記事一覧

■SST

2018/10/3  SSTUTブログ
SST

『SST』という言葉を聞いた事がありますか?

 

 

なんとなく知っている。

聞いた事がある。

初めて聞いたっていう人もいるでしょうか?

 

 

『SST』とは、ーシャル・キル・レーニングの略で、日本語に訳すと「社会生活技能訓練」となります。

簡単にいうと「人とうまくかかわるために必要なコツを知り身につけていく練習をする」ということです。

 

 

例えば、外出先で知り合いと出会います。

 

①にっこり笑って挨拶する

②顔を見ないで挨拶する

③挨拶しないで通り過ぎる

 

この中では、もちろん挨拶するのがいいと思いますし、顔を見てにっこり笑うとお互い良い気持ちになりますよね。

それをプリントやゲーム遊び、実践で学んでいきます。

 

 

UTキッズ田原本では、

「ぷちSST」「SST体験」と二つのちょっと中身が違う小集団のクラスで様々な課題に取り組んでいます。

 

 

常に心掛けていることは、

・無理のないようスモールステップで

・出来ない所ではなく、出来たところに着目する

ところです。

 

 

お家でもできることがたくさんあるので、ほめてほめていっぱい出来ることが増えればうれしいですね。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

木谷

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

2018/8/23  SSTUTブログ
リハビリ発達支援ルームUTキッズPLUS ☆楽しかったな~キャンプ☆

今年の夏はいつになく暑かったですね…

お盆が終わり、急に朝・夕涼しくなり一気にこのまま秋に向かうかと思いきや、まだまだ残暑は厳しいのかな…
夏休みも後半戦‼みんな楽しい思い出は沢山できましたか?療育に来たお友だちは「○○行ってきた‼」「こんなんしてんでー」とキラキラした目で教えてくれています☆そんな子どもたちにパワーを沢山もらっている私たちです。

 

SSTでは、卒業プログラムの一環で以前ブログにも紹介された曽爾キャンプに行きました!

最初はドキドキ不安の表情の子ども達でしたが、バスに乗ると、他事業所の友だちとも少しずつ話、アスレチックでは難しい遊具にも一緒に挑戦し、一つ一つクリアーしていく度に自信になっているように感じられました。また、保護者の方と離れて一日過ごせたことも大きな自信に繋がったのではないでしょうか♡♡♡

 

みんなで作った旗を上げ・アスレチック・チャレンジランキング・飯盒炊飯・キャンプファイヤーと色々な体験をしました。

その報告を兼ねてSSTの参観で発表する事にしました。

キャンプに行ってから休みがあったり、みんな揃わなかったり、貯金箱を作ったりしていたので、こちらも覚えているか不安でしたが、あれもこれもと楽しかった話が次々に出て、一人ひとり何を発表したいかを決める事が出来ました。
「紙に書いて発表したい」とみんなの意見がまとまったので、テーマごとに思いを書き、絵もかいてくれました。
参観は今週の土曜日‼自信を持ってのびのびと発表してくれることを願っています😄

 

 

 

夏休み後半☆水分補給を忘れずに楽しんでくださいね(*’▽’)

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus
大村
〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152
TEL:0744-20-2066  FAX:0744-20-3354

2018/7/18  SSTUTブログ
昭和塾 みんなでスタンプラリーへ GO!!

屋外活動…今回は、どんなミッションで楽しんでもらおうかな…?
梅雨のしとしと雨が降る中、馬見丘陵公園での下見をしてポイントを決定。

事前に地図を個々に作って予習しましたよ。

 

 

6月某日、不安定な気候にも関わらず企画を遂行。
事前に地図を個々に作りポイントとなるモノを下準備
当日を向かえると、晴れ男・晴れ女のオンパレードで雨に降られることなく出発~進行~
っとその前に約束を確認して・・・

 

〇みんなと一緒に行動する
〇ルールを守って順番に探す
〇他の来園者に迷惑をかけない
…だったよね。

 

 

元気に出発~(^^)/

 

 

ポイントに到着。スタンプGET!

 

 

トンネル?…あっ、次のポイントへのヒントのところだ!

 

 

「ここ見て?えーとこれやったかな?うん。間違いないでぇ。やったー!!」

 

 

最終ポイントに到達。それぞれの地図が完成。
みんなで達成する喜びを共有して笑顔で公園を後にしました。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合
大山
〒636-0061 奈良県河合町大字山坊463-1
TEL:0745-58-2099  FAX:0745-49-0482

2018/7/5  SSTUTブログ
お買い物 (SST 外出プログラム)  

SSTクラスのお友だちがコンビニにお買い物に行ってきました。

お家の人とお手伝いを決め毎日コツコツとためた200円を持って出発!

 

行く道順、出発前にみんなで話し合い決めていたのに

いざ道を目の前にすると

「えっ?」「どっち?」と迷いだす子どもたち

予定していた道と反対側に進みだしてしまいました。

いつ気付くかと見守ること5分

歩き出している途中で

「あっ!!間違えた」「いけるかな?」とショックな子どもたち

しかし

「大丈夫、こっちからもいけるで」

「ちょっと遠回りになっただけやわ」

と気持ちの切り替えができ目的地まで向かう事ができました。

 

コンビニの中ではお菓子コーナーへ

いっぱいあるお菓子にワクワク、ドキドキ

値札を見ながら200円になるよう計算

消費税があるため計算がややこしいですが、

考えに考えて いざレジへ!

一個ずつ「ピッ!」となるごとに手持ちの200円を見る子どもたち

足りるかなとドキドキマックスでした。

レジのお姉さんに、ニッコリされると緊張がほぐれほっと笑顔に。

お釣りをもらい、財布に直して任務完了。

みんなとっても頑張りましたよ。

 

お手伝いで得たお金で自分の好きなものを買う

日常の生活を実際に体験する中で 自信につなげ

マナーや決まりを知っていって欲しいです。

 

帰り道は近道ルート。

買えた喜びとほっとした気持ち。

ニコニコで話が盛り上がりました。

 

いろいろな体験を通して経験する中での困りごとを発見したり、どうすればよいのか考えることで、問題解決能力や他者と協力して話し合う力を育みます。

SSTの体験を通して、実生活につながる成功体験を積んで行きたいと思います。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus

小岩

〒634-0062   奈良県橿原市御坊町152

TEL:0744-20-2066  FAX:0744-20-3354

2018/6/5  SST
昭和塾の昭和遊び (懐)

もう6月ですね。

1年の半分が過ぎてしまいました。

年々、月日の流れの早さを感じます。

 

毎月1回UTキッズ河合の昭和塾では野外の活動を取り入れています。

5月は近所にある馬見丘陵公園に行き、思いっきり体を動かしてきました。

ご近所に楽しすぎる公園があって本当に良かったです。

 

公園に行くことを楽しみにしてくれていた昭和塾の子どもたち。

「公園で何をしようか」の話し合いでも、たくさん意見が上がりました。

同じ遊びを考えていた友達とは「やっぱそうやんな」と同調したり、

新たな意見が出たときは「それもええな」と寄り添ったり、

全く違う意見には「それいらん」と反対したり・・

人それぞれ違う考え方があるということ、

人と同じ考え方でなくてもよいということを感じてもらいながら、

自分の思っていることを言葉で伝え、

人の意見にも耳を傾けることができるようになってほしいと

子供たちの声を聞きながら思いました。

 

昭和塾では「言葉」以外の情報をもとに「表情」「声」「行動」

などの情報を用いた方法で、

相手の気持ちを「目で見る」「耳で聞く」「体で感じる」という

人間の五感を多用したコミュニケーション(非言語コミュニケーション)を

昭和遊びを通して感じてもらうことができるように

支援を行っています。

 

皆さんは昭和遊びと聞いて何を思いだしますか?

私が夢中になったものの1つ。ゴム跳びを紹介したいと思います。

 

二人の身体にゴムひもを輪っか状になるように渡し、

①歌いながらそのゴムの間に足を入れたり出したり、ひっかけたり。

1曲間違えずに跳べるとクリア。

⓶ルール通りに跳び、ミスなく跳び終えれたら成功。

ゴムの位置を高くし難易度を上げていく。

跳び方を覚える、集中する、ルールを守る、

距離感を測るなどの他にワクワクとドキドキ感もあり、

できるまで練習したり、できた事がうれしかったりと達成感を味わえる遊びでした。

昭和塾の子どもたちにもうまくできるために「どうすればよいのか」

ということを考えれるような「想像力を働かせる遊び」を提案し

ワクワクドキドキする経験をいっぱいしてもらいたいと思います。

皆様にもどんどん昭和の遊びを紹介していきますね。

ご家庭でも昔を懐かしんで、お子様と一緒に楽しんでみてください!

 

 

 

UTキッズ河合  南

2018/5/22  SSTUTブログ
アクティブラーニング

5月に入り、暖かな風に誘われお出かけが楽しい季節になりましたね。

新緑が心地よい中で、元気いっぱいに通ってくれる子どもたちのパワーに負けないようにUTキッズ河合スタッフもより良い支援を提供できるように日々奮闘中です。

 

今日は昭和塾の取り組みアクティブラーニングについてお話したいと思います。

 

まず、アクティブラーニングとは何なのでしょう

 

アクティブラーニングとは・・・

 

学習者である生徒が受動的となってしまう授業を行うのではなく、生徒が能動的に学ぶことによって「認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る」(2012年8月中央教育審議会答申)内容だとされています。学習者である生徒が、受動的となることなく、能動的(自発的)に学ぶことができるような学習方法です。現在では高校や義務教育でもアクティブラーニングを取り入れた動きが盛んになっています。先生による一方的な指導ではなく、体験学習や教室内でのグループ・ディスカッション、グループ・ワークを中心とするような学習方法のことを指します。

問題解決に向けて「自分の頭で考える力」「次の機会に活かす力」「協力する力」「リーダーシップ」「人の意見に耳を傾ける」などアクティブラーニングを通して身についていきます。

「アクティブラーニングを家族内でも出来るのでは?…家族会議と似ているかも‼」と思い、どんな議題が良いのかを考えることも重要かもしれませんが、ご家庭にあるペンと紙を用意して下記のような項目を書いてから始めてみてはいかがでしょうか?自分の思いや考えを「伝える力」が養われます。

 

行きたいところ・ほしいものについて考えてみよう!

そこにはどんな楽しいことがあるのか?

なぜそれが必要なのか?

いつそこに行きたいと思っているのか?

それをどこで買うことが出来るのか?

(ゲームソフトなど)やりすぎてしまわない約束はどうするのか?

お金は誰にお願いする予定なのか?…(汗)

などなど。 (わからないことが出てしまったら、その際は一緒に考えてヒントを見つけてあげることも方法の一つですね。)

 

 

そしてルールはシンプル。

  1. 何を言ってもいいけど、何も言わないのはダメ。
  2. 他の人の話はちゃんと聞く。
  3. 何を言われても怒らない。

 

 

 

休日前の食卓を囲む際など、ほっこりとした時間を作り、みんなの意見やお子様の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

 

 

何かワクワクするような新しい発見が生まれる気がします~(^^)/♪

アクティブラーニング…アクティブ(活動的)に実践してみて下さいね‼

 

UTキッズ河合 大山

 

 

2018/5/22  SSTUTブログ
挨拶は魔法☺

最近、つばめが飛んでいるのをよく目にします。

巣から顔を出しているヒナは小さくて、

餌を貰うために必死な姿・待っている姿にホッコリします♡

 

突然ですが☺

みなさん☆あいさつ☆をしていますか??

挨拶には、多くの種類があり、毎日たくさんの挨拶を無意識のうちにしています☺

気持ちのいい挨拶は、お互いに気分がよくなることや良い印象を持たれる事もあります。声の出し方・表情によっても伝わり方がちがいますよね!(^^)!

『あいさつは友達になるきっかけ作り♡♡♡』と思い、

4月から新たに始まったSSTのクラスで、あいさつについてみんなで考えました。

自分たちにしかわからない暗号のあいさつを紹介

☆お家での「おやすみ」の言い方を発表してくれました(*^^*)

ワークを使い、1日でどのようなあいさつを使っているのかを考え、

2週にわたって色々な状況を指導員が設定し、

「こんな言い方だったら」「こんな表情で言われたら」…「どんな気持ちになる?」

「どんな言い方に変える?」と話し合いました。

解らない所があり、「どうしよう…」と不安になってしまっても、

「友だちの方法を聞いてみては?」と指導員の言葉に「はっ」と気づいて、

「あー!そうか!」「わかった」「なるほど」と納得し、

どんな感じ方でも、人と違っても間違いはないよと伝え、

自分の意見も少し恥ずかしそうでしたが、発表してくれました。

みんなで最後に、「ふり返り」☺☺☺

 

 

あいさつって☆うれしい・気持ちがいい・たいせつ

あいさつをすると、友だちと☆なかよくなる・気分がいい

これから☆あいさつをする!!

 

 

挨拶をする!!と強く決めていた子ども達でした☺

 

 

 

 

 

あいさつが

*しなければいけないもの*ではなく

*人と人の関わりの中で自然に交わされるもの*

であればいいなと思います(*^^*)

まずは、自分が元気に挨拶!!

 

 

キッズPLUS 大村 めぐみ🍄

 

 

 

 

2018/1/10  SSTUTブログ
★A HAPPY NEW YEAR★

あけましておめでとうございます‼今年もよろしくお願いします☺

今年も子ども達の笑顔がたくさん溢れる1年になりますように♡♡

例年よりも早くインフルエンザが流行しているようなので、手洗い・うがいをしっかりとして、体調管理したいと思います。

 

昨年の話になるのですが、PLUSのSSTのクラスでは、買い物体験をしました。カリキュラムを組んだ時は、近くにカナートさんがあるので、そこへ行けばいいと考えていたのですが…寒い12月の16:00💦子どもたちが来所した時点で暗くなり始めている…これはダメだ( ;∀;)と思い、ローソンさんへ変更‼

買い物に行くためには、お金が必要。子どもたちには、1ヶ月前からお手伝いをしてもらい最高300円とだけ設定し、お家の方とどんなお手伝いをするか・お手伝い1回の値段もお家で話し合って決めてもらいました。お風呂洗い・食器運び等頑張ってくれていました。

 

買い物当日‼キラキラした目で来所した子どもたち☺

迷った時に見れる、コンビニまでのヒント写真も作りました☆

まず、子どもたちと決めたルール確認★

・1列になっていく ・バラバラにならない ・信号や曲がり角は左右見てから

・コンビニでは走らない ・小さい声で話す

この他に、迷った時は写真を見てみんなで考える ・先生たちがHELPを出せるのは3回

 

 

いざ‼出発☺

最初カラ問題発生‼UTを出てから、右に曲がるか、左に曲がるか…写真を見て考える子どもたち。「どーする?」「こっちかな?」「行ってみよう」とみんなで考え進んで行きますが問題勃発‼なかなかつかない…(笑)

写真を見ながら進んで行ったのですが、スタートから15分…「先生!ヒント‼」と全員一致でもう少しの所でヒントを出し、無事に到着。「やったー‼やっとついたな…」「大変やったな」と言いながらも笑顔いっぱい‼

買い物スタート☺

“好きな物を買っていいよ”といってあったので、自分の持ってきた金額内で買い物☺

目的のお菓子を買いに行く子・お家で使う石鹸を見ている子・ジュースがなかなか決まらなかったり~色々でしたが、電卓を使って計算したり、値段がわからない時は、自分から店員さんに「これいくらですか?」としっかりと聞く事が出来ていました。また、悩んでいる友だちに関わりにいく姿もありました。

 

自分のお菓子を買った後に、今度はみんなで話あって、「食べる物を500円以内で買う」事にチャレンジ‼お菓子から悩み…意見がバラバラ…お菓子は2つにするのは決まり‼でもどれにするか…時間はどんどん過ぎていく…みんなで話合って1人1個好きなお菓子を選んでじゃんけんで決める事に‼2個は無事に決まり、次はジュース‼オレンジかアップルかで悩みます。オレンジ1:アップル5に分かれどうするか見ていると1人が、「じゃーオレンジでいいか」と発言‼それにオレンジがいいと言っていた子が、「オレンジでいいのオレンジでは嫌。オレンジがいいやったら嬉しいけど」と言い、そこは、アップルにみんな落ち着きました。

「○○で」「○○が」の言葉の違いで友だちにどう伝わるか…を体験できました。おやつとお菓子は…時間が無くて食べれなかったのですが、次の週、参観で体験した困った事・楽しかった事を発表し、みんなでおいしく食べました♡

 

色々な、気づきを大切にし、その時その場で考えて、子どもたちの生活するうえでの、ヒントになればいいなと思います☺☺☺

 

 

UTキッズPLUS  大村 めぐみ

 

2017/12/27  SSTUTブログ
「SST体験クラス!公園編!」

UTキッズ田原本では、4月からSST(ソーシャルスキルトレーニング)体験を行っています。
4年生1名、3年生2名の男の子3名で開始した体験クラス!クラス名を「何にしようか」と子ども達で相談したところ「アクションにしよう」と一人の子が言うと「それいいな」と即決で決まりました。
この1年間「アクション」クラスではコミュニケーションスキル以外にも実際、公共の場に足を運び、電車やバスの乗り方、またお店で買い物に行ったりとライフスキルも学べる機会を設けています。年に4回イベントを開催し、行きたい場所、何をするか(目的)、予算など、どれくらいの時間がかかるか、子ども達と話し合って決めていきます。目標が決まるとその目標に向けて「モデリング→リハーサル→フィードバック」を行い般化へと繋げていきます。

そして今回3回目のイベントとして、12月16日に大和郡山市の「まほろば健康パーク」へ行ってきました。企画段階で「この公園広いな」「何して遊ぼう?」「おやつもいるよな!」「○○のスーパーに寄っておやつも買おう」「電車の値段は○○円かかるから○○円貯めよう」など子ども達で話し合って計画を立てていました。お金もお家からお小遣いとしてもらうのではなくお手伝いをして自分たちで貯めました。

いざ当日、みんな楽しみにしていたようで予定よりも早くUTキッズに集合!まずは歩いてスーパーへと向かい好きなおやつを選びます。電車の料金を残しながらいくら買ったら足りるかなぁ…と考えながらカゴに入れていました。電車で2駅、みんな腕につけた時計を気にしながら電車を待ちます。公園に着くと早く遊びたい気持ちが抑えられず、みんな広場まで走って行き自然と遊びが始まります。「ドッチビー」や「かくれ鬼ごっこ」「だるまさんが転んだ」などいつもとは違う広い芝生の上で、友だちと遊ぶ活動は一段と楽しさが倍増します。いつもタッチされると切り替えが難しい子、自分が有利になるようルールを変更してしまう子も外での開放感や満足感から素直に受け止め楽しんでいる様子が「笑顔」として表情に表れていました!(^^)!

 

 

買ってきたおやつも友だちと交換しながら食べたりとあっという間の1時間!帰りの電車時刻に合わせて切符を購入し電車へと乗りました。UTキッズまで帰る道のり、みんなで遊べたことが楽しかったようで「次もここでいいな」「次は○○に行こう」と会話しながら歩いていました。

4月から少しずつ友だちに目を向け自分の思いも出せるようになってきた子どもたち、今回の活動を通して更に集団として仲間の関係が深まったように思います。

残すイベントはあと1回!「みんなと活動する楽しさ」を子どもたちと共に学んでいきたいと思います。

 

 

UTキッズ田原本 村田

2017/11/21  SSTUTブログ
PLUS★SST★

朝晩冷え込みが強くなり、朝起きるのが辛くなってきている今日この頃…

 

PLUSでは、10月からSSTが始まりました☺

 

SST(ソーシャルスキルトレーニング)って何だ??

家庭や学校生活における大人との関係の中で、また、子ども同士の関係の中で育っていくものです。家庭や学校・地域社会でうまく自己発揮できない事があります。そうした子ども達を対象に、コミュニケーションを身につけるものです。

 

日常生活の中で不安を感じやすい状態では、自分の気持ちを伝える事や、表現する事が難しかったりします。小集団の関りの中で、まず発言しなくてもよい安心できる環境を作り、ゆっくりと発言・他者の気持ちや自分の気持ちに気づく事を促していきます。それと同時に、伝える事の大切さや楽しさを知り、子ども達の自信に繋がるようにしています。

 

♡問題解決能力を高める・仲間と協力して解決し、自信をつける♡を目標にし、初めの2ヵ月は“まず楽しく”4ヵ月“自分の意見”6ヵ月“人の意見が聞ける”

 

 

SSTが始まって1ヵ月と少し経ちました。最初はぎこちなかった子ども達も重ねていく度にお互いを意識するようになり、欠席の子を心配したり・気持ちが暖かくなる言葉が出てきたり、子ども達同士で意識している様子が日に日に増えて来ています。

始まる前に気持ちを落ち着かせるために、「4COUNT呼吸」を取り入れています。指導員の手拍子に合わせて呼吸を整えていきます。

 

 

「あったか言葉・ちくちく言葉」は何だろう…子ども達と考えながら言われた時の気持ちや言った時の気持ちなどを考えながら進めています。11月に入ってからは表情カードを使って気持ちを考えたり、カードを自分で選び友だちに当てて貰ったりして楽しんでいます。(嬉しい・楽しい・不安・悲しい・怒り等)

 

 

毎回1時間があっという間に終わってしまいます。時に意見がぶつかり合う事もありますが、その時はその場を止め全員でどうすれば解決できるかを考え、ヒントを出しながら自分たちで解決できた事を自信に繋がるようにしています。

少しでも子ども達の自信に繋がる事を取り入れ、子ども達の気づき・成長を見逃さず一緒に成長していきたいと思います☺

 

UTキッズPLUS  大村