記事一覧

■UTキッズPLUS

厳しい環境にもかかわらず、、、。

この冬は寒さが厳しい!!

メダカの睡蓮鉢にたびたび氷が張るようになってきました。ほとんどが、ちょっと触ればバラバラと割れるような薄い氷でしたが、とうとう1センチはある氷が、、、。これはメダカが凍るのでは?と思うほどの氷と冷たさが痛い水。氷を持ち上げると真ん中の水草のポットごと持ち上がりました。

 

 

そしてメダカの確認、、、じっと見続けるもいない。。。鉢をトントンとしてみても出てこない。。。これは、冷たすぎたのか?と思いもうしばらく見ていると1匹がスッと出てきました。「いた!!」の喜びもつかの間、次が出てこない!!これはほんとにヤバイ。。。

次の日に氷は溶けていましたが、見る限り目メダカはいない。とりあえず昨日の1匹に餌をと思い入れると、餌がゆっくり沈む。「んん??」水草の根の所からメダカが1匹、また1匹と出てきました。かたまって隠れていたようです。

 

 

たくましいメダカと水草。小さい水草もこの寒さでもゆっくりと増えています。まだまだ寒い日が続き、氷の張る日も出てくると思いますが、暖かい春を迎えられるように世話をしていきます。暖かくなったら新しい命に会えるかな。

 

 

UTキッズplus 山下

雪あそびをしました(^^♪)

土、日曜日は昼間お日さまが出てぽかぽか☀でしたね(^-^) それなのにまた寒波がやってきて橿原でも雪がちらちら!!もうすぐ2月、冬本番です⛄ インフルエンザも大流行中なので体調管理に気を付けたいですね。 前回の寒波の日、1月14日は子どもたちと実家(山奥)に泊まっていました!!朝、目を覚ますと辺り一面、真っ白な雪が積もっていて大喜びの娘2人☺ まだよちよち歩きの姪っ子と一緒に雪遊びをしました‼️

 

 

 

ソリを出してきて坂の上から滑ったり雪合戦をしたりと寒さに負けず繰り返しあそぶ子どもたち!!ほんとに子どもは風の子ですね!元気いっぱいに駆け回っていました(^^;)雪の中でしっかり動いて感覚統合してね‼

大人たちは寒さに耐えきれずぶるぶる震えていましたが…(笑)

 

 

 

『幼児期において自然のもつ意味は大きく,自然の大きさ,美しさ,不思議さなどに直接触れる体験を通して,幼児の心が安らぎ,豊かな感情,好奇心,思考力,表現力の基礎が培われる』(文部科学省 教育指導要領より)

あらためて自然にふれるって大切なんだなぁと感じます。

 

しかし私たちが子どもの頃にくらべ身近な自然はどんどん姿を消しているのでなかなか触れる機会も少なくなっているのが現実です💦

 

子育て、家事、仕事と忙しい日々ですが それぞれの季節ならではの自然に触れる機会を少しでもたくさん持てるようにしたいなぁと感じる今日この頃です☺♪

 

 

UTキッズplus    岡本 亜衣

 

★A HAPPY NEW YEAR★

あけましておめでとうございます‼今年もよろしくお願いします☺

今年も子ども達の笑顔がたくさん溢れる1年になりますように♡♡

例年よりも早くインフルエンザが流行しているようなので、手洗い・うがいをしっかりとして、体調管理したいと思います。

 

昨年の話になるのですが、PLUSのSSTのクラスでは、買い物体験をしました。カリキュラムを組んだ時は、近くにカナートさんがあるので、そこへ行けばいいと考えていたのですが…寒い12月の16:00💦子どもたちが来所した時点で暗くなり始めている…これはダメだ( ;∀;)と思い、ローソンさんへ変更‼

買い物に行くためには、お金が必要。子どもたちには、1ヶ月前からお手伝いをしてもらい最高300円とだけ設定し、お家の方とどんなお手伝いをするか・お手伝い1回の値段もお家で話し合って決めてもらいました。お風呂洗い・食器運び等頑張ってくれていました。

 

買い物当日‼キラキラした目で来所した子どもたち☺

迷った時に見れる、コンビニまでのヒント写真も作りました☆

まず、子どもたちと決めたルール確認★

・1列になっていく ・バラバラにならない ・信号や曲がり角は左右見てから

・コンビニでは走らない ・小さい声で話す

この他に、迷った時は写真を見てみんなで考える ・先生たちがHELPを出せるのは3回

 

 

いざ‼出発☺

最初カラ問題発生‼UTを出てから、右に曲がるか、左に曲がるか…写真を見て考える子どもたち。「どーする?」「こっちかな?」「行ってみよう」とみんなで考え進んで行きますが問題勃発‼なかなかつかない…(笑)

写真を見ながら進んで行ったのですが、スタートから15分…「先生!ヒント‼」と全員一致でもう少しの所でヒントを出し、無事に到着。「やったー‼やっとついたな…」「大変やったな」と言いながらも笑顔いっぱい‼

買い物スタート☺

“好きな物を買っていいよ”といってあったので、自分の持ってきた金額内で買い物☺

目的のお菓子を買いに行く子・お家で使う石鹸を見ている子・ジュースがなかなか決まらなかったり~色々でしたが、電卓を使って計算したり、値段がわからない時は、自分から店員さんに「これいくらですか?」としっかりと聞く事が出来ていました。また、悩んでいる友だちに関わりにいく姿もありました。

 

自分のお菓子を買った後に、今度はみんなで話あって、「食べる物を500円以内で買う」事にチャレンジ‼お菓子から悩み…意見がバラバラ…お菓子は2つにするのは決まり‼でもどれにするか…時間はどんどん過ぎていく…みんなで話合って1人1個好きなお菓子を選んでじゃんけんで決める事に‼2個は無事に決まり、次はジュース‼オレンジかアップルかで悩みます。オレンジ1:アップル5に分かれどうするか見ていると1人が、「じゃーオレンジでいいか」と発言‼それにオレンジがいいと言っていた子が、「オレンジでいいのオレンジでは嫌。オレンジがいいやったら嬉しいけど」と言い、そこは、アップルにみんな落ち着きました。

「○○で」「○○が」の言葉の違いで友だちにどう伝わるか…を体験できました。おやつとお菓子は…時間が無くて食べれなかったのですが、次の週、参観で体験した困った事・楽しかった事を発表し、みんなでおいしく食べました♡

 

色々な、気づきを大切にし、その時その場で考えて、子どもたちの生活するうえでの、ヒントになればいいなと思います☺☺☺

 

 

UTキッズPLUS  大村 めぐみ

 

2017/12/12  UTキッズPLUS/ UTブログ
鴨川のほとりで

寒さが厳しく感じる今日この頃

京都 鴨川のほとりで、駅伝が開催されました。

白い息があがる朝

京都の大学生が一斉にスタートしました。

紅葉がきれいな景色をバックに大学の襷を繋げていきます。

 

 

選手たちが走っている隣で

鴨川では、もう一つの戦いが!!

エサやりおじさんが今日もパンの耳をばらまくと

鴨と鯉が一斉に集まり

エサ取り合戦が繰り広げられています。

 

 

駅伝とは複数人で一つのことを成し遂げていく事と言う意味合いがあります。また、日本発祥の競技で約90年の歴史があるそうです。

UTでもいろいろなスタッフで一人ひとりのお子さまに関わらせていただいています。襷を繋げお子さまの成長を見守っていきたいと思います。

 

P.S 12月24日全国高校駅伝大会が京都で開催されます。

今年も奈良県代表は男女とも、智弁学園です。

応援よろしくお願いします。

 

UTキッズplus 駅伝マニア 小岩

 

 

今年も終わりですね

もう12月。

今年はほんとうにあっという間に12月が来たって感じです。

plusの玄関もかわいくXmasになりました。

 

 

 

この2年間、ずっと私が残念に思っていること。

 

plusの駐車場には当たるともう1本!選べる当たり付き自販機があります。

私は毎日のように期待を込めて買っています。

なのに1度も当たったことがないです( ;∀;)

他のスタッフは2回、3回当たっているというのに・・

 

「日頃の行いが悪いからや」と言われ続けていますが

「ここで運を使いたくないから!」と負けん気出して答えてる毎日です。

 

来年は・・

来年こそは・・

1度だけでも当たってみたい!

と日頃の行いも良くしていこうと思っている今日この頃です。

 

 

 

UTキッズplus 南

メダカ…いてる?

寒さが厳しくなってきたこの頃、ふと家の水連鉢をみると…メダカ、いてる?

 

夏に、たくさんのメダカを頂きました。

最初は真ん中の植物と、小さな浮いている水草がチラホラとしかなかったので、メダカがよく見えました。ただ、数が多くて苦しそうだったので里子に出し、まだ数としては多いのですが、まぁ、安定。夏の間は定期的に掃除をしていたのですが、水が冷たくなり掃除の回数が自然と減り….2ヶ月経たないうちに小さな水草がビッシリ!!まったくメダカが見えない!

 

 

これはいけない!ということで、水の冷たさに耐えて掃除開始。メダカはいるのか?とドキドキしながら水草をよけると、下から出てきてくれました。嬉しい!!冷たい水の中で元気に泳いでいました。ホッ。

 

 

綺麗になった住処で餌も良く食べて元気に泳いでいます。これからますます寒くなりますが、メダカは氷の張った鉢の中で冬を越すことができます。そんなたくましい姿を見ながら育てられるように、水草でメダカが見えなくなる前に(笑)綺麗にします!

Plusの水連鉢にも小さいけどたくましい水草を入れました。このまま寒い冬を越した春にどうなるのか??メダカの成長と共に見ていきたいです。

 

UTキッズplus 山下

2017/11/21  UTキッズPLUS/ UTブログ
PLUS★SST★

朝晩冷え込みが強くなり、朝起きるのが辛くなってきている今日この頃…

 

PLUSでは、10月からSSTが始まりました☺

 

SST(ソーシャルスキルトレーニング)って何だ??

家庭や学校生活における大人との関係の中で、また、子ども同士の関係の中で育っていくものです。家庭や学校・地域社会でうまく自己発揮できない事があります。そうした子ども達を対象に、コミュニケーションを身につけるものです。

 

日常生活の中で不安を感じやすい状態では、自分の気持ちを伝える事や、表現する事が難しかったりします。小集団の関りの中で、まず発言しなくてもよい安心できる環境を作り、ゆっくりと発言・他者の気持ちや自分の気持ちに気づく事を促していきます。それと同時に、伝える事の大切さや楽しさを知り、子ども達の自信に繋がるようにしています。

 

♡問題解決能力を高める・仲間と協力して解決し、自信をつける♡を目標にし、初めの2ヵ月は“まず楽しく”4ヵ月“自分の意見”6ヵ月“人の意見が聞ける”

 

 

SSTが始まって1ヵ月と少し経ちました。最初はぎこちなかった子ども達も重ねていく度にお互いを意識するようになり、欠席の子を心配したり・気持ちが暖かくなる言葉が出てきたり、子ども達同士で意識している様子が日に日に増えて来ています。

始まる前に気持ちを落ち着かせるために、「4COUNT呼吸」を取り入れています。指導員の手拍子に合わせて呼吸を整えていきます。

 

 

「あったか言葉・ちくちく言葉」は何だろう…子ども達と考えながら言われた時の気持ちや言った時の気持ちなどを考えながら進めています。11月に入ってからは表情カードを使って気持ちを考えたり、カードを自分で選び友だちに当てて貰ったりして楽しんでいます。(嬉しい・楽しい・不安・悲しい・怒り等)

 

 

毎回1時間があっという間に終わってしまいます。時に意見がぶつかり合う事もありますが、その時はその場を止め全員でどうすれば解決できるかを考え、ヒントを出しながら自分たちで解決できた事を自信に繋がるようにしています。

少しでも子ども達の自信に繋がる事を取り入れ、子ども達の気づき・成長を見逃さず一緒に成長していきたいと思います☺

 

UTキッズPLUS  大村

 

2017/11/13  UTキッズPLUS/ お知らせ
体験型講演会「気になる子の理解と対処」IN奈良県橿原市

11月26日(日)にUTキッズplusにて勉強会を行うことになりました。

今回は「気になる子の理解と対処」と題し、保育士さん向けの勉強会を行わせていただきます。

 

作品展やクリスマス会などの行事もありお忙しいとは思いますが、一緒に困りごとのある子どもさんの対応方法を考えていきませんか?

園の遊具を使っての遊びの提案や、日々の保育の困りごとに関するご相談にも一緒に考えていきたいと思います。

日々の保育に活かしてもらえる内容になっておりますので、ご参加お待ちしております。

 

申込み用紙ダウンロード

ハロウィンイベント (パート2)

(ハッピーハロウィン!)

午後は放課後のお友だちが来てくれました!一緒に遊んだことのない友だちとのかかわりや指導員との会話やコミュニケーションを楽しんでいました。また同年代の友だちとのいい意味での競争心に火が付き、できなかったことに挑戦する姿や互いに励まし教えあう姿に私たち指導員もにっこり(^v^)とてもうれしい気持ちになりました。

 

サーキット内容

こんなところが強くなるよ!を紹介します( ^^) _

① マットおし

(感覚を満たす、力を入れてふんばる)

② ツムツムボールはこび 後半は跳び箱

(集中、バランス)   (ふんばる、次の動きを予測する)

③ ボルダリング&ピタゴラ装置ふう

(感覚を満たす、次の動きを予測する)

④ 網くぐり

(自分のからだの大きさを知る)

⑤ 一本橋

(バランス)

⑥ クモの巣通り抜け

(自分のからだの大きさを知る)

⑦ トランポリンで大ジャンプしてツムツムボールを籠に入れる

(ふんばる、バランス、狙いを定める)

※②~⑦までツムツムボールを持って移動します。

 

[おうちでもできる感覚統合紹介!]

 

〇感覚を満たす・・・粘土、、大人のからだを登ろう&逆上がり、足ふみ鬼ごっこ

(お手伝いバージョン ハンバーグをこねる)

〇自分のからだの大きさを知る・・・ゴム紐輪っかくぐり、洗濯ばさみではさみ競走

(お手伝いバージョン 洗濯物の中から自分の体

にあう服をさがす、たたむ)

〇バランス、ふんばる、姿勢の持続・・・手押し相撲、ケンケンパ、バランスボール

(お手伝いバージョン お盆に物を乗せて運ぶ)

〇次の動きを予測する・・・オセロ、あやとり、なわとび、

(お手伝いバージョン 食材を選び冷蔵庫から出す)

〇狙いを定める、集中、判断・・・トランプ、的あて、紙飛行機、紙コップタワー、

(お手伝いバージョン ご飯をお茶碗に入れる)

〇力加減・・・シャボン玉、風船あそび、けん玉、卵を割る、

 

などなど是非おうちでも試してみてくださいね(^^)

イベントを楽しみながら普段の療育では見られない一面も見せてくれた子どもたち。

しかし楽しい時間はあっという間に時は過ぎてしまいますね。

参加してくださったみなさんの楽しい思い出の一つに加えていただけるとうれしいです。

 

ハロウィンイベントにご参加ご協力いただきましたみなさま本当にありがとうございました。

来年もまた開催したいとスタッフ一同やる気満々です。

アンケートのご意見も参考にさせていただきながら次回、良いイベントが開催できるよう取り組んでいきたいと思います。みなさんのご参加お待ちしています。

 

 

UTキッズplus 芳本、岡本

ハロウィンイベント  (パート1)

ハッピーハロウィン!

 

10月28日(土)にキッズplusで午前、午後の2部制にてハロウィンイベント

を開催しました。

 

みんな思い思いの衣装やアイテムを身に付け参加してくれました(^^♪

写真撮影、サーキット、ビンゴゲームにビスケットのデコレーションを

楽しみました。

 

それぞれ好きな絵を描いたり飾りつけをしたり直接ペンを吸ってみたりと集中して取組んでくれていました。

そしてなんと…!! plusに「ドラミ(どり)ちゃん」が来てくれましたよ(笑)

午後からはなんとなんと!ドラえもん!?いや「ドラにい」(plus 卒業生)も来てくれみんなで楽しいひとときを過ごしました。

 

午前は児童のお友だちがおうちの方と一緒に参加してくれ普段はあまり行くことのない3FへGO!何が始まるのかとワクワク興味津々の様子の子どもたち(*^^)v

広い療育室でのサーキット遊びに親子でふれあいながら何度も挑戦してくれていました。

 

サーキットの内容

こんなところが強くなるよ!を紹介します(^^♪

①おうちの人とペアでボールを棒で挟み落とさないように運ぶ

(ちから加減をする 相手を意識する)

②網くぐり

(自分のからだの大きさを知る)

③一本橋

(バランスをとる)

④トンネル

(自分のからだの大きさを知る、四つん這いで同じ体制の持続)

⑤クモの巣通り向け

(自分のからだの大きさを知る)

⑥新聞パーン!&くるくるポイ

(思いきり力を入れる、狙いを定める、集中)

⑦坂のぼり~ジャンプ

(ふんばって体の土台をつくる)

⑧トランポリンで大ジャンプ&タッチ

(ふんばる、バランス、感覚を満たす)

 

 

UTキッズplus 芳本、岡本

« 前のページへ