記事一覧

■新店舗情報

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 「オープンから3ヵ月😊」

夏休みも終わりに近づいてきて、いい色に日焼けしたお友だち、楽しかった思い出を指導員に笑顔いっぱいで話してくれるお友だちが沢山 (^^♪

子ども達の笑顔に元気を一杯もらっています。

 

朝・夕と涼しくなり、新学期が始まったり、行事があったりと何かと忙しくなる季節です。子ども達一人ひとりの状況をしっかりと把握しながら、無理のないよう療育をしていきたいと思います。

 

 

オープンして3ヵ月が経ち、お友だちも増えてきている中、子どもたちの経験の一つになればと、事業所内で10月にハロウィンイベント🎃を開催する事になりました。 いつもとは違った雰囲気の中楽しい時間を一緒に共有できればと考えています。

 

 

 

詳細は決まり次第お知らせします😊

お楽しみにぃ~‼

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 大村

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 スタッフ紹介


えつこ先生
マイブーム:韓国ドラマ

抱負:”歳は言っているけれど(笑)子だちに負けないくらい元気いっぱい頑張りまーす☆”

 

めぐ先生
マイブーム:プチな遠出☆
抱負:子どもの笑顔がたくさん見れて、「また、来たい☆楽しい」の場所になるよう頑張ります(^^♪

 

ゆい先生
マイブーム:ゆっくりお酒を飲みながら、漫画を読むこと
抱負:産前の体重に戻れるように、ダイエットをします!

 

りゅうた先生
マイブーム:読書
抱負:体を壊さずに過ごすこと

 

まどか先生
マイブーム:子供が寝た後にするゾンビのゲーム
抱負:娘とたくさん山に登りたい!

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 夏🌞本番!

ジメジメとした梅雨が明けたと思ったら、一気に夏本番…毎日暑い日が続いていますが、体調など崩されていませんか??

夏休みが始まり、朝からお友だちがたくさん来てくれて、元気な声が響き渡る療育室です

これからも元気に夏を過ごすために【夏バテ】を日頃から予防しましょう

予防するコツをいくつか紹介します☆

 

1.火を使った料理を食べる

冷房で思った以上に身体は冷えています。煮物・味噌汁などの火をじっくりと通した温かい料理も食べるようにしましょう。

 

2.食事の品数を増やす☆

夏は食欲が低下し、のど越しのいい麺類を選びがちになり、果物やアイスをよく口にしてしまいますが、暑さで消費されるビタミンがさらに不足し、疲れが酷くなってしまう事も…野菜をしっかりとって、栄養バランスの取れた食事をしましょう

 

 

3.水分を控えるのはNG☆

熱くてなるべく汗をかきたくないと、水分を控えがちになる事も…しかし、これは脱水症のリスクを上げてしまいキケンです。水分はなるべく多めに取るようにしましょう

 

 

4.冷房はほどほどに☆

冷房の温度は高めに設定しましょう。難しい時は、身体が冷えないように衣服で調節しましょう。夜は上手にタイマーを設定し、身体を冷やしすぎないようにして寝るようにしましょう

 

 

5.汗をかく☆

普段から汗をかかないと、いざ暑い場所で汗をかこうという時は、上手に汗をかけず、熱中症などを起してしまう事も…適度な運動などで汗をかきましょう。日が沈んだ頃に散歩する事もおすすめです

 

 

6.お風呂に入る☆

夏は、冷房で体がひえています。シャワーだけでなく、お風呂にしっかりつかりましょう。ぬるめのお湯で、20分程度がいいと言われています。

お風呂上りは、水分補給もわすれずに

 

 

 

毎日の生活の中で、少し気を付ける事で夏バテは予防できると思うので、まず自分が実践してみようと思います

子ども達一人ひとりが楽しく夏をすごせますように☆

 

 

 

リハビリ発達支援ルーム大和高田  大村

リハビリ支援発達ルームUTキッズ大和高田 地震の避難訓練を実施しました

みなさんこんにちは!
梅雨入りし、じめじめとした天気が続いていますが、プール開きが始まった園や学校も多いのではないでしょうか。リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田に来てくれているお友達も、プール遊びで黒く日焼けし始めた肌を見せてくれています!貴重な晴れ間は外で元気いっぱい遊びたいですね(^^)

 

 

先日、
リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田では開設して初めての避難訓練を実施しました。
地震を想定し、避難の順序や避難経路、危険な場所などを職員みんなで一つ一つ確認しながら行いました。

地震が起きたとき、安全に速やかに避難できるよう職員はそれぞれの担当を担っています。
「地震です!」掛け声で安全な遊具や机の下に隠れるよう促す職員。

 

出口を確保し、外の安全を確認する職員。

 

 

利用者さん、職員の点呼を行う職員。

 

 

火元の点検、防災グッズを持ってすみやかに避難誘導をする職員。

 

 

避難後も人数確認を行います。

 

 

(療育中だったら…)(こっちの出入り口が塞がれてしまったら…)様々な想定をしながら安全に避難できる方法を考えました。災害は訪れないのが一番ですが、万が一に備えてイメージしておくことで、慌てず落ち着いて避難することができます。
リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田では、定期的に避難訓練を行っていく予定です。今回の内容を振り返り、次回の訓練に活かしていきたいと思います。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 齊藤

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 「ドキドキ、ハラハラ」新しいルーム⁉

こんにちは、まだ6月というのに日中は真夏のような暑さ夜間は肌寒い日が続いています
が体調など崩されていませんか?
これから梅雨の時期にも入っていく為洗濯ものが乾かない、湿気が多く体中がベタベタ憂鬱な気分になりがちですが汗拭きシートやシャワーを浴びるなど工夫をこらしながら、乗り切りましょう。

さて、6月1日のopenからあっという間に10日が経ちました。
新しい環境や指導員に子どもたちも緊張気味。初めてのお部屋に「おっかなびっくりの子」「全然気にせずに遊べる子」また、子どもたちの様子を観察し好きな遊びの提供する職員たちヾ(≧▽≦)ノ療育が終わるころには子供たちも笑顔いっぱい(*^_^*)
楽しくて終われないこともしばしば見られます。

保護者様に置かれましてはお子様が楽しく遊べるかケガはしないかと不安もいっぱいではないかと思いますが職員一同保護者の方としっかり情報交換しながらより良い個別療育と子供たちの成長が見られるように頑張っていきたいと思います。
ここで、職員紹介をさせていただきます。

 

 

職員紹介

管理責任者・児童発達責任者

芳本 悦子(えつこ先生)

 

 

コメント

明るく、楽しい療育ルームに できるよう頑張ります。

 

職員(保育士) 大村 めぐみ(めぐ先生)

コメント
また来たいと思えるような 場所になるよう頑張ります。

 

 

職員(作業療法士)
松本 円香(まどか先生)

コメント
同じママとして一緒に頑張って行けたら嬉しいです。

 

 

職員(作業療法士)

南 竜太(りゅうた先生)

 

コメント

子どもたちの笑顔を引き出せるように頑張ります。

 

 

職員 (保育士)
齊藤 夕衣(ゆい先生)

 

コメント
頑張ります。

 

 

 

 

 

 

以上、これからもよろしくお願い致します。

追伸・・・悩み事や困った時など一人で悩まず気軽にいつでも声を掛けてくださいネ

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田

芳本

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 オープンしました!

令和のスタートと共に、リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田も6月1日にスタートしました。

 

 

 

 

 

 

保護者室には管理者おきにいりのソファーがあります。

すわり心地もいい感じです(^O^)

 

 

 

 

療育室はリハビリ発達支援ルームUTキッズ三田より関わってくださっている

三宅電工さんの手作り遊具もあります。

手作り遊具は温かみがあって優しい感じがします。

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田では子どもの未来が明るく楽しいものであってほしいと願っています。

そのために何ができるのか・・をいつも考えながら前に進んでいきたいと思います。

 

「子どもの未来を育むところ」として利用者様に愛される事業所であり続けることができるようスタッフ一同努力していきます。

今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 オープンします!

4月

宿題のない春休みや新しい一年の始まりに子どもたちはドキドキ、ワクワクしている子も多いのではないでしょうか?

一方で、親は色んな準備や年度の切り替え、春休みのお出かけや毎日3食のごはんづくり、年度末のたまった仕事等で忙しく過ごされている事かと思います。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズでも新たな一年の準備ができ、心機一転みんな張り切っています!

ご利用者様をはじめ関係各位のご支援、ご協力、ご教授を頂き、おかげさまで5年目を迎える事が出来ました。

いつも本当にありがとうございます!!

 

 

“感覚統合療法、STの個別療育を受けられる施設を作りたい”

の一心で始まったリハビリ発達支援ルームUTキッズですが、子どもたちと接するなかで必要性を感じたり各スタッフが意見を持ち寄る中で、集団療育、SST,学習支援、保育所等訪問支援等・・・

それぞれの事業所ごとに工夫を凝らし少しずつ進化してきています。

 

 

そんな中

この度、大和高田に新店舗を開設することになりました。

大和高田では、子どもたちの療育はもちろん、保護者支援にも力を入れていきます!

現在6月の開設を目指して、鋭意準備中です。

 

 

当面はスタッフ一同 橿原の事業所に在籍する予定となっておりますので

お問い合わせ等は

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus 0744-20-2066 までお願いいたします。

 

今年度もスタッフ一同力を合わせて、いっそう進化した療育と笑顔をお届けしたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵

首藤

635-0821奈良県北葛城郡広陵町大字笠161-2

TEL:0745-43-7571  FAX:0745-43-7575