記事一覧

■UTキッズ

2018/10/17  UTブログイベント
秋祭りイベント UTキッズ田原本

UTキッズ田原本では、10月14日に「秋祭り」のイベントを開催致しました。

 

 

普段遊んでいる療育室とは一変、提灯や紅白、お祭りのBGMが流れていたりと、いつもとは違い少しでもお祭りの雰囲気を感じてもらえたらとセッティングしました。

 

 

内容は、たこせん、おかしすくい、ジュース屋さん、輪投げ、缶積みと昨年よりも1つゲーム遊びを増やし、1日の中で時間を決めて3回お店屋さん、お客さんと交代で1年生以上の子どもたちにお店屋さんをしてもらいました。

お店屋さんができることに前々から楽しみにしていた子や、少し緊張気味な子もいたりしましたが、いざ祭りが始まってみると一生懸命接客し、お客さんとのやりとりを楽しんでいました。

 

 

中でも1番人気だったのが「たこせん」!おかわり自由だったこともあり5枚6枚食べた子や、中には「8枚食べたー」という子もいました。

ジュース屋さんは注文を受けてからコップにジュースを注ぎます。

力の調整が必要になりますが、お客さんが並んでいても落ち着いて注ぐことができていました。

 

 

また、お父さんやおばぁちゃんなど普段は忙しくて来られない家族さんたちも顔を出してくださり親子で缶積み競争をしたりと、みんなで楽しめる機会になったかなと思います。

 

 

来年はさらにパワーアップして楽しいイベントを企画していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

村田

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

2018/10/15  UTブログイベント
ラントレイベント ~橿原競技場で実際に走ってみよう!~

8/24にラントレの火曜日メンバー、金曜日メンバー合同で橿原競技場へ行ってきました。

一般の知らない人たちがいる中で少し緊張した表情の子どもたち。

ルールを守って安全に過ごせるようオリエンテーションを行い、準備体操をしました。

 

 

 

 

いつもより背筋が伸びています!!(^_-)-☆

 

今回のメニューは

➀ウォーミングアップ トラック1周400m

②100m走タイム計測 2回

③リレー vs指導員

です。

 

 

 

 

 

 

ウォーミングアップはスタートからダッシュしてしまい途中で疲れてしまう姿もありましたが1周400mを走りきりました。

この時点で「もうしんどい~」と言う言葉も聞こえてきましたが、次は100mタイム計測です。

 

 

 

 

クラウチングスタートも様になっていますね☆

 

 

いつもとは違う本格的な競技場に少し圧倒されていましたが、実際に走る中で緊張感もやわらいでくる姿がありました。

台風明けでとても暑い日でしたがみんな汗だくになりながら頑張り、最後に100m走のタイムを発表し表彰状を貰う時の顔は、達成感でキラキラと輝いていました☆

 

 

 

 

 

 

11月にも橿原競技場でのイベントを計画しています。お楽しみに(^^♪

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus
福島
〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152
TEL:0744-20-2066  FAX:0744-20-3354

2018/10/11  UTブログイベント
感触遊び~フィンガーペインティング~ リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田 イベント療育

UTキッズ三田夏の感触遊び、第二弾の報告です。

3種類した感触遊びの最後は、フィンガーペインティングです。

好きな絵の具にのりを混ぜて、大きな白板にペタッ!!

 

 

 

 

 

 

普段手で触るのを嫌がるお子さんも、意外にもこのドロッとした感触の受け入れがよく、手で混ぜたり塗りたくるのを楽しんでいました。

混ぜるのに抵抗があるお子さんは筆などで混ぜ、スタンプや大きく描くのを楽しみます。

 

周りの様子を見て少しずつ手で触ってみるお子さん、おそるおそる触れたかと思うと最後にはそれを忘れるぐらい大胆に色付けして遊ぶお子さん、足につけて白板の上を滑りながら一面ペイントするお子さん。

みんな、それぞれの関わり方で、でも一番ダイナミックな感触遊びが出来ました。

終わった後は水だまりのようになっていましたが、そんな事も皆さんから頂いた「ここまで大胆な事はなかなか出来ない事だから、いい経験になってよかった」というお言葉を頂き、私たちも大満足のイベントでした。

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田

669-1535 兵庫県三田市南が丘1-54-27

TEL:079-559-6599  FAX:079-559-6598

2018/10/11  UTブログ学習支援
読み書き障害「ディスレクシア」

大型台風がいくつも発生し、日本に上陸した影響で運動会などの行事に影響が出てしまいましたね。

お家に被害などはありませんでしたか?

 

 

久しぶりのブログ担当となり、何か良いネタはないかと考えていたのですが、今年度からUTキッズ河合で始めた学習支援にちなんで、主に読み書き障害に関わることにについて書かせて頂こうと思います。

 

 

読み書き障害といっても様々な定義があるのですが、今回はその中でも発達性読み書き障害「ディスレクシア」について触れたいと思います。

「ディスレクシアは神経学的な原因による特異的な学習障害である。

その特徴は、正確かつ、あるいは流暢に単語を認識することの困難さ、つづりの稚拙さ、単語を音声に変換する(デコーディング)の弱さにある。

こうした困難さは、主に他の認知能力や学校での効果的指導からは予測しえない言語の音韻的な側面に関する弱さが原因である。

二次的に読解の問題を引き起こしたり、読みの経験が少なくなったりすることで、語彙や予備知識の発達を阻害することが起こりうる」(IDA、2002)と定義されています。

 

 

定義って固い表現でわかりにくいと思っている方がほとんどだと思います。

わかりやすくざっくり表現すると、

「話したり聞いたりすることはできるのに、文字を読んだり書いたりすることができないこと」と言えます。

 

 

 

 

その原因としては様々なことが考えられるのですが、最も重要な「読み」という側面から考えたいと思います。

 

日本語の「読み」はさまざまな行為を意味します。

ディスレクシアの問題を考えるために、「読み」を2つのレベルで考えます。

第一のレベルは、文字・単語を音に換えるレベルの「読み」です。

 

 

学び始めの子どもについて、「文字の読み書きができる」とか「ひらがなの読み書きを覚えた」というのは、このレベルのことです。

第二のレベルは、読んだものを理解するレベル、読解です。

第一のレベルができないと、読解はもちろんできませんが、第一のレベルができても、読解ができるとは限りません。

 

読解には、単語の意味、文法力、段落と段落の関係性の理解、全体を覚えていること等々、さまざまな能力が必要とされます。

「単語を音声に変換する(デコーディングの)」ということは、先の第一のレベルの読みのこと、すなわち、文字・単語を音に換えることをいいます。

ディスレクシアの人は、文字や単語を見て、それが表す音がわからない、あるいは、音を思い出すのに時間がかかるのです。

この文字と音との対応に関してですが、この両者の間には何の関係性もありません。

例えば、地図記号や標識は、それが表すものと表されるものには、見ただけで何を表すのかすぐわかる関係があります。

しかし、文字と音との間にはこのようなわかりやすい関係はまったくありません。

子どもたちは、理屈抜きで、文字と音の対応を丸覚えしなくてはなりません。

ディスレクシアの子どもたちは、こういう丸覚えが苦手なことが多いのです。

 

 

また、ややこしくなったので、例を挙げさせてもらうと、知っている方も多いと思いますが、海外の有名な俳優の「トム・クルーズ」もディスレクシアを公表しています。

作品の中の彼を見ていても読み書きができないとは想像できないと思いますが、映画の台本に書いてある文字を読むことができないため、音声で台本の内容を聞いて覚えるという方法を用いているようです。

 

 

かなり長い文章になってしまいましたが、今回は読み書きの障害「ディスレクシア」の主な原因である「読みの困難さの理由」について書かせていただきました。

今後も私がブログの担当の時は、随時紹介していきたいと思います。

また次回にご期待ください。

 

 

 

株式会社UTケアシステム

リハビリ発達支援ルームUTキッズ

福西

〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-2066   FAX:0744-20-3354

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合  サンクスパーティー

9月17日の敬老の日にデイサービスとの初コラボイベントを開催しました。

 

 

まずはキッズに集合して

デイサービスのご利用者様の名前カードをみんなで作りました。

 

 

 

 

そして今日のタイムスケジュールと約束の確認。

新しい環境と初めましてのメンバーで、何をするのかもわからない…

これでは不安が倍増です。

この確認作業をすることで不安が軽減され活動に参加することがスムーズになります。

新規場面では見通しが立つように、「何をするのか」を視覚的に確認することで不安なく活動に参加でき、子供たちの持っている力を発揮できます。

 

 

それでは本日のタイムスケジュール

1.始まりの挨拶

2.自己紹介

3.パステル画(富士山)

4.コイン落としゲーム

5.みんなでおやつ

6.終わりの挨拶

 

 

自己紹介では緊張していた子供たちもパステル画で日本一高い富士山を作り、

コイン落としゲームをするころには、緊張もなくなり、いつもの元気な笑顔をいっぱい見せてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生の2人は

おやつ作りのお手伝いも頑張ってくれました。

 

ありがとう(^○^)

 

 

毎回イベントを開催するたびに、イベントを通して経験したことが積み重なって自信となり、新たな場面でもチャレンジしようと思うことができるようになればいいなと思います。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合

〒636-0061 奈良県河合町大字山坊463-1
TEL:0745-58-2099  FAX:0745-49-0482

2018/10/3  SSTUTブログ
SST

『SST』という言葉を聞いた事がありますか?

 

 

なんとなく知っている。

聞いた事がある。

初めて聞いたっていう人もいるでしょうか?

 

 

『SST』とは、ーシャル・キル・レーニングの略で、日本語に訳すと「社会生活技能訓練」となります。

簡単にいうと「人とうまくかかわるために必要なコツを知り身につけていく練習をする」ということです。

 

 

例えば、外出先で知り合いと出会います。

 

①にっこり笑って挨拶する

②顔を見ないで挨拶する

③挨拶しないで通り過ぎる

 

この中では、もちろん挨拶するのがいいと思いますし、顔を見てにっこり笑うとお互い良い気持ちになりますよね。

それをプリントやゲーム遊び、実践で学んでいきます。

 

 

UTキッズ田原本では、

「ぷちSST」「SST体験」と二つのちょっと中身が違う小集団のクラスで様々な課題に取り組んでいます。

 

 

常に心掛けていることは、

・無理のないようスモールステップで

・出来ない所ではなく、出来たところに着目する

ところです。

 

 

お家でもできることがたくさんあるので、ほめてほめていっぱい出来ることが増えればうれしいですね。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

木谷

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合 UTクッキング チャーハン、唐揚げ編

朝晩は涼しくなり秋の気配も感じる今日この頃…

そんな涼しさを感じながら

8月19日の日曜日、UTキッズ河合の1階にあるデイサービスのキッチンを借りてUTクッキングを開催しました。

 

第4回目のUTクッキングは大人も子供も大好きなチャーハンと唐揚げです。

身支度をして作り方の説明を聞きます。

チャーハン班、唐揚げ班に分かれて、みんなで協力して作ります。

今回のキッチンは本格的でチャッカマンで火をつけるコンロを使います。

火力も家庭用のコンロとは全く違います!

 

 

 

 

うまく作れるのか…みんなドキドキです

 

 

初めて卵を割った

 

 

 

 

初めてフライパンで炒めた

 

 

 

 

 

初めて油で揚げた

などなど…

 

 

 

 

たくさんの初めてを経験して、美味しく出来上がりました。

 

みんなでいただきます。

 

「今までで一番おいしい!」

と言ってくれたのは混ぜご飯は苦手で、初めてチャーハンを食べたお友達です。

 

 

 

自分で作ったものは少し苦手なものでも食べてみようと思え、最高においしい。

クッキングマジックを見せてもらい、この夏1番うれしい言葉をもらえ「やってよかった」と心から思いました。

 

 

UTクッキングでは

日頃の支援では接することなく

「はじめまして」のお友達と一緒に料理をすることもあります。

ちょっと不安になることもあると思いますがクッキングを通して初めての経験を共にし、おいしいを共有することで、クッキングが終わる頃には会話も弾み、とてもにぎやかなお部屋になります。

 

 

これからも

たくさんの「おいしい」が聞けるように

メニューを考えていきます!

リクエストも募集中です。

こんなの作りたいってあったら教えてくださいね〜!

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合
大山
〒636-0061 奈良県河合町大字山坊463-1
TEL:0745-58-2099  FAX:0745-49-0482

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合 UTクッキング(フルーツサンドとキャラメルラテ編)

9月のUTクッキングは、フルーツサンドとキャラメルラテを作りました。

 

「作り方の順番を守って作る」をねらいとして一人ずつ作っていきます。

回数を重ねてきたこともあり、事前準備も覚えてきて、自分達でエプロンを付けて待っている姿が増えました。

 

早速スタート!!

机にある作り方を皆で見て始めます。

生クリームの泡立ては一人50㎖ずつ計り、自分のカップに移して混ぜます。

混ぜ始めて2分くらいたってもなんの変化もない生クリームに、「疲れた」「なんもかわらへん」との声が、、、。

「作り方に何か書いてないかな?」と言うと、「あっ、レモンって書いてる!」と気づきました。

 

 

スプーンに1杯ずつレモンを入れて泡立て再スタート!

すると・・・

「なんやこれ!もう生クリームできたやん!最初から入れたらよかったやん。」の驚きの声。

実は、レモン汁を適量入れると生クリームはアッという間に出来てしまうのです。

作り方に書いてあるのを見落としていた子供たちは、「ここに書いてた~」となんだかくやしそう?!でした。

 

次にフルーツを小さく切ります。

バナナやミカン、パイナップルなど自分で好きなフルーツを選びました。

小さく小さく刻んだり大胆に切ったりと様々でしたが、いちごジャムも用意してサンドイッチに!!

パンにクリームを塗って~がなかなかうまくいきません。

 

 

試行錯誤しながら生クリームを塗り、フルーツをのせサンドに。

いよいよ半分に切ります。

みんなドキドキ、、、1番に切る子はちょっと手が震えていました。

それでも切り目を見ての大歓声!!満面の笑みが見られました。

 

 

 

 

 

 

最後に、キャラメルラテです。

これは簡単で、ラテの原液に牛乳を混ぜるだけ!

少し苦みがあり苦手な子もいましたが、「ちょっと飲んでみるわ」とチャレンジし、全く飲まないという子はいませんでした。

 

お楽しみの試食タイム!!あちらこちらから「おいしい!」の声。

あっという間に食べていました。

 

 

 

次回は、「ハロウィーンピザ」です。どんなピザになるのかな?今からとっても楽しみです!

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合
山下
〒636-0061 奈良県河合町大字山坊463-1
TEL:0745-58-2099  FAX:0745-49-0482

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田 感触あそび~寒天編~

先日、ブログでもお伝えしましたUTキッズ三田夏の感触あそびのご報告です。

今回は、寒天あそびについてです。

 

受付で、カップに入った寒天を見せると、お子さんの反応は様々です。

キラキラした色に「わ~。きれい。」と目を輝かせるお子さんや、「うわっ。気持ち悪っ。」と顔をしかめるお子さんも。

ドキドキしながら、お部屋に入ります。

目の前に色とりどりの寒天が用意されると、ツンツン恐る恐る触ってみます。

「なんか、ぷるぷるしてる~。」手で触るのは、ちょっと・・・。

のお子さんは型抜きや道具を使って、遊び始めます。

 

 

 

 

 

ホイップクリーム用のしぼり袋を使うと、手が汚れない安心感がありながらも、寒天がグチャグチャと潰れる感覚を直に手で感じることができます。

楽しくなってくると、スプーンで四苦八苦しながら袋に寒天を入れる作業がまどろっこしくなってきます。

すると、最初は手につくのが嫌だったお子さんも、手でつかんで入れ始めます。

一度ついてしまったら、もう怖いものなしです。

楽しくて、手が汚れることなんて気にならない!

 

 

 

 

 

それでも、細かく潰れた寒天が手につくのは気持ち悪いお子さんは、水の中で感触を楽しみます。

水の中なら、手が汚れるのも気にならない!

 

 

キラキラきれいだった寒天も、最後は全部がグチャグチャに混ざって、茶色で終了です(笑)

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田

黒川

669-1535 兵庫県三田市南が丘1-54-27

TEL:079-559-6599  FAX:079-559-6598

 

 

 

リハビリ発達支援UTキッズ香芝  どろんこイベントを開催しました!

暑い日や、少し涼しく感じる日もあり、気温の変化が出てきていますが、

体調お変わりないでしょうか。

8月4日㈯に、UTキッズ香芝でどろんこ体験イベントを開催しました!

今年も高取町役場、ポニーの里の方々にご協力して頂き、高取町の会場で、

ご家族と一緒に田んぼの中でどろんこになって遊びました。

田んぼを見るなり「もう入っていい?」とダイナミックに走って行く子や、

田んぼの端からゆっくりと入って行く子、泥を見てびっくりする子など、

自分のペースでどろを感じる姿が見られました。

 

 

 

後半は、お父さんとお母さんにも参加してもらって綱引きや宝探しをして

みんなで盛り上がりました!普段あまり経験する事のないどろの感触が、

おもしろかったり、気持ち悪かったり、楽しかったり、苦手だったり、

色々な感じ方があったと思います。

今年の夏の一番の思い出になっていたらいいな~と思います(^^)

暑い中ご参加して頂いてありがとうございました(^^)/

高取町役場、ポニーの里の方々、お忙しい中、ご協力頂きありがとうございました。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝
阪谷
〒636-0236 奈良県香芝市磯壁6丁目462-14
TEL:0745-71-3400  FAX:0745-71-3401

 

« 前のページへ