記事一覧

■イベント

夏の触覚遊び開催! リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田

皆さんこんにちは。

 

長く更新を止めていましたが、

また更新頻度を多くしていくのでぜひご期待ください。

 

更新再開1回目は…

8/8から始まった夏の感触遊びです。!

 

 

 

普段の療育では提案出来ないような、様々な感触に触れられる機会を作りました。

小麦粉粘土⇒寒天遊び⇒ボディーペインティング

の順に、サラサラからドロドロ~っと気持ち悪くなってきます。

触れることに敏感なお子さんには特に、このスモールステップを踏んだ触れ方が

敏感さを整えるのによいとされています。

 

 

嫌いな感触の物は無理に触らせようとするのではなく、興味をひくような工夫(誰かが楽しそうに触っているのを見せる等)感覚の違いの識別に意識を向ける(中に好きなキャラクターが入っていて取り出したくなる等)をして、「自分から触る」ことが重要です。

最初は一瞬触るだけでも大丈夫。ここで、「これができたんだから次は・・・」と欲張るとプレッシャーになってしまうので逆効果です。触ることができた時には「頑張ったね」と気持ちを認める関わりをしてあげてください。

たくさん触れたい子はこの機会にどんどん触れまくっちゃってください。

 

お母さんやご兄弟さんにも参加していただけます。(材料費¥100/1回はかかっちゃいますが(;^_^A

ご兄弟さんも夏休みで、一緒に来所されることも多い期間だと思うので

一緒に遊んですごしてみませんか?

 

 

ちなみに…

「触れる」という感覚は人にとって、とても大事な感覚です。

 

〇危険を識別する

・チクッ!「危ない!」ドロドロ「気持ち悪~い」

〇安心を得る。情緒を安定させる

・ふわふわ「ほっとする~」

〇形を認識する

・ポケットの中のお金、穴があってヘリがザラザラ「50円か」

〇手先の器用さを育てる

・手袋をしながら靴紐を結ぶのは難しいのは、触覚が鈍感になっているせいですね。

〇身体図式(体の大きさのイメージ)を育てる

・「(服を被ったとき)手の穴はどこかな」「狭いけど入れるかな」「あそこに手は届くかな」

 

普段意識することは少ないですが、陰ながら、生きているうえで便利な判断や動きを助けてくれているんですね。

 

短い期間ですが、この機会に触覚を育てましょう!

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田

岩城

669-1535 兵庫県三田市南が丘1-54-27

TEL:079-559-6599  FAX:079-559-6598

 

 

 

 

UTキッズplus夏休みイベント 『貯金箱』を作りました!

普段体を動かしに来る場所で、工作をすることに戸惑う子どもさんもいましたが、お友達と一緒に取り組むことで、それぞれが思い思いのデザインを考え作れました(o^―^o)

ハサミやいろんなテープを使用してデザインする事で、『こんなこともできるんだ』『面白いデザインだな』など普段の療育とは違う発見がありました!

 

 

 

 

 

 

また、「これを書きたいけど、どうしたいいの?」と自分の思いを言葉にして伝えてくれる場面もあり、みんな良いとこ沢山あるな♪と改めて気づく楽しい1日でした!

夏休み明けに学校に持って行くのを楽しみにしてくれている子どもさんも多くてうれしかったです。

 

 

 

 

 

夏休み!は嬉しいけど『宿題』はとっかかりにくい子どもさんは多いですよね・・・。

やらないとダメなのはわかっているけど、宿題に追われる8月末を過ごすことに・・・。なんてお困りの子どもさんはいませんか?

 

 

私も宿題に追われる夏休みを過ごしてきた子供の1人でした(笑)

“ベネッセ教育情報サイトに『小学生の宿題を早く終わらせる方法7選!』という記事が

ありました!

 

 

宿題の全体像を視覚化する方法や勉強する場所などヒントがのっていたので、よければ参考にしてみて下さい!

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus

山内

〒634-0062   奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-2066  FAX:0744-20-3354

 

UTキッズキャンプ

夏が本格的に始まるような、蒸し暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。こんにちは。UTキッズ香芝の酒井優香です。
今回7月15日~16日、計26人の児童と指導員でUTキッズ合同イベントの一つである曾爾キャンプに参加しました。簡単にですが、今回このブログで内容をご紹介いたします。

 

 

① 出発
橿原にある競技場の近くから、計13名の児童と、職員数名がバスに乗りました。これから始まるキャンプに対し不安や緊張もあるのか、少し強張った表情でバスに乗り込んでいく子どもたち、それを温かく見つめる保護者の方の様子が印象強く残っています。キャンプ場に到着してからは、バスの中でのレクリエーションのおかげもあり、少し和らいだ笑顔が見られました。

 

 

② 入所式
荷物整理を終わらせた後広場に向かい、皆で似顔絵を描いて作ったUTキッズの旗を曾爾に掲げました。協力しながらゆっくり旗を上げていくのはなかなか難しいのですが、無事上げることができました。

 

 

③ アスレチック
班ごとに割り振られたカードに沿って、アスレチックを実施しました。難しいアスレチックに対し、果敢に挑んでいく子どもたちの姿に職員一同驚きを隠せませんでした。普段療育で、遊具などに対して諦めやすい児童が、他の児童の様子を見て諦めず挑戦していき、成功した際「帰ってからお母さんに言う!」と嬉しそうな表情で話してくれたことが、私にとって一番の思い出です。

 

 

 

④ カレー作り、スイカ割り
お昼ご飯を食べた後、飯盒炊爨でカレー作りを行いました。まずカレー作りを紹介します。まき割り・米・野菜を切る班に分かれて実施しました。どの班も一生懸命行い、また自分の班だけでなく他の班も手伝う様子も見られ、互いに助け合いながら行っている様子にチームワークを感じられました。みんなで作ったカレーは一層美味しく感じるのか、嬉しそうな表情で何回もお替りして食べる子もいました。その後行ったスイカ割りでは、目隠しした子に対してスイカの位置を教えようと前後左右を言い合いました。最初声が揃わない様子も何回か見られたのですが、最後は一つにまとまり、上手に伝える事が出来ていたと思います。

 

 

⑤ キャンプファイヤー
キャンプファイヤーでは燃え上がる火を囲み、皆で歌・ゲームを実施しました。キッズplusの子どもたちが考えてきてくれたクイズでは、回答者に当たっている子たちの一生懸命考えている様子、当たった時の嬉しそうな表情、また出題者に当たっている子どもたちの、落ち着いて問題を出題する、安心感を与える様子が印象的でした。終了間際にみんなで歌った歌は感動的で、忘れられない思い出の一つになりました。

 

 

 

⑥ チャレンジランキング
2日目に実施したチャレンジランキングは缶積み、豆つまみ、傘バランス、洗面器お手玉を実施しました。ゲームにチャレンジし、自分の思っているような結果が出なかった時には悔しそうな表情を見せながらも「もっかいやる!」と何回も挑戦することができました。上手くいかない子に対し、アドバイスをしている様子等も見られ、楽しく、力を合わせてゲームを行えました。

 

 

 

終わりに
いつも療育室で見ていた姿とはまた違う、一生懸命何かに取り組む姿勢や協力して一つの事を成し遂げようとする様子に何度も感動しました。キャンプでしか体験できないような非日常的な生活も、人生の中で重要な経験として今後に生きていくのではないかと感じます。また私自身もキャンプの子どもたちの様子を見て、とても勇気や元気をもらいました。UTキッズに来てくれているみんなは、誰かに影響を与えるようなそんな素敵な人たちなんだと今回のキャンプで改めて感じる事が出来ました。参加してくださった皆さん、子どもの参加を促してくださった保護者様、私の参加を促してくださったUTの先生方、キャンプ場の方、全ての人に感謝しています。ありがとうございました。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝
酒井 優香
〒636-0236 奈良県香芝市磯壁6丁目462-14
TEL:0745-71-3400  FAX:0745-71-3401

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝 『どろんこイベントin高取町』

7月に入ってから、連日連夜かなり暑い日が続き早くも夏真っ最中になりましたね。水分補給や塩分補給・体調管理に充分気を配り、この夏を乗り切りたいと思います。

 

そして…・今年も行います!!

UTキッズ香芝 夏の大イベント『どろんこ遊びin高取町』(8月4日土曜日)開催です。

 

 

 

普段体験できない田んぼの中に入って、泥の感触を充分体感してもらいます。昨年参加してくれた子どもたちや今年初参加の子どもたち、暑さに負けずドロドロになって思いっきり遊びたいと思います。また、今年は保護者の方の希望もあり家族参加型で行います。

 

 

この夏一番の想い出になるよう、スタッフ一同楽しみにしながら準備に取り掛かっています。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝

坊薗

〒636-0236 奈良県香芝市磯壁6丁目462-14

TEL:0745-71-3400  FAX:0745-71-3401

 

UTクッキング(カルピスヨーグルトパフェ編)

6月のUTクッキングは、カルピスヨーグルトパフェを作りました。
「順番を守って自分で計量器を使って計って入れる。」をねらいとして一人ずつ作っていきます。2回目ということもあり、参加する子供たちはホワイトボードに書いていることを確認しながらエプロンを付けたり、手を洗ったりする事前準備をしていました。

 

いよいよ作り方の説明を聞いてスタート!

 

 

透明のプラコップにいちごジャム、コーンフレーク、カルピスを混ぜたヨーグルトを層になるように順番に入れます。
机には入れる分量が書いた紙がおいてあり、計りながら入れていきます。
スプーンに少量ずつすくって慎重に少しずつ少しずつ入れる子や、ダイナミックにすくって入れて後で調整する子、「ぴったりのグラムに合わせたい」と何度も調整する子など様々な姿が見られました。
「いちごジャム好きやからもうちょっと入れたい。」「ヨーグルトいっぱいがいい。」など言葉にしながらもグラムは守ってくれました。

 

 

お楽しみの試食タイム!!あちらこちらから「おいしい!もうおかわりしたい。」の声が聞こえ、とても綺麗に食べていましたよ。
次回は、「かき氷とうどんきなこ団子」です。うどんが団子に変身?どんな味かな?私たちスタッフも楽しみにしています。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合
山下
〒636-0061 奈良県河合町大字山坊463-1
TEL:0745-58-2099  FAX:0745-49-0482

耳成山へ行ってきました。

このたび西日本を襲った記録的な豪雨により被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興と平穏な日々が送れますようお祈りいたします。

 

先日、plusのラントレで8/4に行われるイベントの下見で耳成山へ行ってきました。橿原で暮らしているにもかかわらず、耳成山へ足を踏み入れた事がなく、私自身ドキドキワクワ!帽子をかぶって、水筒もって、虫除けも持って山登りスタイルでやる気満々でレッツゴー!

耳成山公園に到着し、池の中を覗くと大きなオタマジャクシがたくさん気持ちよさそうに泳いでいました。

 

耳成山の入口から、まずは神社を目指し、今日の下見とラントレでのイベントが楽しく無事に行えますようにと神様にお参りをしに行きました。イベント当日も子どもたちと行く予定にしています!

 

 

 

 

神社に募集の張り紙がありました。

1時間程度の奉仕作業(主に掃除だそうです)で若干の奉仕料が頂けるとの事です。夏休み、お子様と一緒にいかがでしょうか?

お問い合わせ先:090-2194-7078 上田様

 

 

頂上に到着し記念写真!!

 

 

 

 

下りは行きとは違う道を探索しながらてくてく歩き、色々な場所を発見できました。

初心者の山登りにはちょうど良く、木々からの木漏れ日や落ち葉を踏む感触など、1時間程度の活動でしたが大人も楽しむ事が出来ました。

 

8/4の山登りイベントが楽しい一日となりますように・・・☆

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus

福島

〒634-0062   奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-2066  FAX:0744-20-3354

UTキッズ河合 UTクッキング(カップケーキ編)

UTキッズ河合では、第5週目のある月を利用してクッキングのイベントを行います。

 

平成30年度は計10回を予定です。

5月は29日と30日にカップケーキを作りました。
キッズ河合がオープンして初めてのイベントということで、スタッフもうまくできるか

ドキドキです。

身支度をすませ、作り方をみんなで聞きます。

 

 

 

ではクッキングスタート!
① 決まった分量を量る、②行程を守る などおいしく作る約束事が沢山あります。
慎重に、丁寧に、時にはダイナミックにと約束もしっかり守ってくれました。

 

 

 

 

1分半電子レンジでチンすると、甘いにおいと共にカップケーキが出来上がりました!
おいしくできあがったカップケーキにアイスクリームとフルーツをトッピングして、

みんなでいただきます!

 

 

 

クッキングの感想を聞きました。
「おいしかった」「またクッキングしたい」「おうちでも作ってみる」など嬉しい感想も

もらったので、次回のクッキングは「もっと楽しく」「もっとおいしく」をスタッフ目標にして「カルピスヨーグルトパフェ」企画しました。
イベントをするたびに感じますが、いつもの支援では見られない姿が見られることもある

のでイベントが大好きです。
次回は6月29日です。子どもたちの新たな発見を楽しみにご参加お待ちしています!

 

UTキッズ河合 南

 

春休みイベント…ソーセージ作り体験!!

UTキッズ香芝の春休みプチイベントとして、

3月24日ソーセージ作り体験教室を行いました。

 

ソーセージ作りの講師の先生として、磯城郡三宅町にある

社会福祉法人 ひまわりが運営されている製造&販売「手作りハム・ソーセージ プアン」

の5名スタッフの方々に教えていただきました。

 

ソーセージを食べるのは大好きだけど自分で作るの初めてという子どもたちが、

この日を楽しみに参加してくれました。

最初に初めて会うプアンのスタッフの方と

UTキッズの子どもたちが自己紹介をしました。

恥ずかしい中でも、みんな自分の名前を教えてくれていました。

次にプアンさんから、ソーセージの材料や作り方を教えてもらいました。

みんな興味津々で真剣な顔で聞いていました。

 

 

 

ソーセージの皮が羊(ひつじ)の腸(ちょう)(羊腸(ようちょう)っていうんやって…)

という事や、中のお肉は豚のお肉をミンチにしたものと教えてもらいました。

 

グループに分かれて、いよいよソーセージをつくりだすと、

初めて会う友だちにも優しく「ここ持っといて」や

「こーやってやるんやで」と教え合う姿に、

“子どもっていいなぁ~”と温かく感じました。

 

なが~いソーセージが出来上がった後、指先を使ってひねると…

「ソーセージやん!!」と笑顔で完成させていました。

 

 

最後は、お湯を沸かしたお鍋に入れてボイルしたら出来上がり…。

ボイルしながら待っている間に、プアンさんや子どもたち・

UTキッズのスタッフと円になり、しりとり遊びを楽しみました。

 

出来上がったアツアツのソーセージを何もつけずそのまま食べたり、

パンに挟んでレタスを入れてマヨネーズやケチャップをかけて美味しく頂きました。

 

 

やっぱり自分で作ったソーセージの味は「おいし~」の感想が多かったです。

UTキッズ香芝の療育室内で初めて行ったイベントでしたが、

子どもたちもプアンさんもUTスタッフも笑顔で楽しめたイベントになりました。

ご参加頂きましたおともだち、ありがとうございました。

これからもまた楽しいイベントを企画したいと思います。

ご参加よろしくお願い致します。

 

そして…

早いもので、UTキッズ香芝事業所がオープンして1年になります。

この1年皆様に温かく見守っていただきまして本当にありがとうございます。

これからも、香芝スタッフが一丸となり、

子どもたちの成長を保護者の方と一緒に願っていきたいと思います。

これからもよろしくお願い致します

 

 

UTキッズ香芝  坊薗

 

2017/11/10  UTブログイベント
ハロウィンイベント (パート2)

(ハッピーハロウィン!)

午後は放課後のお友だちが来てくれました!一緒に遊んだことのない友だちとのかかわりや指導員との会話やコミュニケーションを楽しんでいました。また同年代の友だちとのいい意味での競争心に火が付き、できなかったことに挑戦する姿や互いに励まし教えあう姿に私たち指導員もにっこり(^v^)とてもうれしい気持ちになりました。

 

サーキット内容

こんなところが強くなるよ!を紹介します( ^^) _

① マットおし

(感覚を満たす、力を入れてふんばる)

② ツムツムボールはこび 後半は跳び箱

(集中、バランス)   (ふんばる、次の動きを予測する)

③ ボルダリング&ピタゴラ装置ふう

(感覚を満たす、次の動きを予測する)

④ 網くぐり

(自分のからだの大きさを知る)

⑤ 一本橋

(バランス)

⑥ クモの巣通り抜け

(自分のからだの大きさを知る)

⑦ トランポリンで大ジャンプしてツムツムボールを籠に入れる

(ふんばる、バランス、狙いを定める)

※②~⑦までツムツムボールを持って移動します。

 

[おうちでもできる感覚統合紹介!]

 

〇感覚を満たす・・・粘土、、大人のからだを登ろう&逆上がり、足ふみ鬼ごっこ

(お手伝いバージョン ハンバーグをこねる)

〇自分のからだの大きさを知る・・・ゴム紐輪っかくぐり、洗濯ばさみではさみ競走

(お手伝いバージョン 洗濯物の中から自分の体

にあう服をさがす、たたむ)

〇バランス、ふんばる、姿勢の持続・・・手押し相撲、ケンケンパ、バランスボール

(お手伝いバージョン お盆に物を乗せて運ぶ)

〇次の動きを予測する・・・オセロ、あやとり、なわとび、

(お手伝いバージョン 食材を選び冷蔵庫から出す)

〇狙いを定める、集中、判断・・・トランプ、的あて、紙飛行機、紙コップタワー、

(お手伝いバージョン ご飯をお茶碗に入れる)

〇力加減・・・シャボン玉、風船あそび、けん玉、卵を割る、

 

などなど是非おうちでも試してみてくださいね(^^)

イベントを楽しみながら普段の療育では見られない一面も見せてくれた子どもたち。

しかし楽しい時間はあっという間に時は過ぎてしまいますね。

参加してくださったみなさんの楽しい思い出の一つに加えていただけるとうれしいです。

 

ハロウィンイベントにご参加ご協力いただきましたみなさま本当にありがとうございました。

来年もまた開催したいとスタッフ一同やる気満々です。

アンケートのご意見も参考にさせていただきながら次回、良いイベントが開催できるよう取り組んでいきたいと思います。みなさんのご参加お待ちしています。

 

 

UTキッズplus 芳本、岡本

2017/11/10  UTブログイベント
ハロウィンイベント  (パート1)

ハッピーハロウィン!

 

10月28日(土)にキッズplusで午前、午後の2部制にてハロウィンイベント

を開催しました。

 

みんな思い思いの衣装やアイテムを身に付け参加してくれました(^^♪

写真撮影、サーキット、ビンゴゲームにビスケットのデコレーションを

楽しみました。

 

それぞれ好きな絵を描いたり飾りつけをしたり直接ペンを吸ってみたりと集中して取組んでくれていました。

そしてなんと…!! plusに「ドラミ(どり)ちゃん」が来てくれましたよ(笑)

午後からはなんとなんと!ドラえもん!?いや「ドラにい」(plus 卒業生)も来てくれみんなで楽しいひとときを過ごしました。

 

午前は児童のお友だちがおうちの方と一緒に参加してくれ普段はあまり行くことのない3FへGO!何が始まるのかとワクワク興味津々の様子の子どもたち(*^^)v

広い療育室でのサーキット遊びに親子でふれあいながら何度も挑戦してくれていました。

 

サーキットの内容

こんなところが強くなるよ!を紹介します(^^♪

①おうちの人とペアでボールを棒で挟み落とさないように運ぶ

(ちから加減をする 相手を意識する)

②網くぐり

(自分のからだの大きさを知る)

③一本橋

(バランスをとる)

④トンネル

(自分のからだの大きさを知る、四つん這いで同じ体制の持続)

⑤クモの巣通り向け

(自分のからだの大きさを知る)

⑥新聞パーン!&くるくるポイ

(思いきり力を入れる、狙いを定める、集中)

⑦坂のぼり~ジャンプ

(ふんばって体の土台をつくる)

⑧トランポリンで大ジャンプ&タッチ

(ふんばる、バランス、感覚を満たす)

 

 

UTキッズplus 芳本、岡本

« 前のページへ 次のページへ »