記事一覧

■UTキッズ

「感触遊び」  リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

寒暖の差が激しい日が続く毎日ですが、皆さんいかがお過ごしですか?

 

 

先日、UTキッズ田原本では「感触遊び」のイベントを開催しました。

「ぷにぷにすくい」「スライム作り」「とうふ白玉団子作り」のコーナーを楽しみました。

感触がちょっと苦手な子どももみんなが楽しそうにしている姿を見て少し触ってみたり、気分転換にサラサラのカーテンや冷たい床があるトンネルに入ってみたり。

 

 

そして最後にみんなでした「新聞遊び」は大盛り上がりでした。

新聞の中に埋もれたり、新聞の掛け合いをしたり、大人も子供も大はしゃぎ!!

みんな、素敵な笑顔でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

木谷

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合「オンリーワンのパン作り」

桜もそろそろ新緑に色づき、温かい日差しが降り注ぐ中、自然に触れ合う機会が増えるこの季節ですね。

皆さんの週末はどんな楽しい計画を立てておられるでしょうか?

 

 

UTキッズ河合では、事業所内でのイベントや外出イベントも行っている中、先月末に橿原にあるパン工房グッドモーニング坊城様にて、親子でパン作りのイベントを開催させて頂きました。

 

 

今回は、

①最後まで話を聞く

②わからないことがあれば手を挙げて聞く

③勝手にお店の物は触らない

をお約束として、10組のお友達とお母さんと体験をさせていただきました。

 

 

 

 

穏やかな時間を感じることが出来るアットホームなとても居心地の良いお店でした。

 

 

参加したお友達は、UTキッズ河合でのクッキングイベントにも参加してくれている子が多かったこともあり、自分でエプロンやマスクなどの身支度をすぐに始め、早く始めたい気持ちとどんな体験が出来るのかとワクワクして待つ様子がありました。

 

 

 

 

先生から突然の紹介で飛び入り参加のタイのお友達を交えてのクッキングがスタート!

みんな真剣にオーナーの言葉に耳を傾け、行程を進めて行きます。

 

 

 

 

 

感触を確かめながら何度も生地を触る子や手で生地を伸ばすのに悪戦苦闘する子などありましたが、みんなそれぞれの“オンリー パン”(笑)が形となって出来てきました。

「焼きあがる様子を観察。…ちょっと小休止っと…」

 

 

 

 

パンの焼きあがったいい匂いを感じながら、行程も大詰めです。

チョコペンを使ってのデコレーション。

「好きなことを書いていってね」と聞き、

「いつもは食べ物で遊ぶと怒られちゃうけど、今日はいいんやんな?」とお母さんに確認をとりながらも大胆に描く様子も見られました。

 

 

 

 

 

持ち帰れるように長いひもをつけたビニールに収めると・・・

メダルパンの完成です。

 

 

個性をみんなそれぞれ活かして、一生懸命に作れたことを親子で喜ぶ場面や指導頂いた吉田オーナーにも「みんな静かに、説明を聞いてくれてとっても賢かったです」とお褒めの言葉も頂戴し、楽しいイベントとなりました。

貴重な体験を通して、「自分で出来た!」という達成感を持ち、新しいことにこれからもどんどんと経験を積んでいってもらいたいと思います。

 

 

改めまして、ご参加いただきました皆様とイベントにご協力いただきましたグッドモーニング坊城の皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合

大山

〒636-0061   奈良県河合町大字山坊463-1

TEL:0745-58-2099  FAX:0745-49-0482

リハビリ発達支援ルーム UTキッズ香芝 “やる気スイッチ ON !”

桜の花も満開に近づき、早いもので明日から4月になり、UTキッズ香芝は、3年目を迎えます。

1年ってなんと早いんだろうと感じる時期ですね。

 

 

先日、春休み前の3月21日春分の日に、小学生の子ども達のイベントを開催しました。

JR香芝駅に集合し、電車に乗ってバスに乗って…。しき山上「のどか村」へ遊びに行きました。

 

 

 

 

電車に乗って行くイベントは今回で2度目です。

1回目は、電車の切符を買う事や改札出入りが初めての子ども達でしたが、今回2回目となると、慣れたもので、初めて参加するお友達に教えてあげる様子があり、子どもたちの成長を感じることが出来ました。

しかし…イベントでバスに乗ることは初めて…。

「なんでお金も払ってないのに切符が出てくるの?」と不思議顔。

降りる時にお金を払う事で、納得した様子でした。

のどか村に到着し、アスレチック前にシートをひくと、待ち構えていたかのように、リュックサックと上着を脱ぎ棄て、早速遊具に挑戦し出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨上がりでもあることから、足場は滑るしお尻や膝は泥だらけになりながらも、気にする様子もなく、いつもの療育室以上にダイナミックに遊びます。

お昼ご飯は、持ってきたお小遣いで自分の好きなものを買いました。

全て自分で選んでお金を支払う事を体験してもらいました。

たくさん身体を動かした後にみんなで食べるお昼ご飯は最高に嬉しかったようで、楽しくおしゃべりしながらの昼食でした。

 

 

 

 

あっという間に帰る時間になり、またまたバスに乗り電車に乗り、香芝駅まで無事に帰りつきました。

どの子ども達も疲れた表情もなく、活き活きとした表情で、「また、行きたい!」と元気な笑顔で伝えてくれていました。

 

 

 

 

いつもリハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝の療育や活動にご協力いただきまして、ありがとうございます。

この1年間も、子ども達と一緒に笑ったり悩んだり考えたりとそれぞれの子ども達と一緒にそれぞれの時間を共有したくさんの療育物語が出来上がりました。

子どもたちの成長をご家族の方と一緒に感じさせていただけること、本当に嬉しく思います。

 

 

日々感じる事は、子どもたちの力は、「無限大」と子どもたちに教えられます。

子どもたちの、「やる気スイッチ」が入った時の、真剣な目と集中力。

その姿を誰よりも近くで見て感じさせてもらえた1年間でした。

本当にありがとうございました。

 

 

来年度も、子どもたちと一緒に香芝スタッフ一同たくさんの楽しい事を経験しながら成長を見守らせて頂けたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝

坊薗

〒636-0236   奈良県香芝市磯壁6丁目462-14

TEL:0745-71-3400  FAX:0745-71-3401

ペアトレをいかしてみよう!!

《思春期を乗り切るには⁇》

 

 

こんにちは。作業療法士の酒井です。

 

 

今回は、脳に関することを学ぶ前に思春期に関して考えていこうと思います。

発達障害のあるお子さんも、そうでないお子さんもおとずれる思春期。

その時期の 心の変化や対応 を考えたいと思います。

 

 

今まで紹介してきたペアトレの方法で

お子さんとの関係が少しずつ円滑になって来たでしょうか?

 

 

お互いの関係性が落ち着いてくると 子どもは自然に

親に甘え 親を頼るようになると思います。

 

 

親はその子どもの甘えを上手くくみ取って 満たす方法が ペアトレで

身に付いたと思います。

 

 

そのような関係が続く中、

子どもの大人への反抗心は順調に発達してくる場合も。

 

 

反抗しても甘えたい!

でも見た目も大きく成長してきて甘えることに抵抗がある!

でも親には頼りたい・・・

 

 

そんな子どもの心に気付かず

叱ってしまう日々に戻る・・・

 

 

そんな時こそ 今まで学んできたことを思い出しましょう!!

 

 

思春期の 何とも言えないもやもやは 子どもを不安にさせます。

不安を追い払ってもらいたくて 口実を作って 親の近くに寄ることで

幼児的な甘えを満たします。

しかし、年齢に合わせたプライドを保つために

親なんかいらない! うっとうしい!

といった態度をとります。

 

 

そういった微妙な心の葛藤に寄り添い、ほめる

そのことが、親も子もお互いに良い距離感を保って関わっていけるのではないでしょうか。

 

 

幼い子どもに対するペアトレと違って

分析する行動も難しくなると思います。

 

 

しかし一歩引いて子どもの様子を観察し、

気になる行動を観察し続け、分析することで、

子どもの心に歩み寄れるのではないかと思います。

そして1つずつ、解決策も見つかってくると思います。

 

 

子どもは褒められることで

「自分は親に受け入れられている」

と感じます。

 

 

見守ってくれる親や、自分の良い行動を認めてくれる大人がいる、と分かってくると

親が目の前にいなくても

葛藤に立ち向かい、少々の困難にぶつかっても頑張ろうとします

 

 

頑張っている自分を褒めてくれる

↓   ↓   ↓

「自分は存在する価値ある人間なんだ」

「自分は存在を認められているんだ」

と自信を持ち

自分自身の行動を どんどん高める方向に持っていこうとします

 

 

この経験が 思春期には とても大切と思います。

 

 

そしてこの 『自尊心の形成』 こそが

自己を高め

周囲への安心感が持てる

そのことに結びつくと思います。

 

 

年齢も上がってくると

学習面でも注意することが多くなり

ついつい周りの子どもと比べてしまう機会も増えていくと思います

 

 

しかし、発達障害のある子どもは

周りと比べて 時間を要します

 

 

そのことを忘れず

子どもの行動をじっくり観察し、 見守り

子どもの持つ力、 能力を信じてあげてください

 

 

思春期こそ

より良い親子関係の形成が大事となってきます。

 

 

つらい時期ですが

見守り、乗り切っていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合
酒井 留美
〒636-0061 奈良県河合町大字山坊463-1
TEL:0745-58-2099  FAX:0745-49-0482

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus ラントレ山登りイベント 

昨年末の12/26に耳成山、2/10に畝傍山にラントレで山登りへ行ってきました。

 

 

〈耳成山〉

とても寒い日で小雨も降っていましたが、子どもたちは元気に登山開始!

ポイントカードを持ってシールラリーをしながら進んでいきました。

「道がでこぼこしてるなあ」「こんなんへっちゃらやで」など話をしながら登ります。

 

 

 

 

中間地点に神社があり、みんなで参拝をしました。

 

 

 

 

 

 

神社でお参りした子どもたち。

「頂上まで行けますように」「こけませんように」「いいことありますように」などそれぞれの思いを言葉に出してお参りしていました。

 

 

神社を後にして頂上を目指しました。

最後の急な坂道では足を踏ん張って登り、頂上に着いた時はほっとした表情の子どもたちでした。

 

 

 

 

帰り道は歌を歌ったり、クイズを探したり楽しみながら下山しました。

とても寒い日でしたが山を登ると体も心もポカポカに❤❤❤

シールを全部集めて、最後にご褒美をもらい笑顔で終わることができました。

 

 

 

 

 

 

〈畝傍山〉

2/10(日)に第二回の登山「畝傍山」へ行きました。

数名の保護者の方も参加してくださり、大人数で頂上を目指しました。

 

 

 

 

畝傍山へ登山口は2か所あり、今回は橿原神宮の北側の参道から入りました。

(もう一つは西側の畝火山口神社から登る事ができます)

また険しい登り口から出発!!

(険しい道となだらかな道があり子どもたちは険しい道を選択!)

 

 

 

 

大和三山(耳成山139m 畝傍山199m 香久山152m)の中で一番高く、前回の耳成山よりハードだったため、途中「足が痛い・・・」「めっちゃ急やな!」と言葉はありましたが急な山道をしっかりと歩いて頂上までたどり着くことができました。

 

 

 

 

登頂記念でハイチーズ✌!!!

 

 

その後宝探しゲームをしたよ。

宝のカードを見つけた人から「お菓子を持っている、迷彩ズボンを履いた男の人を探せ~!」

「え?だれだれ??」と慌てる子どもたち。

 

 

 

 

ラントレの子どもたちの応援に、以前UTキッズplusにいた福西先生が駆けつけてくれました♪

 

 

帰り道はなだらかな道をゆっくり下山しました。

 

 

 

 

他の登山している方とすれ違う時は「おはようございます」と声を掛けたり、道の端に寄ったりする姿も見られました。

木々の隙間から街並みが見えて「アルル見える~」「ニトリもあるな」「ここめっちゃ高いな」

と驚きがありました。

 

 

 

 

登る前は不安な表情もありましたが、友達と一緒に登ったという達成感を感じ、「めちゃ疲れたわ~」と言いながらもとてもいい表情をしていました。

一緒に参加して下さった保護者の方、どうもありがとうございました!

 

今年度のラントレも残りわずかとなりましたが、子どもたちと楽しんでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus

福島

〒634-0062   奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-2066  FAX:0744-20-3354

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus 🎶親子で楽しく感覚&ミュージックイベント🎶

1月28日にUTキッズplusでは児童対象の親子参加型のイベントを行いました。

 

 

まず、小麦粉粘土で触覚遊びをしました♪

触覚遊びは、安心感や情緒の安定。

覚醒(脳の目覚めの状態)を調整。

形や大きさの理解。

手先の器用さ。

ボディーイメージ作りなどにつながります!

 

 

 

 

 

触覚遊びをした後は、パパ・ママと一緒にふれあい遊び!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぱい動いた後はミュージックタイム♬

音楽に合わせてふれあい遊びをしました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はバルーンを楽しんで親子イベント修了。

とっても楽しい時間になりました(*^▽^*)

ご参加頂いた皆さま、お忙しい中ありがとうございました!

親子でふれあうことで、子どもたちは安心しその中で自分の体や相手への興味につながっていきます。

今回はお家でもできる遊びを中心にご紹介させていただいたので、ぜひお家でもあそんでみてください♪

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus

芳本

〒634-0062   奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-2066  FAX:0744-20-3354

☆親子で完走☆

1月13日開催の『桜井新春マラソン』に向けて、ラントレでは12月から橿原競技場の中や外周を走って練習してきました。

 

 

 

ラントレで長距離を走る機会が少なかったため、最初は見通しを付けるのが難しくスタートから全力疾走‼

また、お友達より早く走りたい!

1番がいい!

思いもあり頑張って走りますが、途中でばててしまうこともありました。

しかし、繰り返し走るにつれ『最初から全力で走ると最後まで走れない』と気づき、調整できるようになりました。

そして本番当日!

今回はファミリーコースに親子でエントリーし、1.7㎞に挑戦!

 

 

 

 

 

 

はぐれない様にペアで紐を持ち…

 

 

 

 

はじめて走る場所で、113人も参加者がいる中自分たちの持っている力を発揮しました!

大人は子どものスピードについて行くのが必至です‼

いつも子どもたちだけで走っているので、親と一緒に走れたことはすごく良い体験になったと思います(*^^*)

 

 

 

 

今回、残念ながら体調不良で参加できないお友達もいました。

インフルエンザが流行ってきているので、体調に気を付けてくださいね。

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus

山内

〒634-0062   奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-2066  FAX:0744-20-3354

冬の感覚イベント(コーヒーとピザのクッキング)リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田

年末から新年にかけてお家でも色々な経験をされた事と思います。

UTキッズ三田でも冬の感覚イベントでクッキングを開催しましたのでその様子をお知らせします。

 

 

子ども達には手順が明確で、見通しが立ちやすいように工程表を用意しました。

 

 

 

 

 

この工程表を確認しながら作る為、作業もスムーズに進める事ができました。

①-こねる、②-のばす・・と手順を声読み上げながら作ります。

 

まずは粉に分量の水と油を入れて力強くしっかりこねます。

色、におい、触感などのたくさんの感覚を感じながら

「おいしくなーれ!おいしくなーれ!」と魔法の呪文を唱えます。

 

 

 

 

こねた後は薄く丸く伸ばします。

これが意外と難しい!力任せにたたくだけでは伸びません。

どうずれば薄くのびる?・・・色々試して考えながらつくります。

 

 

 

 

片方の手でしっかり具材を抑え、利き手で力の調整しながら包丁を使って小さく切ります。

難しい左右バラバラな動きもクッキングだったら楽しく取り組めます。

 

 

 

 

切った具材をまんべんなくのせます。

綺麗に並べる子、大胆に並べる子・・彩とりどりの個性が出て楽しいですね。

 

 

 

 

お父さん、お母さんの為にコーヒーを豆から挽いて美味しいコーヒーを入れます。

「ゴリゴリ」と豆がひかれる感触を感じながら力を入れて回します。

あんなに硬かった豆がみんなのパワーで良い香りの粉になりました。

 

 

 

 

焼きあがったピザと子どもたちの入れてくれたコーヒーを頂きます。

自分の力と心を込めて作ったピザは格別だったのではないでしょうか。

子どもたちの入れてくれたコーヒーも嬉しいですね。

 

 

 

 

クッキングは・・

道具の使い方を知り、手指の操作性を養います。

”できた”という満足感、達成感を重ね、自信をつけるにも最適です。

調理工程を通して順序性、計画性を知る事ができます。

また”つくる”、”手伝う”おもしろさ、表現する喜びを知る事にもつながり

アイディアなど発想力を養います。

ご家庭でも是非クッキングをお子様と楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田

宮本

669-1535 兵庫県三田市南が丘1-54-27

TEL:079-559-6599  FAX:079-559-6598

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合  UTワーク「カレンダー」

今月、26日に第2回UTワーク「カレンダー作り」を開催します。

ねらいは、指先の巧緻性と創造性です。

作り方の紙を見ながら、どのように飾りを考えて自分のカレンダーを作り上げるのか?

 

 

作り方です。

コルクボードを使って自分のオリジナルカレンダーを作ります。

最初の難しい所がコルクボードの周りにマスキングテープを貼る事です。

周りの細い枠にどうやって貼るのかな?テープはいろんな柄、色、キラキラ、、、など、取り揃えました。

1つの柄でするのか?いろいろ組み合わせるのか?

 

 

次は、コルクボードの真ん中にはカレンダーを付けるので、その周りを飾ります。

飾りはスパンコールやボンボン、貝殻、リボン、そして、おもしろアイテムも用意しています。

材料をどのように組み合わせて、どんな素敵な飾りが出来るかな?

 

 

当日は、試行錯誤しながら作る子、どんどん作り進める子など様々な姿があると思います。

しかしそうして出来上がるカレンダーはどれも素敵なものになると思います。

今からどんなカレンダーが出来上がるのかな?とスタッフも楽しみにしています。

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合

山下

〒636-0061   奈良県河合町大字山坊463-1

TEL:0745-58-2099  FAX:0745-49-0482

2019/1/9  SSTUTブログ
お正月遊び

新年 明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

新しい年が始まり、気持ちも一新、今年も頑張るぞ!と意気込んでいます。

 

 

今回のぷちSSTは「お正月遊び」をしました。

トランプ,かるた、双六、福笑い、羽根つき、凧あげ‥等いろいろありますが、

「双六」と「福笑い」をしました。

 

 

「双六」は平均台や飛び石、巧技台などを使ったサーキットのコースで自分自身がコマとなって動き、サイコロで止まったところの指示に従います。

例えば、「みんなで 握手をして みんな 1マスずつ 進む」「すきな テレビは?」などがあります。

おもしろいかったのが「朝起きてすること」に対して「二度寝する」の答えに思わず笑ってしまいました。

「今年頑張りたいこと」に対してはみんなやる気満々の答えが返ってきてすごくうれしかったです。

 

 

「福笑い」では、伝える人と目隠しして配置する人に分かれ挑戦しました。なかなか伝わらないときもあったけれどみんな諦めず最後まで頑張りました。

 

 

 

 

 

 

今年も皆さんにとって素晴らしい年となりますように。

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

木谷

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

 

« 前のページへ