記事一覧

■リハビリ発達支援ルームUTキッズ

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本 花の種を植えました!!

日中だけではなく、朝晩も蒸し暑くなってきましたね💦
今年は新型コロナウイルスの影響もあり、夏場もマスクを付ける事が増えて息苦しく感じることがありますね😢
こまめに水分補給を取り、熱中症対策に気を付けて今年の夏を乗り切りましょう!!

 

さて、UTキッズ田原本では5月に「ぷちSST」と「SST体験」の子ども達と一緒に「ヒマワリ」と「コスモス」を植えました🌱自分達が植えた種から芽が出てきたことが嬉しく、何度も見に行く姿があります。日当たりの影響もあり、成長に差がありますが元気にすくすくと成長しています🌞

ヒマワリ🌻

 

 

 

コスモス🌼

 

 

どんな風に成長するのかな?
何色の花が咲くのかな?
子ども達と一緒に花が咲くのを楽しみに待っています✨

 

リハビリ発達支援ルーム田原本 大西

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵 「☆七夕☆」

梅雨明けの待たれる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

こんにちは!リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵の萩原です。

今回は、リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵とリハビリデイサービスUT広陵の合同イベント、七夕飾り作りについて紹介します。

 

7月7日の七夕(たなばた)といえば、織姫と彦星が年に一度再開する日。短冊に願いを書いて星に願う日として有名ですが、どうしてそのような日になったのでしょう?

七夕を「たなばた」と読むのはなぜ…?

 

七夕の由来・起源や意味を知ると行事の意味がわかります。

意外と勘違いしている方も多いので、たなばたの本当の意味を知り、有意義に過ごしてみてはどうですか(^^)/

キッズでは療育室入口付近に大きな笹を用意しました。

利用児はもちろんのこと、デイサービスの利用者様もたくさんの飾りつけを制作して下さいました。

七夕の後、七夕飾りを川や海に流す風習を「七夕流し」といい、七夕飾りが天の川まで流れ着くと願い事が叶うといわれています。

U T広陵のみなさまの願い事が叶いますように・・・☆

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ広陵 萩原

脳をトレーニングしよう! ~ペアトレを活かして~

第8回 耳を使えば言葉の知識の習得につながる

 

こんにちは。
前回は、運動と感覚と目 についてお話ししましたが、
今回は 『耳』 です。

 

聴覚系脳エリアは
耳で聞いて情報を処理するエリア
・言葉以外の音に注意を向けて分析するエリア
・声や言葉を分析するエリア
に分けられます。

◎言葉の理解    発話を担当するエリア
(強いネットワーク)

言語能力が高い

◎聴覚系脳エリア    記憶系の脳エリア
(強いネットワーク)

 聞いた話が定着
      知識のスムーズな習得

 

●発達の旬
・生後1~2か月ごろから活発
・海馬(記憶を司る場所)と近い場所に聴覚系の脳エリアはある
・女児のほうが聴覚系の脳エリアの育ちが比較的良い
・男児は低年齢のうちは聴覚系が苦手
言葉も女児に比べると遅れることが多い

 

●発達障害による影響
低年齢での会話による
・言葉の習得が進みにくい
・言葉の指示に従って行動しにくい

言葉の指示  (学校の授業や家庭の指示)

⇓ (聴覚系が苦手)
学校の成績が伸び悩む
⇓ (聴覚系を迂回)
視覚系を使って読む力がつく

学習が進みやすくなる

★聴覚系や視覚系の脳エリア

脳に情報を入れるための 『入口』

 

★入り口を通り 理解系の脳エリアで処理

『わかる』 ことを支援

得意な成熟している入り口を
 より太い通路にする

 

★聴覚系が発達している場合
聞くことに対する集中力がある
音楽が好き
発話の抑揚が適度に豊か

 

★聴覚系が未熟な場合
聞く場面で不注意が目立つ
聴覚過敏
声が大きすぎる、小さすぎる
不注意な性格になりやすい傾向

 

耳で聞くことは
より高い注意力も求められます。

 

目の情報と
耳の情報をうまく処理できると
学校の授業も
家での過ごし方にも
変化が見られます。

 

ぜひここでも ぺアトレの『環境を整える』
を参考に
子どもの行動に注目してみましょう。

 

そして得意な部分を
伸ばしていきましょう!

 

 

 

参考・引用文献:発達障害の子どもを伸ばす 脳番地トレーニング
加藤俊徳著

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合
酒井 留美

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田  火災訓練

学校が始まって疲れた様子の子どもたちですが、療育で、目を輝かしながら様々な取り組みをしてくれている様子が見られ、安心感も出てきました。しかし、これから暑さが本格化していきます。体調管理や熱中症等の予防を取りながら、乗り越えていきましょう。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田では、火災訓練を実施しました。人の配置や場所、火災の大きさ等、様々な場合に備えられるように考え、訓練を行いました。冷静にかつ迅速に取り組めるようにするには、実際に行動をする事が一番です。訓練後も話し合いをする事で、一人ひとりの行動などの定着を図りました。
取り組みの様子を、玄関に掲示しますのでよろしければご覧になって下さい。

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田 堀

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ奈良  はじめまして  

はじめまして。
4月からリハビリ発達支援ルームUTキッズ奈良のメンバーになりました、保育士の鈴木 裕美です。よろしくお願いします。

少し、私の自己紹介をさせて頂きます。
好きなことは…
ネットショッピング。欲しい物があれば何でもポチッとしてしまいます。
料理をすること。何ヶ月かに1回無性に餃子を作りたくなります。最近ではゴールデンウィーク中に作り、ひたすら包んでお皿いっぱいに並べられた餃子を見て満足していました!
前職でも子ども達とクッキングをすることが好きだったので、今は新型コロナウイルスの影響でできませんが、落ち着いたら何か楽しいことを企画してみたいと思います。
これからお子様と楽しく遊びながら“楽しい!”“できた!”“またやってみたい!”と思えるような療育をしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ奈良 鈴木

 

集団療育はじめました!

こんにちは、リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田の齊藤です。

奈良県では緊急事態宣言が解除され、少しずつ日常が戻りつつありますが、第2波も懸念されており心配な日々が続いています。

梅雨入りし、蒸し暑さも感じられるようになってきたので、感染対策と併せて室温管理や水分補給にも留意しながら療育を行なっていきたいと思います。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田で4月からスタートした小集団療育(デイコ)でも、自粛の関係でなかなか全員揃っての療育がかなわない日が続いていましたが、6月に入り全員出席での療育をスタートすることができました。

子どもたちの笑顔や一生懸命な表情、一つ一つのかわいらしい仕草に癒されながら、指導員も一緒になってたくさん身体を動かし、汗を流しながら療育を盛り上げています!

そしてこちらはクラスの応援団たちです☆

4月から始めた電車ごっこは、電車に見立てた段ボールに応援団と荷物(水入りペットボトル)を乗せて運びます。

子どもたちにとってはとても重い荷物ですが、応援団がいることで楽しみながら取り組むことができ、自然と体幹の訓練になっています。

初めはまったく押せなかった子が、今では電車を用意すると一番に取りに行き、合計4リットルの重さを張り切って押す姿も見られるようになりました!

おうちでも家具を押して運んでいるそうです(*^^*)継続は力なり!!

 

初めての活動でうまく遊びに入っていけなかったり、時には好きなおもちゃをお友達と取り合う姿も見られますが、集団だからこそ生まれる感情と場面を大切にし、心と身体の発達が促せるよう支援していきたいと思います。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 齊藤

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus  畝傍山に登ってきました~!!!

平素は感染症予防へのご理解・ご協力をいただきありがとうございます。
こんにちは!リハビリ発達支援ルームUTキッズplusの松岡です!

今月より集団療育の一環で近隣の橿原公苑陸上競技場を利用させて頂いたり、畝傍山を登ったりすることができるようになりました。そのため、まずは指導員総出で畝傍山の下見へ行って参りました!

行きは険しいコースで登ります!

アスレチックみたいで楽しい~と思っていたのも束の間。結構な急勾配( ;∀;)
木の根や岩を踏み外さないようにしっかりと慎重に登ります!
 
途中で休憩!しっかりと水分補給し、いざ頂上へ!!

到着~!!
三角点には先に到着していたナナフシの赤ちゃんが待っていてくれました。

帰りは緩やかコースで帰ります。下り坂は登りよりも踏ん張る力がいるので注意が必要でした(◎_◎;)体幹やバランス力を養うためにも山登りはとても良いです!慎重に進むためにつま先に力を入れるので踏ん張る力もついてきます。景色もよくて気持ちいい~☆
怪我のないように、しっかりと指導員一丸となって療育に臨みたいと思います!

そして 番外編 ☆彡
日頃の感染症予防へのご協力に本当に感謝申し上げます。リハビリ発達支援ルームUTキッズplusではコロナ感染症予防の一環としてソーシャルディスタンス等を含めたポスターを貼りださせて頂いております。指導員がそれぞれの役を熱演しておりますので、ぜひご覧ください。不安も多いと思いますが楽しく療育に参加していただけるように、指導員も全力で支援させて頂きたい限りです。気になることがあればいつでもお声掛け下さい。
よろしくお願い致します。

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus 松岡

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝 風船島を紹介します!

日中暑くなってきましたが、体調お変わりないでしょうか?
今日は、おうちで遊べる風船島の紹介をしたいと思います。

 

 

これが風船島です。布団圧縮袋に風船を入れて作ります。
こんな風に寝てみたり

 

 

こんな風に立ってみたり

 

 

こんな風に四つ這いになったり

 

 

そして…
こんな事や

 

 

こんな事や

 

 

こんな事もできます(^^)/

 

 

不安定な場所で姿勢を保つ為には、バランスをとる力が必要となります。お腹や背中の筋肉を保てるようになり身体の軸がしっかり育つとバランス機能もUPします。又、重さがかかると風船がへこむので、どれだけ力がかかっているか感じやすく、力加減に気づき調節しやすくなります。姿勢を崩さないように慎重に動いたりする事で身体を上手く動かす力も育めます。風船に挟まれる感覚も試してみてください(^^)/ リラックスできますよ☆
ぜひおうちで楽しんで下さい(^^)/

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝 阪谷

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本 早寝早起き

こんにちは、リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本の泉です。学校が長期の休みとなり、生活リズムが崩れてしまっているのではないでしょうか。6月から学校が始まった今、早寝早起きについてお話しようと思います。

早寝早起きはなぜいいの?
・体内時計が整う
人には体内時計があり、朝太陽の光を浴びることにより整えられると言われています。また、セロトニンという神経伝達物質が分泌され、気持ち穏やかになり、脳を活性化する効果もあります。

・成長ホルモンの分泌
成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。成長ホルモンは体の成長を促すだけでなく、
免疫力を高める効果、入眠を促す効果もあります。深い睡眠時にたくさん分泌されるので、早寝早起きをして安定した睡眠を行うことが大切です。

早起きをすると時間に余裕ができ、ゆっくりと朝ご飯を食べる事ができます。なのですぐに早寝早起きを実践するのは大変な事だと思いますが、10分、15分と少しずつ寝る時間を早めたり、身体を慣らして早寝早起きを心がけてみて下さい。朝ご飯を食べて、しっかりと脳・身体にエネルギー補給をして、新型コロナに負けない身体を作り、お友だちと一緒に学校での活動を楽しみましょう☆

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本 泉

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合 今年も元気にすくすくと・・・

温度と湿度が上がり汗ばむ季節となってきましたね。私は、暑さで汗拭きタオルが手放せない毎日を送っています。今年は新型コロナウイルスの影響によりマスクをつけて夏を過ごさなくてはいけませんね。こまめに水分補給をして健康管理にも注意し、熱中症対策をして夏を元気に乗り切りましょう!!

 

さて、UTキッズ河合では、昭和塾(小集団のSST)の子どもたちが今年も夏野菜を育てています。

クラス別に「何を育てるのか?」を話し合いで決めて、とうもろこし・きゅうり・ゴーヤになりました!

 

 

 

野菜には支柱やネットをし、子どもたちが水やりや追肥、草ひきをしてくれることで、野菜は日々すくすくと大きくなっています。
みんなで大きく育てていく楽しさや、水やりや追肥・雑草引きなどの野菜作りの大変さも感じてもらい、「友達と協力していく」の気持ちも育んでいきたいと思います。

 

追伸、昨年はカラスさんたちも野菜を食べに来ていたので、今年は鉄壁のガードをしてみんなで収穫出来る日まで見守っていきます!(畑の番人より…?)

 

 

 

リハビリ発達支援ルーム UTキッズ河合 大山

 

 

« 前のページへ