記事一覧

■学習支援(トモチカの部屋)

リハビリ発達支援ルームUTキッズ 読みの力はどのように育つ①「読み書きへの興味・関心の芽生え」

新しいブログのページ「トモチカの部屋」が開設されました。
「トモチカの部屋」って?という方も多いかと思いますので、自己紹介も兼ねて説明させていただきます。
まず、「トモチカ」というのは、私、リハビリ発達支援ルームUTキッズの作業療法士 福西知史(ふくにしともちか)のことです。UTキッズに入職して4年経過し、いくつかの事業所に関わりながら、様々な支援や取り組みを経験させていただいております。
「トモチカの部屋」は主に学習支援の取り組みに関しての情報発信をしていきたいと思っております。ブログ管理者の方から月1回の更新を命ぜられており、気合を入れてブログ作成していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

学習支援を行う中で非常に重要な要素である「読みの力はどのように育つか」について何回かに分けて書かせていただきます。今回は第一弾として、「読み書きへの興味・関心の芽生え」をテーマとさせていただきます。

読み書きへの興味・関心の芽生え
皆さんは読み書きをどう学んだか、文字をどう覚えたかということを記憶していますか?こう尋ねると4,5歳頃に、幼稚園や家庭で点線で書かれた文字をなぞって練習したとか、「の」や「く」を逆さまに書いて注意されたなど、文字の形を「書く」ことに関してのエピソードを思い浮かべる人が多いようです。それに比べて、いつ頃から読むことに関心をもち、いつ頃からどうやって読めるようになったかということは、あまりはっきりと記憶に残っていないことが多いようです。
多くの子どもたちは、生活の中で、周囲の大人や年上のきょうだいたちが、新聞や本を読んだり、書類を書いたりする姿に接して、自然と文字に関心をもち始め、入学前にある程度ひらがなが読めるようになっています。
まだ文字の読み方を知らない子どもたちが、幼稚園・保育園の先生の真似をして、紙芝居や絵本を1枚ずつめくりながら、あたかも読んでいるようにふるまうことがあります。耳をそばだてると、ちゃんと「~しました」「~といいました」のように書きことばの文体を用いて語っています。子どもたちは文字が書かれた紙芝居や絵本などをどのように扱うものか知っていて、絵と文字とは異なるものであること、文字で書かれている内容などについて、それなりの知識をもっていることがうかがわれます。子どもが大人に「これ読んで」と絵本をもってくる姿は、幼い子供のいる家庭ではよく目にする光景です。このとき子どもは、「これ話して」とは言わず、「読んで」と言います。子どもは、まだ自分自身は読めないけれど、「話す」ことと「読む」ことの違いがわかっているようです。線で構成されたものは“じ(字)”というものがあって、文字のまとまりが自分の知っていることば(単語)を表し、それらがたくさん集まって何らかの情報を伝えるという文字の機能を知っているようです。
このような文字の機能に気づき、興味を示す子どもたちの姿は、本格的な読み書き学習が始まる前の、いわば、文字への関心の芽生えの時期にみられるもので、子どもたちが文字の世界に一歩足を踏み入れたことを示しています。

近年、携帯電話、スマートフォン、パソコンなどデジタルツールが多くなり、活字を目にすることが少なくなってきています。大人が本を読む、手紙を書くといった機会が少なくなっていることにより、子どもも文字に触れることが減り、興味、関心につながらない環境になっているのではないでしょうか。
乳幼児期から子どもが興味を示す絵本や図鑑、紙芝居などを見つけ、読み聞かせをしたり、一緒に読んでみたりする遊びのなかで文字に触れさせてあげることが読み書きへ興味関心をもち、学習につながる一番の近道になるかもしれません。

最後に年齢別人気の絵本を紹介しておきます。参考までに。

 

0歳「じゃあじゃあびりびり」

 

 

1歳「きんぎょがにげた」

 

 

2歳「いやだいやだ」

 

 

3歳「おべんとう」

 

 

4歳「ノンタンのたんじょうび」

 

 

 

5歳「けんかのきもち」

 

 

6歳「くまのこうちょうせんせい」

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ 福西知史

 

 

 

 

 

 

読み書き障害「ディスレクシア」

大型台風がいくつも発生し、日本に上陸した影響で運動会などの行事に影響が出てしまいましたね。

お家に被害などはありませんでしたか?

 

 

久しぶりのブログ担当となり、何か良いネタはないかと考えていたのですが、今年度からUTキッズ河合で始めた学習支援にちなんで、主に読み書き障害に関わることにについて書かせて頂こうと思います。

 

 

読み書き障害といっても様々な定義があるのですが、今回はその中でも発達性読み書き障害「ディスレクシア」について触れたいと思います。

「ディスレクシアは神経学的な原因による特異的な学習障害である。

その特徴は、正確かつ、あるいは流暢に単語を認識することの困難さ、つづりの稚拙さ、単語を音声に変換する(デコーディング)の弱さにある。

こうした困難さは、主に他の認知能力や学校での効果的指導からは予測しえない言語の音韻的な側面に関する弱さが原因である。

二次的に読解の問題を引き起こしたり、読みの経験が少なくなったりすることで、語彙や予備知識の発達を阻害することが起こりうる」(IDA、2002)と定義されています。

 

 

定義って固い表現でわかりにくいと思っている方がほとんどだと思います。

わかりやすくざっくり表現すると、

「話したり聞いたりすることはできるのに、文字を読んだり書いたりすることができないこと」と言えます。

 

 

 

 

その原因としては様々なことが考えられるのですが、最も重要な「読み」という側面から考えたいと思います。

 

日本語の「読み」はさまざまな行為を意味します。

ディスレクシアの問題を考えるために、「読み」を2つのレベルで考えます。

第一のレベルは、文字・単語を音に換えるレベルの「読み」です。

 

 

学び始めの子どもについて、「文字の読み書きができる」とか「ひらがなの読み書きを覚えた」というのは、このレベルのことです。

第二のレベルは、読んだものを理解するレベル、読解です。

第一のレベルができないと、読解はもちろんできませんが、第一のレベルができても、読解ができるとは限りません。

 

読解には、単語の意味、文法力、段落と段落の関係性の理解、全体を覚えていること等々、さまざまな能力が必要とされます。

「単語を音声に変換する(デコーディングの)」ということは、先の第一のレベルの読みのこと、すなわち、文字・単語を音に換えることをいいます。

ディスレクシアの人は、文字や単語を見て、それが表す音がわからない、あるいは、音を思い出すのに時間がかかるのです。

この文字と音との対応に関してですが、この両者の間には何の関係性もありません。

例えば、地図記号や標識は、それが表すものと表されるものには、見ただけで何を表すのかすぐわかる関係があります。

しかし、文字と音との間にはこのようなわかりやすい関係はまったくありません。

子どもたちは、理屈抜きで、文字と音の対応を丸覚えしなくてはなりません。

ディスレクシアの子どもたちは、こういう丸覚えが苦手なことが多いのです。

 

 

また、ややこしくなったので、例を挙げさせてもらうと、知っている方も多いと思いますが、海外の有名な俳優の「トム・クルーズ」もディスレクシアを公表しています。

作品の中の彼を見ていても読み書きができないとは想像できないと思いますが、映画の台本に書いてある文字を読むことができないため、音声で台本の内容を聞いて覚えるという方法を用いているようです。

 

 

かなり長い文章になってしまいましたが、今回は読み書きの障害「ディスレクシア」の主な原因である「読みの困難さの理由」について書かせていただきました。

今後も私がブログの担当の時は、随時紹介していきたいと思います。

また次回にご期待ください。

 

 

 

株式会社UTケアシステム

リハビリ発達支援ルームUTキッズ

福西

〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-2066   FAX:0744-20-3354