「靴選び」

子どもに靴を買うとき「来年も履けるように少し大きめのものにしようかな」と靴を選んだりしていませんか?

確かに子どもの足はすぐに大きくなり、1年に何足も買いなおすのは…と躊躇してしまいがちですが、

足が安定していることが上手く歩ける、走れるようになるための近道なのです。

 

そこで子どもの靴の選び方のポイント5つを紹介します。

①甲の高さが調整できること

足の高さに合わせて甲の高さが調整でき、

マジックテープなどでしっかり固定できること。

②かかと部分をしっかり支えられること

足が靴の中で動かないように固定することで、安定した歩行ができます。

③つま先は足の動きを妨げないような余裕があり、少し反りあがっていること

指を自由に動かせる余裕があること。反りがないと蹴り出しにくく、

躓きやすくなります。

④適度に弾力のある靴底であること

地面から衝撃を和らげ、足を守ります。厚すぎる靴底は良くありません。

⑤足が曲がる位置で靴も曲がること

 

サイズが大きいと曲がる位置がずれてしまいます。

また、厚すぎたり硬すぎて曲がりにくいものはよくありません。

 

乳幼児期は足の骨や機能が発達していく大切な時期です。

靴を選ぶときには、子どもの足にサイズがあっていることが大切です。

サイズが合っていないと優れた性能を持つ靴でもその靴を発揮することができません。

1度参考にしてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

UTキッズ田原本 村田

 

 

 

 

記事一覧へ