記事一覧

■UTキッズ

どろんこイベントinUTキッズ香芝

8月5日(土)、UTキッズ香芝第1回目のイベント「どろんこイベント」を開催しました。

 

自然の中で様々な感覚を感じながら、普段出来ないどろ遊びを子ども達に思いっきり経験してもらえたらと願い、高取町のどろんこ祭りが行われた田んぼをお借りしてみんなで楽しみました。

 

水のはった田んぼを見て、目をキラキラ輝かせる子や、どんな感じかなと様子をうかがう子、田んぼを見るだけでもそれぞれの感じ方がありました。

 

田んぼの中は、ぬるぬるしていて歩くだけでも大変!一歩一歩踏ん張りながら慎重に足を運んでいましたが…やっぱりこけちゃう(笑)。バシャン!とこけると笑顔になり、何度も転びながら田んぼの中を走り回っていました。

 

田んぼの周りには、カエルやヤゴ等色々な生き物がいました。見つけると夢中になって、どろの中を追いかけていく姿があちこちで見られました。

 

様子をうかがっていた子たちも、どろ団子を作ったり田んぼに浸かったりと、自分のペースでどろの感触を味わっていました。綱引きや、ロープくぐり、宝探しも盛り上がりました。田んぼは子ども達のどろんこのプールのようでした。どろの感触や温度、土の匂い等それぞれ感じているようでした。

 

ご協力頂いたポニーの里、高取町役場の方々ありがとうございました。

 

ユーティーキッズ香芝スタッフ紹介

坊薗 理恵

かんたんプロフィール

①意気込み:常に全力で前進あるのみ

②特技:体を動かす事・走る事

③マイブーム:スポーツ観戦で刺激をもらう事

 

福西 知史

かんたんプロフィール

①意気込み:子ども達と遊んでムキムキになるぞ!

②特技:すぐに日焼けする(夏お楽しみに)

③マイブーム:休みの日、山にこもる(予定)

 

正井 仁美

かんたんプロフィール

①意気込み:それぞれの子ども達に寄り添った声掛けや遊びをしていきたい

②特技:誰とでも仲良くなれること

③マイブーム:お買い物。息子の野球応援

 

阪谷 紗世子

かんたんプロフィール

①意気込み:笑顔で楽しく遊ぶ!

②特技:マイペースに過ごすこと

③マイブーム:食べること

 

辰己 奈津

かんたんプロフィール

①意気込み:子ども達のパワーに負けないように頑張ります!

②特技:調べもの

③マイブーム:和菓子を食べること

 

大山 祐介

かんたんプロフィール

①意気込み:一日でも早く顔を覚えてもらえるように頑張ります。…おじさんですが…

②特技:どこでも寝れること

③マイブーム:ドライブすること

 

ユーティーキッズplusスタッフ紹介

首藤 佳子

かんたんプロフィール

①意気込み:子どもに負けないくらい自分も楽しむ

②特技:のび太くんに負けないくらいすぐ眠れる

③マイブーム:UNO

 

南 美樹子

かんたんプロフィール

①意気込み:子ども達と楽しく!

②特技:お部屋をかわいくします!

③マイブーム:おいしいカフェめぐり

 

小岩 みどり

かんたんプロフィール

①意気込み:楽しく元気に笑顔でニコニコ

②特技:DIY。おもちゃ作り

③マイブーム:漫画を読むこと

 

芳本 悦子

かんたんプロフィール

①意気込み:どんな時も笑顔を忘れない!

②特技:悩む、困っている人に寄り添う、励ますこと

③マイブーム:韓国ドラマ(時代劇)

 

野口 朋子

かんたんプロフィール

①意気込み:精一杯頑張りますのでよろしくお願いします

②特技:パン作り

③マイブーム:登山

 

岩城 大

かんたんプロフィール

①意気込み:子ども達の「今」と「これから」が健やになるように頑張ります!

②特技:つるつる頭で子どもを引き寄せる

③マイブーム:娘と遊ぶアナログゲーム

 

磯部 愛

かんたんプロフィール

①意気込み:子ども達が「おしゃべりは楽しい」と感じられる時間作りをしていきたいと思っています

②特技:楽しい遊びを考えて、子ども達と遊ぶことです

③マイブーム:子どもに教えてもらったキャラクターを覚えることです

 

岡本 亜衣

かんたんプロフィール

①意気込み:いつでも笑顔で一生懸命がんばります!!

②特技:簡単な廃材工作 歌が好き

③マイブーム:娘たちとの公園めぐり

 

大村 めぐみ

かんたんプロフィール

①意気込み:子ども達の笑顔をいっぱい引き出せるように一生懸命頑張ります!!

②特技:壁面制作

③マイブーム:雑貨屋めぐり

 

2017/8/4  UTキッズ/ UTブログ
もうすぐ「曽爾療育キャンプ」です!

前年度に引き続き、8月18日~19日に「国立曽爾青少年自然の家」にて、UTキッズ3事業所(田原本、plus、香芝)の合同イベントとして1泊2日のキャンプ療育を実施いたします!

 

このキャンプ療育では、大自然の中でのフィールドアスレチック・野外炊事・キャンプファイヤーなどの活動を通して、仲間と共に協力して達成する喜びを共感するとともに、集団活動を通して対人コミュニケーション能力・社会性の向上を図ります!

 

当日に向けて着々と打ち合わせ・準備が進められておりますので、ご期待ください!

ユーティーキッズ田原本スタッフ紹介

市丸 純子

かんたんプロフィール

①意気込み:前向きに笑顔で過ごす

②特技:子どものように遊べること

③マイブーム:通販の商品を試すこと

 

木谷 淳子

かんたんプロフィール

①意気込み:子ども達のパワーに負けないぞ!

②特技:地図さえあればどこへでも行けます

③マイブーム:ジャーサラダにいろんな具材を試すこと

 

村田 知史

かんたんプロフィール

①意気込み:子どもたちの笑顔を引き出せるように頑張りまーす\(^O^)/

②特技:ジャグリング、野球、サイクリング、ゴルフの打ちっぱなし

③マイブーム:美味しいカレーパン探し、新しいラーメン屋めぐり

 

上西 清吉

かんたんプロフィール

①意気込み:若さを活かしたダイナミックな遊びを提供します!

②特技:ヌンチャク、ギター、逆立ち

③マイブーム:筋トレ

 

上野 なつひ

かんたんプロフィール

①意気込み:素敵なST室を作ってもらう!!

②特技:おしゃべり

③マイブーム:いつでもどこでも読書

 

山下 江

かんたんプロフィール

①意気込み: 笑顔いっぱい、頑張ります!

②特技: 家庭菜園(特にイチゴを育てる事)

③マイブーム: メダカを増やす

 

ラントレ「大和三山を制覇しよう!」企画第1弾・耳成山登山

7月22日(土)にUTキッズplusの集団療育・ランニングトレーニングにて、「大和三山を制覇しよう!」と題しまして、各学期末に奈良県の偉大な大和三山に登頂するイベントを企画し、今回はその第1弾目として耳成山に登りました!

 

子どもたちは山の匂いや様々な生物など自然とたくさん触れ合いながら、イレギュラーな道の傾斜や凸凹に合わせて登山にチャレンジしました。
そして頂上では3つのレクレーションを実施しました。

 

① 落ち葉集めでは、一人一つずつ支給されたダンボールに手に掴んだ落ち葉・木の枝・小石の中から落ち葉だけを選んで入れることに挑戦してもうと、全員がしっかりと目で見極めることと感触で物を分けることに集中し、ダンボールいっぱいに集めてくれました。

 

② お菓子探しでは、頂上の様々な場所(落ち葉の下、木の上、茂みの中など)に隠されたお菓子を全員で一斉に探すことにもチャレンジしてもらうと、みんな血眼になって辺りを探索し、手の届かない木の上などは安全に登れる方法を考えたり、木を揺らすなど自分たちなりに試行錯誤しゲットすることができました!
手に入れたお菓子はみんなで山分けし、取れた子も取れなかった子も仲良く自分たちで交換したりしながら賑やかに食べてくれました!

 

③ 落ち葉滑りでは、①で集めた落ち葉を斜面に敷き詰め、ダンボール箱をそりに変身させて滑りました。
はじめはみんなうまくバランスが取れず、転んでしまうこともありましたが、繰り返し挑戦する中で修正し全員本当に上手に滑ることができるようになりました!

 

 

次回は12月に香久山に登頂予定ですのでお楽しみに!

 

※写真は保護者様の了承を得て掲載させていただいております。

プール療育inUTキッズ田原本

7月13日(木)にUTキッズ田原本にてプール療育を開催いたしました。

雨の心配があった日でしたが、「絶対に晴れる!!」の思いが天に届いたのか、朝から太陽が顔を出してくれました!

 

来てくれた子どもたちはプールが用意されているのを見つけると目をキラキラ✨

ケガをしないように体操していざプールへ!

 

片栗粉粘土ではまず、粉のサラサラした感触を楽しんで真っ白に。

それから少しずつ自分たちで水を入れてもらい、握るとギュッと固まるけどすぐにまたトロ~っと溶けていく不思議な感覚にみんなびっくり。

水鉄砲を駆使して絵の具で描かれたお化けやクッパ目掛けて集中放水!

ウォータースロープも人気で、1番下の入れ物いっぱいに水が入るまで何度も水を運んで入れることに集中してくれていました!

そして最後は部屋に戻ってかき氷作り。

自分で機会を回してシロップをかけて作ったので、みんなとっても満足そうに食べていました!

 

来年もさらに楽しいプール療育を用意していますので、お楽しみに~‼

※写真は保護者様の了承を得て掲載させていただいております。

 

2017/7/18  UTキッズ
サービスご利用までの流れ

お問い合わせ ご相談、見学は随時お受けしております。まずはお電話でお問い合わせください。
見学・相談 施設にお越しいただき、担当スタッフがお子さんの特性やご家庭や学校での様子についてお話しを伺います。目標設定や、目標を達成する手段、環境調整などを立案します。
受給者証作成 相談支援事業所で受給申請に必要な障害児支援利用計画を作成してもらいます。セルフプランとして保護者自身で作成することもできます。
市町村の福祉担当窓口に障害児通所給付費支給申請書、障害児支援利用計画(もしくはセルフプラン)を提出します。
調査 受給者証を発給するための利用条件を満たしているかどうか、必要だと考えられる適切なサービスの量(日数)について、市区町村の支給担当窓口によって検討されます。
受給者証の交付 支給が決定したら、受給者証が交付されます。交付を受けたら障害児支援利用計画を作成します。
相談支援事業所が受給者証の給付決定内容に基づき、利用を希望する事業所と連絡し調整して作成してくれます。
契約 当事業所の支援内容に納得いただければ、契約となります。
「通所受給者証」、印鑑をお持ちください。
ご利用開始 基本的には保護者の方も一緒に通所していただきます。一回約1時間のご利用となります。
45分程度は感覚統合療法や、その他必要な訓練を実施、15分程度でお子さまのクールダウンや振り返りを行ったり、お家での話しを伺ったりします。

※ご利用には市町村の発行する通所受給者証が必要です。「障害福祉課」までお問い合わせください。

2017/6/30  UTキッズ
感覚統合とは

感覚統合療法(Sensory Integration)とは

UTキッズでは、感覚統合療法を中心とした活動の中でお子さんにアプローチを行います。感覚統合療法は、アメリカのエアーズさんという作業療法士によって考案された理論です。まず感覚統合について簡単に説明します。
感覚統合とは?
私たちは日々の生活の中で、知らず知らずのうちに自分の体を上手に使ったり、人とコミュニケーションを取ったり、周囲の環境と上手く関わっています。それは脳に入ってくる感覚を整理整頓・まとめること=感覚統合をしているからなのです。
感覚統合は子供が成長・遊び・勉強をするうえで、とても大切なものなのです。
感覚統合理論では、次の3つの要素を大事にしています。
①楽しい活動 ②ちょっと頑張れば成功できるもの ③成功体験

これらの要素を通して、子ども達は「やってみよう」と思い→「できた!」と喜びを感じ自信を持って→「次へのチャレンジ」へとつなげていきます。

ではその必要な感覚にはどんなものがあるの?

一般的によく知られているもの・・・視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚 無意識に感じている感覚・・・前庭感覚(平衡感覚)、固有受容覚

触覚→触ったり触られたりするときに感じる痛みや温度・材質(硬さや柔らかさ、ざらざら、つるつる)などを感じ取るために必要な全身の皮膚で感じる感覚で、危険を察知したり、触ってそれがなにか・どんなものかを確かめることに働きます。

前庭感覚(平衡感覚)→体の傾きやスピード、揺れ、回転、重力を感じ取るために必要な耳の中にある三半規管などで感じる感覚で、バランスを取ったり、姿勢を立て直すことなどに働きます。
固有受容覚→自分の体の位置や動き、力の入れ具合を感じ取るために必要な筋肉や関節などで感じる感覚で、姿勢を保ったり、体をスムーズに動かすことに働きます。
これらの感覚は、感覚統合において非常に大切な役割を果たしています。
私たちは普段、この7つの感覚を無意識のうちに上手に感じ、そして脳の中で整理することによって生活をしています。
感覚の感じ方の違い
感覚統合がうまく出来ない子たちには、上の図のように感覚の感じ方に偏りがあると考えられます。
感覚が非常に敏感な「ビクビクタイプ」。感覚が非常に鈍感な「のんびりタイプ」。感覚の刺激を非常に求める「もっとタイプ」。感覚刺激の識別が難しい「わかんないタイプ」。姿勢の問題を持つ「ぐにゃぐにゃタイプ」。器用さの問題を持つ「もたもたタイプ」など様々な状態の子どもがいます。
それぞれのタイプに問題行動として見られる特徴があり、そのすべてにはちゃんと原因があります。その原因を考える際に、感覚統合の考え方はとても役に立ちます。

視覚・聴覚・触覚・前庭感覚・固有感覚という5つの感覚は子供が成長・遊び・勉強をすることの土台としてとても重要な役割を果たします。
その感覚に偏りがあることで、本来持っている力を発揮できず、集中して物事に取り組むことが出来ず、「落ち着きなく歩き回る」、「人に近づかれることを嫌う」、「先生の声掛けに反応しない」、「危なっかしい遊びばかりする」などの問題行動として現れます。
遊びを通してそういった感覚の偏りをなくし、土台作りができると、その上に自分の体の状態をよく知る事や目的を持って行動すること、秩序のある行動などの能力が積みあがってき、自分の力を発揮して物事に取り組むことができるようになります。その中で成功体験を獲得することで「次もやってみよう!」とさらに意欲的に新たなチャレンジへとつなげていくことが出来ます。

いまお母さんがお子さんについて心配な点や問題行動として見られている原因には、感覚統合が上手に行えていないことが考えられます。「お友達と一緒に楽しく遊びたい、勉強したいだけ」なのにうまく出来ないことはお子さん自身が一番苦しんでいます。頭ごなしに怒るのではなく、お子さんがなぜそのような行動をするのか、何が原因なのかを考えてあげることがすごく大切です。今のお子さんが暮らしやすい生活を私たちUTキッズのスタッフとともに向き合って考えていきましょう!

2017/6/29  UTキッズ
保育所等訪問支援の流れ

問い合わせ・相談 支援内容により異なりますが、30分以上1時間程度の面談時間を設けさせていただきます。
事業所内相談支援加算(35単位)での対応となります。
受給者証の発行及び保育所等訪問支援の支給決定 UTキッズからの支援員の訪問は最大月1回とさせていただきます。
(状況・時期に応じて変化)保育所等訪問支援のための受給日数が必要となりますので、市町村障害福祉課での手続きをして下さい。
利用契約 受給者証の手続きができ次第、契約させていただきます。
保育所等との調整 UTキッズ支援員と訪問先(保育所、幼稚園、小学校)の先生方と支援内容、日程の調整を行います。
訪問支援開始 相談内容に基づいて支援をしていきます。

※本事業は、子どもの発達支援を目的としています。保護者と保育所などのお互いの思いを尊重しながら、中立の立場で 専門的な支援を行います。

« 前のページへ