記事一覧

■UTブログ

奈良市在宅医療・介護連携支援センター開設記念研修会に行ってきました

連続投稿になります。ユーティー訪問看護ステーションの作業療法士の安井です。

 

今年4月より、奈良市医師会より「奈良市在宅医療・介護連携支援センター」が開設されました。

そこで、7月25日に「開設記念研修会」が奈良市医師会館1階ホールで開催されました。

奈良市長、奈良市医師会長の開会挨拶の後、「地域包括ケアシステムにおける自立支援型サービスの視点」として講師を仰せつかりました。

当日は、約260名!の多職種方々が参加され、会場が満員となったため、急遽、別会場でのライブ中継も追加されました。

連日の猛暑のなかで、これだけ多くの方々が参加されることからも医療・介護連携への関心の高さと重要性、多職種間での必要性を感じました。

私の受け持ち時間は40分で、その中に地域包括ケアシステムの変遷、昨年成立した「地域包括ケア強化法案」など政策の変化による影響と、強化法案で求められている「自立支援」などをお話させて頂きました。

結果、詰め込んだ形になってしまい、聞き辛かった方も居られるかと思います。

申し訳ありません。

 

さて、奈良市在宅医療・介護連携支援センターでは、

①在宅医療・介護連携に関する相談支援

②医療・介護関係者の情報共有の支援

③地域の医療資源の把握

④その他地域包括ケアシステムに関わる事業(奈良市医師会HPより引用)

を積極的に実施されるそうです。

 

是非、「日本一安心して暮らしやすい奈良市」になりますように!

 

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション
作業療法士 安井
〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152
TEL:0744-20-3353  FAX:0744-20-3354

2018/8/16  UTキッズ/ UTブログ
夏の楽しみ

暑い日が続いていますがいかがお過ごしですか?UTキッズ香芝 正井です。

夏休みに入り、子どもたちは夏ならではの遊びを楽しんでいる事と思います。

プールにキャンプ、旅行に虫取り、それぞれの夏の楽しみがあるかと思いますが…

私の夏の楽しみと言えば長男との早朝ランニングです。

朝の弱い長男を叩き起こし6時から20分程度ですが一緒に走ります。

特にたくさん会話を交わすわけではありませんが2人で過ごす貴重な時間です。

野球を初めて丸7年。彼の身体作りのため、一緒に走っています。

身体も大きくなり今では私と同じ身長になりました。この夏きっと私を追い抜いてしまうでしょう。

泣き虫で甘えん坊だった長男とこうしてランニングできるのも後少しかと思います。

こんな時間を大切にしていきたいと思います。

皆さんも子どもたちと今しかできない事、この夏取り組んでみてくださいね。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝

正井

〒636-0236 奈良県香芝市磯壁6丁目462-14
TEL:0745-71-3400  FAX:0745-71-3401

ペアトレが知りたい!!

第4回 《肯定的注目とは?》

こんにちは。作業療法士の酒井です。

前回は、ほめるため、子どもの行動を観察して記録することをお話ししましたが、今回はその行動を望ましい行動にして増やしていくことのポイントをお話ししたいと思います。

 

「望ましい行動が増えて欲しい」
誰もが思い、さまざまな工夫で取り組んでいると思います。

 

そこに、子どもの行動を肯定的に注目してみることも付け加えてみませんか?

 

~肯定的な注目と否定的な注目って?~

 

たとえば、お母さんが「おもちゃを片づけなさい」と子どもに刺激を入れたとします。
その刺激が入った子どもは “片づける”という行動を起こします。
その結果、お母さんは子どもをほめます。

ほめられると子どもは嬉しいので、同じ行動をまたします。

これが繰り返されることで、その行動は強化され、望ましい行動につながります。

反対に、(否定的な注目として)目につきやすい、悪い行動ばかり注目し、叱責していると
場に合わない、不適切な行動の対応が習慣化してしまいます。

しかし、時にはこの否定的な注目も、ないよりはましな場合もあります。

たとえば、お母さんとお父さんが話をしているところに、割って入りこみ、自分の話ばかりしてしまう、という行動が見られたとします。

親は子どもを叱ります。

この叱った行動が、子どもは、
「邪魔をしてはいけないのかな」 と感じ取れるまで、邪魔な行動を繰り返してしまうかもしれません。

また、スーパーに買い物に行ったとします。
買い物に行く前にお菓子は買わないと約束をしていたとします。
しかし子どもはお菓子売り場で「買って!」と駄々をこね始めます。
親は子どもを叱りますが、この否定的な行動も、親が叱る事で子どもは
「約束は守らないといけないな」「我慢しないといけないな」「我慢したらほめられるかな」と感じ取れるまで、この行動は繰り返されるかもしれません。

叱ってしまう、否定的な注目の行動ではありますが、
何が良くて、何が悪いのか、学ぶには必要な注目ではないでしょうか。

否定的な行動が我慢できた時は、すかさずほめましょう。
ほめられることで子どもは、適した行動や考えを感じ、学ぶと思います。

肯定的注目のポイントは

☆その場ですぐ
☆子どもが注目したことを認識してからほめる
☆具体的な行動を言語化してほめる
☆笑顔でほめる
☆行動を開始した時にほめる・ねぎらう・感謝する

と考え、ポイントを押さえたうえでどのようにほめるか考えてみると

✤子どもがやらなかったことでなく、
できたことに目を向けて、
少しでも成功したことに気づいてほめる

ことが良いと考えます。

 

また、ほめる言葉は
まず☆行いをほめます
☆ほめるタイミングも気を付けます
☆ほめる時は子どもと視線を合わせます
☆ほめる言葉は、短く、明瞭で、肯定的な言葉で
☆効果的にほめるためには、皮肉を避けましょう

 

ここまでほめることを考えていくと、
普段から子どもと向き合っている、子どもと良い付き合い方ができている、
という事が大切なポイントとなってくると思います。

しかし、良い面もあれば、悪い面も出てきます。

*上手くやれたと感じるために、他の子を犠牲にしてはいけない。

*「いい子」という言い方は、全体を評価する言い方なので、具体的な行動だけをいいましょう。

*兄弟姉妹と比較することは、競争心を強めてしまい、敵意を抱かせてしまいます。

こういった悪いほめ方もあるという事も今後の参考になれば、と思います。

ペアトレでは、ほめることがいかに大切か、少しでも理解してもらえたら嬉しいです。

次回は、望ましい行動を増やすためのトークンシステムについてお話しできればと思います。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合
酒井 留美
〒636-0061 奈良県河合町大字山坊463-1
TEL:0745-58-2099  FAX:0745-49-0482

あべのハルカス外出リハビリ

先日、ご利用者の外出リハビリ(社会参加企画)としてあべのハルカスに行ってまいりました。

訓練内容のポイントは

①生活機能訓練の段階的な目標達成として、公共の交通機関を利用して目的地に行くことができる。

②閉じこもりになりがちな日常生活から、他者と一緒に外出することで新しい刺激を受け、かつ自宅に無事帰ることで外出の達成感と自信をつけていただく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅の感想

ご利用者の皆さんは久々の遠出に、若干の不安と大きな期待を持って外出リハビリに参加されていました。

道中事故や体調不良なく無事にハルカス観光を達成してご帰宅されました。

公共の交通機関の利用ではJR駅職員の方々が大変親切にしてくださり、スムーズに移動することができました。

 

「気持ちが動けば身体が動く」

 

普段の膝や腰の痛みも「楽しみ」があれば気にならないと、皆さんそれぞれの目的を達成されて旅の自信をつけられたご様子です。

帰りの電車では「次はどこへ行こうか」、「もう少し歩けるようになりたいわ」と意欲の向上がみられました。

 

最後に

ご協力いただいたご家族さま、ケアマネージャーさま、JR職員の皆様、ハルカス従業員の皆様、

そして電車内で座席を変わっていただいた学生さま。

皆様に感謝して、また次につなげていきたいと思います。

 

介護士 山田

「熱中症に注意‼」

夏真っ盛り‼
異常な暑さが続く今日この頃…。
夏休みは海にレジャー、お墓参りなど炎天下の中、出掛ける機会が増えますが水分補給をして熱中症にかからないよう十分に注意しましょう(^▽^)

 

熱中症・熱射病・日射病の違いについて調べてみました。
「熱中症」は、「気温・湿度の高い環境によって引き起こされる体調不良」で、「熱中症」の最重症型が「熱射病」です。
また、太陽光が熱源となって、脱水などを引き起こし、相対的に循環血液量が減少しておこる 、いわゆる「立ちくらみ」を「日射病(熱失神)」というそうです。
「熱中症」には、「熱失神」「日射病」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」といった病態が存在します。各、病態の症状についてご紹介します。

 

熱失神
皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳への血流が悪くなることにより起こります。

特徴
• めまい
• 一時的な失神
• 顔面蒼白
• 脈は速くて弱くなる

 

 

熱けいれん
大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

特徴
• 筋肉痛
• 手足がつる
• 筋肉がけいれんする

 

 

熱疲労
大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。

特徴
• 全身倦怠感
• 悪心・嘔吐
• 頭痛
• 集中力や判断力の低下

 

 

熱射病
体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。

特徴
• 体温が高い
• 意識障害
• 呼びかけや刺激への反応がにぶい
• 言動が不自然
• ふらつく

 

 

熱中症が起きやすい気温と湿度
熱中症の発生する気象要素は「気温」です。夏期の湿度が高い日本では、気温だけでなく「湿度」も熱中症の増加に大きく関係します。
梅雨明け前後7月中旬から8月上旬にかけてピークを迎え、発症する時間帯は12時または、15時前後の日中が最も多いとされています。また、暑くなる前は、真夏よりも低い温度で熱中症が発生するのでご注意!
熱中症は夏場に限らず、どのシーズンでも起こる可能性があります。体力のない高齢者・子供たち、体温のコントロール機能が十分でない人、あるいは潜在的に脱水のあるような人では特に注意が必要です。
熱中症の予防の飲水には同時に塩分も補給することが大切です。
スポーツドリンクのこまめな水分補給でも問題ありませんが、経口補水液なら、なおよし。梅昆布茶や味噌汁なども、ミネラル・塩分が豊富に含まれており熱中症の予防に有効といえます。

 

万が一熱中症にかかったと思われる際は、涼しい場所で横になり衣類、ベルトなどを緩め、首、わきの下、鼠径部の太い血管があるところを冷やし安静にしましょう。
嘔吐などがみられる際は、吐しゃ物が詰まらないよう横向きに寝かせ気道確保の態勢をとり(救急車を呼ぶなど)病院を受診しましょう。

 

夏休みの期間中、交通事故や熱中症に十分注意し

楽しい夏の思い出を沢山作って下さい。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus
芳本
〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152
TEL:0744-20-2066  FAX:0744-20-3354

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝 びわこテラスに行って来ました!

先日、少しずつ梅雨に近づき雨の日が続く中晴れ間をねらいびわこテラスに行って来ました。着いたらまずはロープウェイに乗り一気に上まで上がります。4分程で到着しますが,晴天で雲一つなくきれいな琵琶湖を一望する事が出来ました。

 

(参考写真)

 

更にリフトで上に上がると,パラグライダーで気持ちよさそうに空を飛ぶ様子が間近で見る事が出来たり,スキー場なので斜面を上手く使って小さなお子さんから大人まで楽しめそうな遊具がたくさんありました。リフトは2人用と4人用があり,私は少し怖かったです(汗)

有料ですがスカイウォーカー(高所アスレチック)は,ほとんどが高い位置に設置されていて見ていてスリル満点でした。その他,そり遊びコーナー・マウンテンバイクのコース・手作り遊具のコーナー(輪投げ・コロコロバッティング・バスケットボール等)もありました。
お弁当を持っていきシートを広げてみんなでランチをしたり,遊具で思い切り遊ぶには最適だなあと思いながら・・・帰りもロープウェイに乗り下山しました。降りる時は3回スリルのある降り方を楽しむ事が出来ますよ~!!お楽しみに!
駐車場もたくさんあり,ロープウェイの乗降口までの送迎バスが出ているので一日遊んでヘトヘトでも駐車場までたくさん歩かなくて良いです!!
これから始まる長い長い(親にとっては・・・)夏休みの日帰りピクニックにどうでしょう?!

 

(参考写真)

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝
塚田
〒636-0236 奈良県香芝市磯壁6丁目462-14
TEL:0745-71-3400  FAX:0745-71-3401

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝 今日のご飯

毎日暑い日が続きますね。今年は7月としては異例の熱さになり体調を崩される人も増えています。環境省のホームページなども参考にしながら熱中症への注意を行っていきましょう。
食欲も減少しがちな夏、今回は最近作った料理について書いていきたいと思います。
私の兄弟が最近K‐POPにはまっており、よくLINEで韓国のことについて話をしてくれます。ある日買い物に行った時に「トッポギ」という棒みたいなものを発見し、「そういえば妹が韓国料理で紹介していたなぁ」と思い買って作ってみました。
トッポギとは、「餅の炒め物」という意味だそうです。カレトックという餅を使用したもので、うるち米を使用したもので、熱してもドロドロに溶けないことが特徴として挙げられるそうです。

材料
トッポギ、トッポギのたれ、牛肉、さつまあげ
※野菜がないなと感じた為、家に合った野菜もプラスしました。
作り方
① 野菜、肉、さつま揚げを食べやすい大きさに切る。
② スープの分量を量って鍋に入れる
③ 具材を鍋に入れる
④ 火をつけて煮込む。その際、焦げ付かない様混ぜる。
⑤ 皿に入れる
⑥ 完成
で作りました。
味は少し辛かったですが、トッポギがもちもちしていておいしかったです。
今回トッポギではこれだけの工程で作ることが可能でしたが、ハンバーグになると「こねる」や、ポテトサラダだと「潰す」等、その料理ごとに様々な動きが必要となり、手の込んだものになればなるほど複雑になってきます。焼きながら切る等 二つのことを同時に行ったり、誰かと一緒に作ったり作ったものを食べてもらう過程を通してコミュニケーションを図れたり、料理の方法や段取りを考えることやアレンジを加えることが創造・発想力に繋げることができます。
また、人間の三大欲求の1つである「食欲」を満たしてくれて、複雑な工程で、他者と共有しながら作ったものほど出来た時に達成感を得ることができ、心理面に良い効果を与えてくれる、そのような面白い家事の1つだと私は思います。
私は普段忙しい日も多く、簡単なものしかなかなか作れないですが、休日時間ができたら難しい料理に挑戦してみてもいいな、と感じました。

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝
酒井
〒636-0236 奈良県香芝市磯壁6丁目462-14
TEL:0745-71-3400  FAX:0745-71-3401

為せば成る 為さねば成らぬ

こんにちは。理学療法士の李(リ)です。

数ある事業所のホームページからUTケアシステムのホームページをご覧頂き、その中からさらにこのブログまでお読み頂きありがとうございます。

 

僕はセラピストになってからは医学書や治療技術系の本以外はあまり読んでこなかったんですが、ここ2~3年は心理学や自己啓発系の本なんかも意識的読むようになってきました。

去年?(記憶が曖昧…)ドラマのタイトルにもなった「嫌われる勇気」も読んでみたりもしました。

最近読んだ本の中でも非常に印象に残っているのがホリエモンもとい堀江貴文さんの「多動力」です。

この本を読んでいてドキッ!!とした部分がありました。

 

「世間には才能という言葉を使って現実逃避している人が多すぎる」

 

もう少し詳しく言えば、

「才能という言葉は一生懸命取り組んで最後までやり切った人間のみが使って良い言葉である。

スポーツにせよ仕事にせよ趣味にせよ、そこに全力で取り組んだ人間にこそ才能の有無を語る資格が生まれるのだ。

才能がないからと決めつけて自己完結し、トライすることもせずに諦めている人が多すぎる。」

といったことが書いてあったんです。

 

(うわ!これ、俺やん)

(やったこともないのに聞いた話、見た事だけて勝手にケリ付けてることあるある!)

この本読んだときにこう感じたんです…。

それと同時に頭でっかちにならずに、まず行動がありきでないと語る資格すら無いんやな、とも感じました。

 

つい先日の話ですが、担当の利用者様とお話していると、

「行きたいところはたくさんあるけど、行く勇気がない。

行っても辛い思いするの分かってるから中々行動に起こす気力がないんです。」

と仰る方がおられたんです。

その方は軽度の片麻痺の後遺症をお持ちではありましたが、独歩も可能で自立した生活を送られている方でした。

担当の僕から見れば十分どこへでも行ける能力をお持ちの方です。

それでもネガティブなイメージが自分自身の行動を抑制してしまっていたのです。

この時ふと「才能を理由に諦めている」といったフレーズが頭を過りました。

 

改めて思うことは、若かろうが、高齢者であろうが、男性であろうが、女性であろうが、健常者であろうが、障害者であろうが、「行動を抑制する適正な理由」なんて物はいくらでも作れてしまうんだ、という事です。

何事においてもトライもせずに諦めてしまうことは本当に勿体ないと思います。

 

やりたい!行きたい!見たい! 欲求があればそれはもう行動を起こすチャンスです。

行動の理由になりうるんです。

まさに「為せば成る 為さねばならぬ」なんです。

訪問リハを提供する立場の人間として、利用者様の思い描くことの全てを叶えていけるような関りをしていきたい!そう感じております。

 

 

ユーティー訪問看護ステーション

理学療法士 李

634-0062   奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-3353  FAX:0744-20-3354

ユーティー訪問看護スタッフ交流会

皆さん、こんにちは。

訪問看護ステーションの言語聴覚士の上野です。

毎日毎日、暑い熱い暑いですねぇ。

訪問業務では1時間ごとに車で移動するんですが、車内の暑さが今年は異常です。

熱中症にならないようにこまめに水分摂取を心掛けています。

 

 

さてさて。

ユーティーの訪問は直行直帰が基本です。業務連絡も電話かメール。

家事や育児がある者にとっては直行直帰はとても有難いんですが、

スタッフと会って話をする機会が少ないんですよねぇ…。

なので、日頃顔を合わせないスタッフ、パートのスタッフさんにも声掛けて集まることに。

せっかくなので美味しいもの食べよう~💛と、なんと福寿館に行ってきました!(^^)!

 

女子が集まると、ホントおしゃべりが止まりません!

ひたすらしゃべってしゃべって笑って笑って美味しいものを食べて食べて

楽しかった~!!

 

 

 

 

 

 

次の週は、西和エリアで集合。

新しく入職されたST吉田さんの歓迎会を開きました。

幹事はPT濱崎さん!

 

 

 

 

暑い夏こそビールが旨いっ!

 

 

 

 

 

 

お肉の盛り合わせがビールに合うっ!

 

 

 

 

 

 

楽しい時間はあっという間です。

スタッフ同士の絆も深まり、仕事への活力も充電された交流会でした。

 

 

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション
言語聴覚士 上野
〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152
TEL:0744-20-3353  FAX:0744-20-3354

「奈良市地域包括支援センター研修会 講師に行ってきました」

こんにちは。ユーティー訪問看護ステーションの作業療法士安井敦史です。

 

地域包括ケアや介護保険における「自立支援」が最近特に注目が集まっており、奈良県内の市町村から「地域包括ケア」、「自立支援」についての講師依頼が増えてきています。

 

7月20日には、奈良市の地域包括支援センターの職員向け研修会が奈良市役所にて開催されました。今回は、6月22日に開かれた第1弾「地域包括ケアシステムにおける自立支援型サービスの視点」に続き「生活機能のアセスメント」として「工程分析」を中心にお話させて頂きました。

 

国が2025年に向けて提唱する「自立支援」には、「できること」、「大変だけど何とかできること」、「手伝ってもらいながらできること」、「本当はしてみたいけれど、できないこと」を詳細にアセスメントすることが重要です。お風呂に入れないから「デイサービス」、調理や掃除ができないから「ヘルパーさん」といった「お世話型の視点」では、ご本人の能力を低下させてしまう可能性があります。「できる事は続けてできるように」、「さらにできる事はないか?」、「手伝ってもらいながらでも一部は自分でできないか?」といった視点で、利用者自身が選べる選択肢を示しながら「合意形成」を行い、「自立」をすすめていく視点がもとめられています。

 

これからも奈良県内各地に、正しい「自立支援」の考えが浸透し、県民が地域でより良い生活を続けられる環境が整うために活動していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション 作業療法士 安井敦史

 

 

 

« 前のページへ