 plusにスヌーズレン登場‼!

あじさいが綺麗に色づき始める季節となりました。
まだまだ昼夜の気温差もあるので、体調管理に気を付けたいですね。

なんと! 5月からplusの1Fにスヌーズレン室が登場しました☺

 

 

 

 

『スヌーズレン』とは
スヌーズレンとは、オランダ語の「くんくん匂いをかぐ」と「ウトウトする」という2つの言葉を合わせた造語です。簡単に言うと「香り」、「光」、「音」、「感触」などを楽しみながらリラックスして過ごす活動のことです。
もともと重度の知的障害を持つ方々とのかかわりの理念として1970年代にオランダで生まれ発展してきたスヌーズレンですが、現在では様々な分野へ広がり、感覚に直接訴える刺激を通して共感性や自発性を促す取り組みとしても活用されています。

スヌーズレンの効果としては、「リラックス」「、「注視力の向上」、「コミュニケーション力の向上」、「不安の除去」、「信頼関係をつくる」などがあげられています。

Plusでは、個別療育の時間中に15分程度スヌーズレン室に行き、覚醒調整をしたり集団療育のメニューに取り入れたりしながら、それぞれのお子さんに合わせた「セラピー」としてのスヌーズレンを提供できればいいなとみんなで考えています。
毎回ではありませんが少しずつ活用できる機会をつくっていきます‼

 

★実際にスヌーズレン室を体験した友だちの様子をご紹介★
「・覚醒が低めお子さんで、初めてのスヌーズレン室に入ると良い表情で遊び始めました。光る絵カードに興味を持ち、集中してカード探しに取り組んでくれました。

・療育中に自分の思い通りにならないことがあり怒って気持ちの切り替えができずにいたので、クールーダウンのためスヌーズレン室に行きました。光るクレヨンで好きなお絵かきを始めると穏やかな表情になり気持ちの切り替えができました。

・集団療育メニューで2~3名ずつで入ってもらいました。初めて見るものに興味津々で色々触って体験してくれていました。

 

などなど♡

 

興味のある方はスタッフまでお声掛けくださいね☺

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus  岡本

〒634-0062   奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-2066  FAX:0744-20-3354

2018/6/19  UTブログ講演会
UTケアシステム特別企画研修会

平成30年度UTケアシステム特別企画研修会を513日に開催しました。外部講師として静岡県立こども病院より専門作業療法士の鴨下賢一先生をお招きし、「苦手ができるに変わる」というテーマで講演をしていただきました。UTケアシステムスタッフだけでなく、県内から作業療法士、言語聴覚士、理学療法士、保育士、教員、相談支援員、児童発達支援事業所の方が参加して下さいました。

 

 

 

 

鴨下先生の実技を交えたお話は非常に具体的でわかりやすく、支援者にとっては目からうろこでした。発達段階に沿った支援をしていくことが重要であることを再度確認でき、適切な課題の提供をしていく意義を教えていただきました。鴨下先生が開発された福祉用具や執筆された書籍も紹介いただき、参加者にとって有意義な研修となりました。

 

 

 

 

研修が終わってからも鴨下先生へ日ごろの支援についての悩み相談や記念撮影をするなど、研修時間が足りないくらい盛り上がりました。

講師の鴨下先生からは、「今日は時間が足りなかったからまた呼んでください」と、今後も継続して研修をしていただけることになりました。

 

今回の研修を通して、支援者としてやらなければいけないことが明確となり、私自身身の引き締まる思いでした。

今後もUTケアシステムでは、様々な講師を招いて研修を実施していきますので今後ともご期待ください。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ 福西知史

UTキッズ河合 UTクッキング(カップケーキ編)

UTキッズ河合では、第5週目のある月を利用してクッキングのイベントを行います。

 

平成30年度は計10回を予定です。

5月は29日と30日にカップケーキを作りました。
キッズ河合がオープンして初めてのイベントということで、スタッフもうまくできるか

ドキドキです。

身支度をすませ、作り方をみんなで聞きます。

 

 

 

ではクッキングスタート!
① 決まった分量を量る、②行程を守る などおいしく作る約束事が沢山あります。
慎重に、丁寧に、時にはダイナミックにと約束もしっかり守ってくれました。

 

 

 

 

1分半電子レンジでチンすると、甘いにおいと共にカップケーキが出来上がりました!
おいしくできあがったカップケーキにアイスクリームとフルーツをトッピングして、

みんなでいただきます!

 

 

 

クッキングの感想を聞きました。
「おいしかった」「またクッキングしたい」「おうちでも作ってみる」など嬉しい感想も

もらったので、次回のクッキングは「もっと楽しく」「もっとおいしく」をスタッフ目標にして「カルピスヨーグルトパフェ」企画しました。
イベントをするたびに感じますが、いつもの支援では見られない姿が見られることもある

のでイベントが大好きです。
次回は6月29日です。子どもたちの新たな発見を楽しみにご参加お待ちしています!

 

UTキッズ河合 南

 

2018/6/11  UTブログ
嬉しい事がありました☺

 最近天気がころころ変わり、蒸し暑かったり肌寒かったりの気候で体調管理が難しい日が続きましたが、みなさんお変わりないですか?

 

私は、長袖を着たり半袖を着たり、毛布を出したりなおしたりしながら過ごしていました()

 

久しぶりに晴れて気持ちいい天気になった時にウキウキした気分になった私は、朝から近所に散歩に出かけました。

 

家の近所は田んぼや畑が多く、蝶々が飛んでいたり、てんとう虫が歩いていたりとのどかな所で、その中をトコトコと歩きながら、ふっと空を見ると飛行機雲が3本走っていて、より一層爽快な気分になりました。

 

しばらく歩いているとシロツメ草が生えている場所を見つけました。

 

小さい頃にシロツメ草で首飾りを作ってたな~と思い出し、それと同時に四葉のクローバーも思い浮かび、近くまで行って見ていると、どんどん夢中になって四葉のクローバーを探し始めました。

 

しゃがみ込んで探していると、それらしい物があり、「んんっ!」と顔を近付けていくと…ありました!

 

四葉のクローバーを〇十年ぶりに見つけました!

 

そして目線を違う所に変えた時、続けてもう一つ見つけました!ヤッター!と、嬉しくなり、ブログにアップさせて頂きました(^^)/

 



 

 戸外に出ると、風や音、景色等たくさんの自然を様々な感覚で感じる事ができます。

 

お天気の良い日に散歩に出かけてみるのはいかがですか(^^)

 

おもしろい発見や楽しい出来事があるかもしれないです(^^)/

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝  阪谷 紗世子

春バテに注意!

なさん、こんにちは。看護師の齋藤です(^^)

気温の変化が大きい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

わたしが訪問させていただいている利用者様や、

そのご家族から「気温の差に体ついていかないわー」とよく言われます。

その時わたしは、『春バテに気を付けてくださいね!』とお声掛けしています。

1度は聞いたことがあると思いますが、

 

寒暖の差と春特有の環境の変化によるストレスや自律神経の乱れが原因で

「だるい」「やる気が出ない」「イライラする」「頭痛」などの不調が現れることを

『春バテ』という言葉が使われるようになりましたね。

 

 

・春バテの症状 

イライラ        気分の落ち込み   日中の眠気

体がだるい・倦怠感   手足の冷え     不眠   頭痛

肌荒れ   めまい   ほてり     など・・・

 

 

・原因 

身体は寒暖差に対応しようと、交感神経が優位になり、

たくさんの体力が消耗されることで疲れを感じやすくなります。

洋服も薄着になる機会が増えることで、身体が冷えやすくなり

血のめぐりも悪くなります。その上、春は新生活がスタートする季節!

 

自分でも知らず知らずのうちに緊張感が続き、ストレスが溜まっていることも。。。

このように自律神経が乱れてしまうことで様々な不調を感じ、抵抗力も落ちて、

風邪をひきやすい状態になって、この時期に風邪を引きやすいんですねー。

 

 

・春バテの予防と対策

 

➀身体を温める

冷えを感じたらすぐに身体を温めることが大事です。

重ね着をする、温かい飲み物を摂取する、ぬるめのお風呂にゆっくりつかるなど。

 

②規則正しい生活習慣

バランスよく規則正しい食事、良質な睡眠、適度な運動、適度なストレス発散など。

身体を冷やさず、正しい生活習慣で自律神経の整えるのに繋がります。

春の気温に加えて近頃の大きな寒暖差と、新生活という環境によって

心も身体も疲れが出やすい時期。疲れた時は無理せず、

ゆっくり休む時間をつくって下さいね。

 

子育て中のママさんや、お仕事で疲れて帰ってくるパパさん、

なかなか時間がないでしょうが、ご自愛なさってくださいね~。

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション

看護師 齋藤 三都美

 

 

「つるつるの話」

私こと岩城は髪の毛がありません。

なぜかは別に隠すほどの理由もないのですが、少し長くなるので割愛します。

(気になる人は気軽に聞いてくださいね)

 

私は結構この髪型(?)を気に入っています

いいことは

・顔をすぐ覚えてもらえる

・興味をもって近づいてくれる

・頭洗うのが楽ちん(!?)

 

ちなみに悪いことは

・悪い人に見られる

・ちらちら遠慮がちにみられる

・「あの人髪の毛ないね」と子供が言うと

「こら!」と大人が怒る(私のせいで怒られてごめんね…て思います)

 

いいのか悪いのか

・つるつるに頬すりしてくる人がいる(苦笑)

 

私はこの自分の頭を親しみを込めて「つるつる」「つるぴか」などと言います。

 

子どもによく「なんで髪の毛ないの?」

「なんで顔ないの?(顔はあるよ…)」

「なんでハゲてるの?」とか言われることもあります。

周りの大人はドキッとしている様子ですが、

私自身は全く気になりません。

子どもは奇知のものにすごく敏感で、強い興味を持ちます。

そこに善悪はありません。

はじめは「つるつる」に注目していますが、

遊び始めると「一緒に遊ぶと楽しい人だな」という具合に、

「つるつる」はあくまで、私の個性の一部として認識されます。

ある意味、子供がもっとも多様性に対しての理解があります。

なので「ハゲ」という言葉を言われても気にならないです。

単純に髪の毛がないことを表す語彙が「ハゲ」しかないのだろうと思うくらいです。

 

ただ、文脈や表情で、気を使われている、馬鹿にされているかが伝わります。

気を使われるのは居心地が悪いですが、優しさだなと理解できます。

しかし馬鹿にされるのはやはり気分の良いものではないですね。

それは誰もがではないでしょうか?

 

それはすべての個性に言えることだと思います。

こだわりが強い、落ち着きがない、集団行動が苦手…

個性は、いいこと、悪いことはありますが、

それによって人に馬鹿にされる謂れはないはずですよね。

しかし、大人になるにつれ、「普通」じゃないと「変だ」と悪いこと、

馬鹿にされることのように扱われます。なので「普通」じゃないと不安になります。

私も当初は周りと違うことにとても悩みましたが、

今や大事なアイデンティティーの一つです。

 

私たちも、幼かった時のように多様性を認められるひとでありたい。

また育てる子供に対しても、大人になっても多様性を認められる人に育つよう助けていきたいですね。

 

 

 

UTキッズ三田  岩城

 

 

« 前のページへ