記事一覧

■UTキッズ田原本

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本 就学前相談会

7月に入りましたが、例年ほどの暑さはないもののまだまだ梅雨が抜けず、すっきりしない天気が続いていますね。

 

さて、新学期になって3ヶ月が過ぎましたが、2019年7月9日にリハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本では、来年度に就学を控えているお子さんの保護者様を対象とした「就学前相談会」を開催させていただきました。年長児になって間もない時期にも関わらず、小学校に向けての話がたくさんと出てきます。養護学校や地域の小学校、通級や支援級など、この先どうしたら良いのか、不安や悩みをたくさん抱えている保護者様も多いかと思います。今回は、2名の先輩ママさんをお呼びし、6名の保護者様に向けて実際の体験談や現状、悩みなどを相談し答えて頂きました。「支援級ってどんなところ?」「どんな風に過ごしているの?」「現状はどうなの?」などたくさんのお話がある中で、1つ1つ丁寧に体験を交えながらお話しされていました。また、今回は都合が合わず実際に来られることはできませんでしたが、以前地域の学校で先生をされていた教諭の方に、事前アンケートで書いていただいた悩みごとの回答もお伝えさせて頂きました。
どのお子さんも将来のことを思うと、自分の子がどうなっていくのか悩みはつきません。今日の話しを通してほんの少しでも、不安が軽減されたり参考になったり、前向きなれる機会になったのかと思います。私たち支援者にも、心に響く話しをたくさん聞かせて頂きました。
うちに通われているお母さん方はみなさん頑張っておられる方々ばかりです。たまには自分の楽しめる時間を作って息抜きしながら自分を褒めてあげて下さいね。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

 

村田

はじめまして!!

こんにちは。

外は桜の花がもうすぐ満開になりそうですね。

新しい元号も決まり、新しい時代が始まるこの4月からUTキッズ田原本にてお世話になることになりました、石川有香子です。

これから言語聴覚士として子どもさんの療育に参加させていただきます。

 

 

子どもさんの笑顔を見ると、私もすごく元気をもらえます。

私も中学生と5歳の男の子の母親で、育児に奮闘しています!

だからこそ、保護者様の悩みも共感できることもあります。

 

 

やっぱり、自分の子どもが一番かわいいですよね。

お子様の笑顔がもっと増えるように、精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

気軽にお声をかけてくださいね。

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

石川

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

1年間ありがとうございましたm(__)m

今年度も残りわずかとなりました。

1年あっという間に過ぎてしまう中で、子どもたちは本当に大きく成長してくれました。

ぜひ、この機会に子どもたちと一緒に1年を振り返る時間を作ってみてください( *´艸`)

そして、驚きや喜び、感動を親子で共感し、また新たな目標に向けて一緒に歩みだせたらなと思います。

 

 

 

 

いつも笑顔で優しく子どもたちが楽しめる療育を考えてくれているじゅんこ先生&はるみ先生

いつも全力で子どもたちと向き合いパワフルな療育をしてくれているさとし先生&せいきち先生

いつも明るく子どもたちと一緒に無邪気に楽しむことができるST(言語聴覚士)なつひ先生

時に子ども達のことを想うあまりお父さんやお母さんに説教をしてしまう…。

 

 

UTキッズ田原本のメンバーは『one for all,all for one』の気持ちを大切に、毎日楽しく仕事をさせていただいております。

それもこれも、子どもたちのたくさんの笑顔や一人ひとりが自分のペースで大きく成長する姿、ご家族の方のご理解やご協力があるからです。

 

 

 

 

UTキッズ田原本では、今後も療育室での療育にとどまらず、園や学校でも取り組めるような支援方法の提案や、ご家族の方にホームプログラムをお伝えしていき、ご家族の方と一緒に子どもたちが成長できる環境を整え、子どもたちが自ら乗り越えられる力や自分に自信を持てるようになることを目指し、自立への道につながる療育にしていきたいと思います。

 

 

子どもたちの未来のために…。

2019年度もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

市丸

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

「みんなでしよう!セルフビジョントレーニング!」リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

こんにちは。

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本の上西です。

もともと多趣味な僕ですが、最近ますます色んな物に興味を持つようになり、なかでも今熱心に取り組んでいるのが、「セルフビジョントレーニング」です。

 

 

UTキッズでは「学習支援」として、子どもたちの読み書きの困難さに対してアプローチしていますが、中には「うまく見えていない」事によってつまづいている子たちがいます。

そんな子どもたちに対してビジョントレーニングを実施し、2つの眼を上手に使って物を見る力や、見たものが何であるかを判断する力、目と体のチームワーク等を高めることで、

 

・音読がスムーズになる

・黒板の板書を書き写す事がスムーズになる

・周辺視野が広くなる

・空間認識力が高くなる

・速いボールを見極めることができる

・集中力が向上する

事などを目指して取り組んでいます。

 

 

ビジョントレーニングは子どもだけではなく、大人の私たちにも利点があると考え、効果を検証するために自身で毎日5分~10分のトレーニングを行っています。

僕は現在で1ヶ月ほど実施していますが、早くも以下のような効果が出てきています。

 

 

・パソコン作業や、手元での細かい作業をしても目が疲れにくくなった

・視野が広がり、奥行き感覚が把握しやすくなり、安全運転できるようになった

・探し物が早くなった

・子どもたちと遊ぶときに、子どもの動きへの反応が素早くなり、より安全面に考慮できるようになった

などです。

 

 

今回は僕が行っている「セルフビジョントレーニング」を紹介させていただきます。

 

 

1. 眼球の運動(A:追従性眼球運動、B:跳躍性眼球運動、C:輻輳・開散)

①顔を動かさないように1つの指標(自分の親指でもOK)を黒目で追いかけて見続ける

 

 

 

 

②顔を動かさないように、視線をジャンプさせて2つの指標(自分の親指でもOK)を交互に見る

 

 

 

 

③目の前に近づいたり、遠ざかる指標(自分の親指でもOK)を距離に合わせて黒目を内側に寄せたり、外側に離したりして見続ける

 

 

 

 

2. 両目のチームワークのトレーニング

自分の両手の親指を目の前と少し離れた場所に位置させ、近い方の親指と遠い方の親指を交互に見る

※見ている方の親指は1つ、見ていない方の親指は2つに見えたら両方の目を上手く使ってピントを合わせられている証拠です!

 

 

 

 

 

 

3. 目と体のチームワークのトレーニング

天井から吊るしたボールを連続でパンチする&避ける

※普通の紐で上手にパンチ&避ける事ができるようになったら、紐をゴム紐に変える事で難易度が上がります!

 

 

 

 

最近ではバッティングセンターやゲームセンターに「動体視力テスト」と題して、眼球運動の素早さと目と体のチームワークの高さが必要なマシンが設置されている事が多いです。

立ち寄った際には挑戦してみてください!

 

 

 

 

皆さんも是非、セルフビジョントレーニングで効果を体感し、新しい生活を送ってみてください!

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

上西

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

 

「あそび」って?

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本では、毎月1つの遊具をテーマにミーティングを行い、

「この遊具でどんな遊びができるか」

「どんな効果が期待されるのか」

「どうやって使えば楽しく遊べるか」

とスタッフみんなで日々考えながら意見を出し合う機会をつくっています。

また、遊びを見る事と、実際にやってみる事ではまったく違った感覚が感じられ、新たな発見にも繋がります。

 

 

日頃、何気に遊んでいる活動や遊具でも子どもたちの発達や身体にどんな効果があるのか、あまり考えたことはないかと思いますが、知っていくととても楽しく奥深いものです。

私たちが子どもの頃、単純に「楽しい」「面白い」と感じた遊びをとことん追及し自分たちで展開、変化をつけて遊んでいたことを思い出します。

その中で遊具の使い方、友だちとのかかわりなどさまざまな経験によって学習し成長してきたかと思います。

 

 

近年、子どもたちの遊び場が減少しデジタルな時代にある現状、身をもって体験する機会がかなり減ってきていると感じています。

そういった経験を自ら体験し、さまざまな思いや感じ方に「気づき」が持てるよう私たちも日々成長を見守っていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

村田

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

もうすぐクリスマス

今年最後の月になりました。

あっとという間に1年がすぎていきますね。

12月といえばクリスマス‼ 子ども達は大イベントですよね!

できたら大人にもサンタさんが来てくれたらいいのにね。。。

 

 

UTキッズ田原本に一足早くにサンタさんからのプレゼント😲違ったようです。

布団を再利用してみました。

 

 

サンドバック風です

しがみつく、打つ、蹴る

乗って引っ張る

 

 

 

 

小さめの敷き布団です

掛け布団にして重みを感じている

子ども達もいます

 

 

 

 

せいきち先生が遊んでいます。

 

 

 

 

 

 

楽しかったのか、ちょっとしたストレス解消になったのか聞いてみてくださいね!

寒さも日に日に増してきます。

体調には気を付けて楽しく過ごして下さいね。

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

高石

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

「力加減がいい加減」UTキッズ田原本

みなさんこんにちは。

UTキッズ田原本の上西です。

 

 

すっかり肌寒くなり、本格的に秋から冬に移りつつありますね。

僕の部屋にもようやくコタツが登場し、快適なマイルームライフを過ごせるようになりましたが、気がつけば寝落ちてしまっている事が多い為、うっすら風邪を引き続けている今日この頃です。

 

 

僕は普段から車に乗って仕事に向かっていますが、2つ悩みがあります。

1つ目は家を出る15分前まで眠りについている為、視界がぼやけた中運転しており、いつ事故を起こすか分からない事です(早く寝て早く起きて余裕を持って出ろ!)。

 

 

そして2つ目は「力の調節」が上手くできない事です。

分かりやすい例で言うと、道を譲ってくれた対向車に向かってお礼のクラクションを鳴らしたいのに、大音量で「プーーーーーーーーー!!!!!!」と鳴ってしまうか、一切音が出ないかのどちらかです。

 

 

 

 

感謝の気持ちを相手に伝えたいのに、伝えられないという事は本当に悲しい事です。

 

そして最も困るのがブレーキペダルとアクセルペダルの踏み加減です。

ゆっくり止まりたいのに急ブレーキになってしまったりします。

 

 

 

 

このように僕は「力加減がいい加減」なのです。

でも真剣に運転をしています。

 

おそらく自分の身体がどのように動いているのか、腕や足・指が伸びているのか曲がっているのか、筋肉にどのくらい力が入っているのか等、姿勢や運動に関する情報を脳へ伝える感覚「固有受容覚」が鈍感なのだと思います。

発達障害のお子さんたちの中にはこの「固有受容覚」が感じ取りづらい為、力の調節が苦手で、周囲から「乱暴者だ」「○○君に叩かれた」と言われてしまう場合があります。

本人に悪気はなく、「ただお友達と仲良くしたいだけなのに」と思っている事も多いと思います。

「力加減はいい加減かもしれないけど、心は真剣」なはずです。

 

 

僕の先ほどの話のように、人にはそれぞれ感覚の特性が必ずあります。

お子さんたちはまだ発達途上なため、もしかしたら僕たち以上に感覚の感じ方に偏りがあり、環境に適応しづらいのかもしれません。

お子さんたちの問題行動に見える行動の背景には何があるのかを考える事で、ではどうすれば集団の中でその子らしく過ごせるのか、明るい未来の為に今できる事を見つける事ができるのではないでしょうか。

 

 

<ついでに…>

ちなみに固有受容覚が適切に感じられる事には、情緒を安定させる作用があります。

近年研究が進み、そういった方が安心して眠りにつける「チェーンブランケット」という商品が販売されています。

先日、実際に体験できる機会がありましたので使用してみました。

チェーンブランケットをかけてもらった瞬間、言葉では言い表せられない安心感に包み込まれ、これなら快眠が期待できるだろうなあと感じました。

 

オススメです!

 

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

上西

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

虐待防止について!リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本の市丸です。

 

 

みなさん今月11月は「児童虐待防止推進月間」と厚生労働省で定められていることをご存じですか?

 

 

家庭内での虐待、病院や施設内での虐待が年々増加傾向にあり、児童や高齢者、障がい者の方が、深く傷を負ってしまい、命を落としてしまうという、本当に胸が痛くなるニュースをたくさん耳にします。

虐待は特別な場所や環境で起こるのではなく、どこでも起こり得るということを知っていただけたらと思います。

 

 

みなさんは何種類の虐待があると思いますか?

 

 

①身体的虐待

障がい者の身体に外傷が生じ、若しくは生じるおそれがある暴行を加え又は正当な理由なく障がい者の身体を拘束すること。

②性的虐待

障がい者にわいせつな行為をすること又は障がい者にわいせつな行為をさせること。

③心理的虐待

障がい者に対する著しい暴言、著しく拒絶的な対応又は不当な差別的な言動、その他の障がい者に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。

④ネグレクト

障がい者を衰弱させるような著しい減食又は長時間の放置すること。

※高齢者に多いセルフネグレクトの放置 意図的であるか結果的であるかは問わない

⑤経済的虐待

障がい者の財産を不当に処分すること、その他障がい者から不当に財産上の利益を得ること

の5つの種類です。

 

 

みなさんは下記のようなマークを目にしたことはありますか?

 

 

こちらはオレンジリボンです。

 

 

オレンジリボンには「児童虐待防止」というメッセージが込められています。

一人でも多くの方々に「児童虐待防止」に関心を持ってもらい、子供たちの笑顔を守るために一人ひとりに何が出来るのかを呼びかけていく活動が「オレンジリボンキャンペーン」です。

 

 

あなたの勇気が子ども達の未来へ命を繋げます。

一人でも多くの子どもが救われますように…m(__)m

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

市丸

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

食欲の秋

暑い日はまだまだ続きますが、食欲の秋が近づいてきました。

ちなみに私は暑くても食欲は落ちずに夏を過ごしました!

美味しいからと言って、好きな物を食べ過ぎるのはよくないですよね!

食欲の秋にちなんで子どもの食事について書いてみました。

 

食事のルール

・食事は時間を決めます・・空腹時間を作る

・食事の約束を決めます・・座って食べる、テレビを消す

・偏食のチェック・・食べられる食品が少なくても栄養価は満たされているかも知れません

 

食事のルールは必要だとは思いますが、まずは、外で思いきり身体を動かす事が一番です!一日三食、時間をかけて作ったのに食べてくれない、食べるのに時間がかかる、子どもの食事について悩むことも少なくありません。食事の時間は子どもにとっても親にとってもつらい時間にならないようにしたいです。

 

食事は楽しく食べたいですね!

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

高石

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

 

 

 

朝ご飯が支える心とカラダ

みなさん、お変わりなくお過ごしでしょうか。UTキッズ田原本の上西です。

 

みなさんは普段、朝食はしっかりと摂っていますでしょうか?

 

僕は朝が非常に弱く、家を出るギリギリの時間まで寝ているため、朝食を摂らずに今まで過ごしてきました。

出勤は毎日車で行っているのですが、信号待ちの際など、眠たくてしょうがなく、まぶたがすぐに落ちてきてしまいます。

ガムを噛んだりほっぺを叩いたりするのですがあまり効果がなく、毎朝死のドライブをしています。

なんとか解決策はないものかと考えていたある日、たまたま奇跡的に早く起床できた日があり、朝食を摂ってから出勤すると、頭がシャキッと覚醒し、安全運転でUTキッズに向かうことができました。

「朝食の力は凄いな…!」と改めて感じました。

それからは、少量でも何かご飯を食べるように心がけています。

 

数年前のデータになりますが、文部科学省で行われた、「全国学力・学習状況調査」において、「朝食の摂取と学力調査の平均正答率との関係」についても調査が行われました。

 

 

 

上のグラフでは小学生においても、中学生においても毎日朝ご飯を食べているお子さんが成績が良いことが示されています。

しっかりと朝食を食べる事で頭が効率的に働きやすくなるようです。

 

 

また、平成22年に行われた調査ですが、「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」では「朝食の摂取と体力合計点との関係」をグラフで表しています。

 

 

 

このように、朝ごはんは運動能力や体力アップにも効果を発揮します。

さらに、独立行政法人日本スポーツ復興センターが平成22年に行った「児童生徒の食事状況等調査」では、「朝食を食べる頻度」と「イライラする」の関係についても調査が行われました。

 

 

 

 

「ほとんど食べない」人たちと比べて「必ず食べる」人たちの方がイライラが少ない事が分かります。何かと慌ただしい現代社会。

朝ごはんを食べる習慣が、イライラを抑える事にもつながるようです。

 

 

そして、同調査では「朝食を食べる頻度」と「何もやる気がおこらない」の関係もグラフで示しています。

 

 

 

朝ご飯は「やる気」の源となるようです。

 

これらの調査の結果からも分かるように、朝ごはんを食べる習慣がある人とない人では、勉強、仕事、スポーツ、さらにメンタル面でも大きな差が出るようです。

 

 

我々大人も食生活を今一度、見直す必要があるのではないでしょうか?

そして、お子さんたちが明るく元気にそのお子さんらしさを発揮して生活するために、「朝ご飯」には大切な役割がありますので、時間に余裕をもって朝ご飯を食べられるように、普段から生活リズム、質の良い睡眠も心掛けてみてください。

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本

上西

〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠 166

TEL:0744-34-6616  FAX:0744-34-6615

 

 

 

« 前のページへ