記事一覧

■未分類

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵 はじめまして 杉村麻衣です

こんにちは!4月からUTキッズ広陵のメンバーになりました、保育士の杉村麻衣です。

よろしくお願いします。

 

私の自己紹介をさせていただきます。

三人の柔道っ子の母です。

趣味は子ども達の試合観戦!コロナの影響で今年は試合もなく、モヤモヤの毎日です。

早く落ち着いてほしいですね。

 

4月から、集団療育(アミーゴ)に入らせていただいています。

まぁなんて愛らしい、素敵な子ども達。

泣いたり笑ったりしながら、一生懸命。

目的に向かってサーキットも頑張る!いないいないばあっ!の体操(ピカピカブー)を踊る時も指導員の真似っこをして元気いっぱい。

子ども達からたくさんエネルギーをもらっています。

 

これからも、たくさんの子ども達から元気をもらい「UTに行きたい!」と思っていただける療育を目指していきたいと思っております。

よろしくお願いします。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵

杉村麻衣

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus 「オンライン療育」

こんにちは。言語聴覚士の植田です。
先日より、新型コロナウイルスの影響で療育に来ることが難しい子たちのために、オンラインで在宅療育をはじめています。
パソコンやスマートフォンを使ったビデオ通話を介して、来所してくれた時にいつも楽しんでくれていたやり取り遊びをしたり、ご飯を食べる様子を見学し助言をさせて頂いたりしています。

 

オンライン療育は来所での療育とはかなり環境が違うため僕も子どももお互いに戸惑いがありましたが、遊んでみるとなかなか楽しく、家庭での姿も見ることができて療育の拡がりを感じています。

直に会って一緒に遊べる日が待ち遠しいですが、いましばらくはカメラ越しの療育を一緒に楽しみながら、継続した支援を行っていきます。

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus 植田

 

「普段できないことをやってみよう!」

自粛生活により小さな子供さんがいるご家庭では、一日中家の中で過ごしてストレスフルな状況が続いているのではないでしょうか?せっかくの休みになってもどこにも出かけることができません。こんな時だからこそ、普段なら中々できないようなことに取り組み、時間を有効に使ってみてはどうでしょうか?

私は、自宅から数メートルの所にある竹藪の地主さんに許可をもらい、子供達とタケノコ掘りをしました。整地などされていない竹藪ですので、足場が悪く、作業しにくい環境でしたが、家庭で食べるには充分な量のタケノコを収穫できました。

また、インターネットで作り方を調べて、ピザ作りにも挑戦しました。強力粉と薄力粉とドライイーストなどを水と混ぜて10分程度捏ねます。これが結構力のいる作業なのですが、思いっきり力を入れて捏ねたり、叩きつけるなどストレス発散になります!(笑)

その後、1時間程度発酵させることで、生地が完成します。

 

その後は、生地を伸ばしてピザソースやチーズ、お好みの具材を載せてオーブントースターで焼きます。

 

見た目はイマイチかもしれませんが、味は結構美味しくでき、子供達にも喜んでもらえました☆

もう宅配ピザを注文する必要はありません!(笑)完成まで少し時間はかかりますが、こんな時だからこそ、楽しみながら美味しいものを作ってみてはどうでしょうか?

 

ユーティー訪問看護ステーション

作業療法士 岡本 光司

UTジョブズに住むメダカ🐟

皆さんこんにちは😄

 

 

今日は5月6日、2020年のゴールデンウィークも今日までですね。

いつもと違った過ごし方をされた方がほとんどだと思いますが、いかがでしたか?

休息やリフレッシュできましたか?

 

わたしは、運動はもとより活動不足が顕著です😓

体力を戻すべく!?事業所の水槽を清掃、プチリニューアルしました(^^)/

これだけでも、いい運動(^^;

 

 

さて、今日のブログは就労支援から話は変わり、UTジョブズに住むメダカのお話し😄

UTジョブズには、いま5種類のメダカが20匹泳いでいます。

 

今週に入って、夏のように暑い日が続いてますね💦

でもメダカはいよいよ活発に😄

水温もあがって元気よく泳ぎまわるようになってきました😄

 

で、スタッフのOTさんから、

「みんなに名前を付けよう!」

 

・・・

 

(お、覚えられるのか・・・!!?)

 

・・・

 

う、うん!やってみよう!!!

 

ということで、1匹目

「シロ子さん」です(^^)/

 

人の名前や顔を覚えるよりも難易度がぐっと高いんです(^^;

 

 

 

 

 

ちなみにですが、UTジョブズのメダカは、奈良県天川村で生まれ育ち😄

 

 

 

天川村は奈良県の中南部に位置し、森林面積がなんと98%!水がとってもキレイな自然豊かな山間部で、人口は約1,200人の方が暮らし、その半分が65歳以上の方、いわゆる高齢化率が50%になる村です。

 

私が暮らす平野部も数十年後には同じくらいの少子高齢化になると予想されていて、天川村のような山間過疎地域は人口課題の先進地ともいわれているそうです💦

 

そんな天川村は、UTジョブズから車で1時間30分くらいで行くことができます。

コロナが終息したら、ぜひ行ってみてくださいね(^^;

 

「癒しの村」とっても良いところです!!

 

 

 

そして、もう一つ!水槽にある植物。

 

 

これは「日陰蔓(ヒカゲノカズラ)」というシダ植物で、

 

 

これも天川村産で、住民さんがキレイに選んで水槽に入れやすいように束にしてくれたものを使用しています😄

 

 

 

 

メダカの産卵藻として昔から使われていたようです。

これからの季節、たくさんメダカが産まれるといいなぁ😄

 

 

メダカで繋ぐ人のコミュニティ、これからもよろしくお願いします(^^)/

 

 

UTジョブズも明日から、元気に営業再開します(^^)/

 

 

 

就労移行支援UTジョブズ大和八木

〒634-0062 奈良県橿原市新賀町234-2

TEL:0744-20-0170

FAX:0744-20-0171

 

 

 

 

 

 

 

本のススメ

こんにちは!リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵にて言語聴覚士(ST)をしております、桑内です。
新しい年を迎え、ようやく日常が戻ってきている今日この頃です。寒い日も続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は「発達障害」の情報についてお話したく思います。
現在、「発達障害」について何か知りたいことがあれば、ネットで検索をかけると多くの情報が出てきますね。私自身も、何かわからないとき、すぐに調べたいときには利用することがありますが、ゆっくりじっくり情報を得たいときは、できるだけ本を読むようにしています。ネットでの情報がよくない、というわけではなく(むしろ新しい情報もたくさんあります)しっかりと監修されて作られた本が本当に増えているため、本での情報収集もおすすめだなあと思うのです。

私が学生だった約10年前と比べ、ずいぶんと「発達障害」についての本が増えたように感じています。ネットで「発達障害 こども」と検索をかけるだけでも本当にたくさんの本がヒットし、レビューもついていて、選びやすくなりました。
しかも、読みやすい!見やすい!わかりやすい!

専門書を「うーん」と頑張って読むことも大事ですが、イラストや写真もどんどん使われて、かみ砕いて書かれているこれらの本はとてもありがたい存在です。
新しい本もどんどん出るため、読みたい本、興味のあるものがたくさんあります。
最近読んだ本の表紙だけ載せてみました。どれもすっと頭に入ってくるものばかり。

でも全てを購入するのは難しいため、図書館で探すことも…それから、フリマアプリなどで書名を登録しておくと、出品され次第連絡が来るので、結構よく使っています。こちらは、やはり興味のある方、実際に子育てされている方、私と同じく発達障害のお子様と関わらせていただく仕事の方がいるようで、出品されてもすぐに売れてしまうため、よくチェックしています。
ネットの検索にも大いに頼りますが、情報が溢れすぎてどれが正解なのか迷うことも多いし、あとでどこに書いていたか見直せないこともあるため、私は本からの情報が多いかなと思います。

 

また、保護者のみなさまからのご相談として多いのは、もちろんお子様の気になる点についてや、今後についての内容が多いのですが、中には子育て全般に関する悩みもたくさんあります。
私自身、2、4、7歳の3人の子育て中ですが、毎日それはもう嵐のように過ぎ去り、寝顔をみては今日もゆっくり一人ひとりと時間が取れなかったなあ、とか怒りすぎたよなあ…とか反省することばかりです。
そんなときには「子育てハッピーアドバイス(明橋大二 著)」こちらを開けます。

このシリーズ、イラストもかわいくて、解説もわかりやすくすべての保護者の方へおすすめしたいです。私もずいぶんと助けてもらっています。
長女出産後は、字ばっかりの育児書を見ては悩むこともありましたが、もっと肩の力を抜いていいんだ、楽しく過ごせばいいんだと気づかせてもらえた一冊です。
シリーズで、いろんな種類が出ています。読みやすいので最近は「HSCの子育てハッピーアドバイス(明橋大二 著)この本も手に取ることが多いです。

 

話題のHSC(人一倍敏感な子)についての読みやすい本です。こちらもおすすめです。
日々忙しく、なかなかゆっくりと読む時間が取れませんが、すべてをじっくり読まなくても、自分にとって必要な情報を見つけていってもいいのかな、と思います。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵 桑内

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵  イベントお知らせ

さて、下記の通りリハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵では初めての野外イベントを予定しております。
日時:  令和元年10月27日(日)
行先:  竹取公園
対象児: 小学校1年生から6年生まで

UTキッズ広陵玄関前から歩いてスタンプラリーを行いながら竹取公園を目指します!!
みんなでおにぎりを食べたり芝滑りをしたりと自然と触れ合いながら楽しい一日を過ごしたいと思っています。
また、普段経験する事が少ないバスに乗って帰って来る予定です。
詳細は療育室前に掲示しております。たくさんのご応募お待ちしております。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵  萩原

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵  プールイベント

8月25日にプールイベントを開催しました!
初めは雨予報だった為、開催できるかどうか不安でいっぱいでしたが、何とか雨は降らず、無事開催でき、とてもよかったです。
プールイベントでは、3つのコーナーがありました。

初めに、みんなで着替えてメインであるプール遊びを行いました。

指導員やお友達に向かって水をかけたり、宝探しをしたりしました!
水遊びでは、友達と触れ合って遊べる、といったことのほかに、抵抗感のある水中でバランスをとりながら歩くことでバランス感覚を養ことができる、水圧を感じることが身体イメージの形成に繋がってくる等、様々な効果が得られると考えられています。
お友達と一緒に沢山楽しむことができたと思います。

次にスライムで遊びました。

片栗粉と水で作ったスライムを使って遊びました(写真は撮れずでした。申し訳ありません)。独特の感触と固まりにくくすっと手から抜けていく不思議な感覚に、夢中になりながら遊んでいる様子が見られました。

 

 

最後に服に着替え、かき氷を食べました。

かき氷のシロップを選び、みんなで和気藹々としながら食べました。

午前・午後、半日ずつのイベントになりましたが、みんな笑顔で楽しく過ごしてくださったと思います。来年度も実施する際は、ぜひ皆様ご参加の程よろしくお願い致します。

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵

酒井

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵 「吹き戻し」って?

ようやく暑さが和らいできましたね。暑い夏も終わり過ごしやすいこの季節、お出かけを計画中の方も多いのではないでしょうか。

私が今気になっているのは、淡路島にあるという「吹き戻しの里」です。子どもたちが楽しめるという噂を聞きつけ、ぜひ行ってみたく、我が家では日程調整しているところです。

みなさん、この「吹き戻し」のことをご存じでしょうか?子どものころに遊んだ方もいるかもしれません。「巻き笛」「ピロピロ」など呼び方は様々ですが、吹いて遊ぶ笛のおもちゃのことなんです。吹き口に紙でできた袋がぐるぐる巻いた状態でついており、中に空気を入れてそれを伸ばすような仕組みです。

 

この吹き戻し、おもちゃとしても楽しく遊べますが、実は訓練やリハビリにも使われることがあるのです。というのも、口の周りの筋肉を使ったり、ある程度息が必要なため、一度しっかり空気を吸って止める、一気に吐くなど呼吸の訓練にもなるのです。

また、お子さんの言語訓練でも使うことがあります。吹き戻しをフーっと吹くことで、息を前に出す練習をしますが、息が口の端からもれないようしっかりと閉じることで口の周りの筋肉を使うことになります。また、吹き戻しを吹くと前に巻き紙が出てくるため、自分の息が前にでているということを視覚的に確認できるというメリットもあります。

吹き初めは少し空気抵抗があるので、お腹にしっかりと力を入れ、一気にフーっと吹く必要があり、楽しく遊んでいるようで同時にことばの訓練もできてとても良いと思います。

先のところをぐしゃっとつぶしてしまい、あらら…なんてこともありますが、しばらく経ってからできるようになり、成長を感じる、なんてことも。

今は百円均一ショップや、商業施設に入っている駄菓子屋さんなどで見かけますので、懐かしい気持ちでお子さんと遊んでみてはいかがでしょうか。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵  桑内

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田 夏の感触イベント

涼しくなったと思ったら暑さがぶり返し、夏と秋の変わり目に体もついていくのが大変ですが、みなさん体調など崩されていませんか。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田では、8月19日~24日に、夏の感触イベントを開催しました。今回のプログラムは、①ぷよぷよボールあそび②石鹸ねんどあそび③かき氷作りの3つでした。

ぷよぷよボールは、見るのも触るのも初めてというお子さんや保護者の方も多く、不思議な感触を楽しんでおられました。網でカップにすくい入れたり、ぷよぷよボールの中に隠した魚を探したり、思いっきり握りつぶしてみたり、、、最後は、風船の中にぷよぷよボールを入れて、人形を作ります。人形をギュッと握ると、手の中でグニョグニョ動きます。

石鹸ねんどは、まず固形石鹸をおろし器で削ることから始まります。硬い石鹸を削る作業はお子さんにとっては、とても大変な作業です。10回削ったらお父さんとタッチ交代!など親子で力を合わせて進めていきます。削った石鹸に、入浴剤で色を着け、水を足しこねていきます。色の組み合わせによって、思いもよらないような綺麗な色になります。しっかりこねてまとまれば、いよいよ型抜きです。隅の方まで、しっかりと指で押して石鹸を入れていきます。

最後は、お楽しみのかき氷です。家では電動のかき氷機を使っているお子さんも、手動でがんばって削ります。色々な種類の中からシロップを選び、自分でつくったかき氷を食べました。「いつもは少ししか食べないのに」と、驚く保護者の方もおられました。

ベトベト、コロコロ、ゴリゴリ、ガリガリ、、、たくさんの感触を感じてもらうことができたのではないでしょうか。ぷよぷよボールは、100円ショップなどで簡単に手に入れることができます。是非、おうちでも楽しんでみてくださいね。

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田 黒川

夏休み!ラントレイベント!水遊び!

ついに2学期スタートしましたね!

みなさんは夏休みいかが過ごされましたか?

 

集団療育ラントレでは、夏休み中に水遊びをしました(*^▽^*)

準備体操をしっかりして

最初は2チームに分かれて水運び競争!

チームで作戦を立て、協力しながらペットボトルから紙コップに水を注ぎ


こぼさないように数メートル離れた場所まで運び

 

再びペットボトルへ!

 

ドキドキしながら慎重に水を運び3分間頑張りました

 

次は水ふうせん投げバトル!

投げる方・逃げる方に分かれて勝負!

水ふうせんが割れないように力をコントロールしながら投げるのは最初少し難しかったけど…


少しずつコツを掴んできました!!

逃げる方も当たらないように頑張りました!

 

 

次はペットボトル鉄砲に水を入れて

 

的を目がけて発射!


腕をちょうどいい位置で固定し続けながら、水の入ったペットボトルを持ち続けるのは大変でしたが、みんな的をねらい落とすことができました☆

暑い中頑張ったみんなと最後はチューペットを食べました^^


いつも集団で顔を合わせているメンバー以外との交流だったので、最初は少しドキドキした様子でしたが、作戦を立てるのに話し合うことで少しづつ距離も近づき、最後は笑顔でケガなく楽しむことが出来ました♪

 

暑い日が続くのは厳しいですが、たまには外で思いきり楽しむのもいいですね!

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus 山内