記事一覧

■介護予防・日常生活支援総合事業

総合事業には積極的に参画しています!

 

県内でも、「新しい日常生活支援総合事業」が始まりました!UTでは関連する事業について積極的に取り組んでいます。

県内には、39の市町村がありますが、現在8つの市町村と協業しています。

主な事業では、自立支援型地域ケア会議、住民主体の通いの場、短期集中通所C型サービス、介護予防検討会議、各自立支援に関する研修会講師を受託しています。

県や市町村でも、ご紹介した事業についてはじめての取組となっていますので、UTスタッフと親密な意見交換を行いながら「より良いサービス創り」の視点で試行錯誤しています。

今後は、「自立を支援する有効な手法」を確立すること、県民の皆さまにも「自立」を通した「健康寿命日本一」へのお手伝いを日々続けていきたいと考えています!