記事一覧

■ビジョントレーニング

ビジョントレーニングの紹介

UTキッズ河合では、最初に目の動きや視覚認知

(形・奥行きの理解・図と地の見分けなど)、

目と体の協調性(チームワーク)などの検査を実施し、

それぞれのお子様のつまづきの原因に応じて個々に応じたトレーニングを、

プリント課題や遊びなども取り入れながら楽しく行っています。

今日は、UTキッズ河合の学習支援で実施している「ビジョントレーニング」を少しだけ紹介します!

 

①眼の動きのウォーミングアップ

棒に等間隔にテープを貼ったものを両手に1本ずつもち、肩幅に広げます。

 

 

これを左右のテープを交互に上から下へと見ていきます。

次は棒を上下にして、テープの目印を上下に見ていきます。

 

 

 

棒がなくても2本のペンなどを動かして交互に眼で追いかけるのもいいですよ!

ポイントは、顔は正面を向いて止めておくことです。

 

 

②スーパーボールキャッチ

机の両端に大人と子供とが離れて立ちます。大人側からスーパーボールを転がします。(なるべく長い机や台などがお勧めです)

 

 

そのスーパーボールを子供がキャッチするだけ!この遊びには追従性眼球運動{動いている物を見続けたり、文章を目で追う力}と眼と体のチームワーク{見たことを脳で処理して体を動かす力}があります。)

上手にできたらアレンジを加えていきます。スーパーボールの大きさを変え手でキャッチせずにコップやお玉などで受けます。いろんな大きさの入れ物やスーパーボールの数もたくさんあると楽しさアップです!

さらに上手にできたら、上下に跳ねるボールをキャッチしたり、壁に当てて跳ね返るボールのキャッチをしたりなど、いろんな遊びができます。

 

 

 

楽しく遊んでビジョントレーニング!!

 

 

UTキッズ河合  山下