記事一覧

■UTキッズPLUS-スタッフ

春を感じて・・・

寒い寒いとこの間まで言っていたのに

お天気がいい日は、春の日射しを感じる今日この頃…

 

みなさんが春の訪れを感じる時はいつですか?

 

私は「いかなごのくぎ煮」がスーパーで並び始めると「春が来たな」って思います。

 

子供の頃ご近所の方が「淡路島に住む親戚からたくさん送ってもらったから」と

頂いて初めて食べた いかなご♡

今もスーパーに並び始めると、必ず買い物かごに入れ春を感じています。

 

 

 

そして春は

出会いと別れのシーズン・・

新たな始まりのとき。

 

新しい環境に身を置くということは

「だいじょうぶかな」って誰しも不安な気持ちになると思います。

キッズに通ってくれている子どもたちも

新たな環境の変化に不安な気持ちを抱えているかもしれません。

そんな時に、そっとそばに寄り添って

だいじょうぶって抱きしめてくれる、見守ってくれている人がいるって思えるだけで

気持ちが楽になって、「前へ進んで行こう」「少し頑張ってみよう」って思えるのではないでしょうか。

そっと背中を押してくれる存在がいるということは心強いです。

そして乗り越えた時、必ず新たな自分に出会えると私は思います。

 

 

UTキッズも新たなステージの始まりです。

3月にはUTキッズ河合がオープンし、4月には三田店がオープンします。

スタッフ一同、たくさんの笑顔に出会えることを楽しみにしています。

 

私が大好きなアーティストの歌詞の一部を紹介します。

 

今が大好きだって躊躇などしないで言える

そんな風に日々を刻んでいこう

どんな場所にいても

 

始まりを祝い歌う最後の唄

僕は今 手を振るよ

悲しみにさようなら

疲れ果てて足が止まるとき

少しだけ振り返ってよ

手の届かない場所で 背中を押してるから

笑顔の君がいるから

 

 

UTキッズplus  南  美樹子

 

厳しい環境にもかかわらず、、、。

この冬は寒さが厳しい!!

メダカの睡蓮鉢にたびたび氷が張るようになってきました。ほとんどが、ちょっと触ればバラバラと割れるような薄い氷でしたが、とうとう1センチはある氷が、、、。これはメダカが凍るのでは?と思うほどの氷と冷たさが痛い水。氷を持ち上げると真ん中の水草のポットごと持ち上がりました。

 

 

そしてメダカの確認、、、じっと見続けるもいない。。。鉢をトントンとしてみても出てこない。。。これは、冷たすぎたのか?と思いもうしばらく見ていると1匹がスッと出てきました。「いた!!」の喜びもつかの間、次が出てこない!!これはほんとにヤバイ。。。

次の日に氷は溶けていましたが、見る限り目メダカはいない。とりあえず昨日の1匹に餌をと思い入れると、餌がゆっくり沈む。「んん??」水草の根の所からメダカが1匹、また1匹と出てきました。かたまって隠れていたようです。

 

 

たくましいメダカと水草。小さい水草もこの寒さでもゆっくりと増えています。まだまだ寒い日が続き、氷の張る日も出てくると思いますが、暖かい春を迎えられるように世話をしていきます。暖かくなったら新しい命に会えるかな。

 

 

UTキッズplus 山下

雪あそびをしました(^^♪)

土、日曜日は昼間お日さまが出てぽかぽか☀でしたね(^-^) それなのにまた寒波がやってきて橿原でも雪がちらちら!!もうすぐ2月、冬本番です⛄ インフルエンザも大流行中なので体調管理に気を付けたいですね。 前回の寒波の日、1月14日は子どもたちと実家(山奥)に泊まっていました!!朝、目を覚ますと辺り一面、真っ白な雪が積もっていて大喜びの娘2人☺ まだよちよち歩きの姪っ子と一緒に雪遊びをしました‼️

 

 

 

ソリを出してきて坂の上から滑ったり雪合戦をしたりと寒さに負けず繰り返しあそぶ子どもたち!!ほんとに子どもは風の子ですね!元気いっぱいに駆け回っていました(^^;)雪の中でしっかり動いて感覚統合してね‼

大人たちは寒さに耐えきれずぶるぶる震えていましたが…(笑)

 

 

 

『幼児期において自然のもつ意味は大きく,自然の大きさ,美しさ,不思議さなどに直接触れる体験を通して,幼児の心が安らぎ,豊かな感情,好奇心,思考力,表現力の基礎が培われる』(文部科学省 教育指導要領より)

あらためて自然にふれるって大切なんだなぁと感じます。

 

しかし私たちが子どもの頃にくらべ身近な自然はどんどん姿を消しているのでなかなか触れる機会も少なくなっているのが現実です💦

 

子育て、家事、仕事と忙しい日々ですが それぞれの季節ならではの自然に触れる機会を少しでもたくさん持てるようにしたいなぁと感じる今日この頃です☺♪

 

 

UTキッズplus    岡本 亜衣

 

鴨川のほとりで

寒さが厳しく感じる今日この頃

京都 鴨川のほとりで、駅伝が開催されました。

白い息があがる朝

京都の大学生が一斉にスタートしました。

紅葉がきれいな景色をバックに大学の襷を繋げていきます。

 

 

選手たちが走っている隣で

鴨川では、もう一つの戦いが!!

エサやりおじさんが今日もパンの耳をばらまくと

鴨と鯉が一斉に集まり

エサ取り合戦が繰り広げられています。

 

 

駅伝とは複数人で一つのことを成し遂げていく事と言う意味合いがあります。また、日本発祥の競技で約90年の歴史があるそうです。

UTでもいろいろなスタッフで一人ひとりのお子さまに関わらせていただいています。襷を繋げお子さまの成長を見守っていきたいと思います。

 

P.S 12月24日全国高校駅伝大会が京都で開催されます。

今年も奈良県代表は男女とも、智弁学園です。

応援よろしくお願いします。

 

UTキッズplus 駅伝マニア 小岩

 

 

今年も終わりですね

もう12月。

今年はほんとうにあっという間に12月が来たって感じです。

plusの玄関もかわいくXmasになりました。

 

 

 

この2年間、ずっと私が残念に思っていること。

 

plusの駐車場には当たるともう1本!選べる当たり付き自販機があります。

私は毎日のように期待を込めて買っています。

なのに1度も当たったことがないです( ;∀;)

他のスタッフは2回、3回当たっているというのに・・

 

「日頃の行いが悪いからや」と言われ続けていますが

「ここで運を使いたくないから!」と負けん気出して答えてる毎日です。

 

来年は・・

来年こそは・・

1度だけでも当たってみたい!

と日頃の行いも良くしていこうと思っている今日この頃です。

 

 

 

UTキッズplus 南

メダカ…いてる?

寒さが厳しくなってきたこの頃、ふと家の水連鉢をみると…メダカ、いてる?

 

夏に、たくさんのメダカを頂きました。

最初は真ん中の植物と、小さな浮いている水草がチラホラとしかなかったので、メダカがよく見えました。ただ、数が多くて苦しそうだったので里子に出し、まだ数としては多いのですが、まぁ、安定。夏の間は定期的に掃除をしていたのですが、水が冷たくなり掃除の回数が自然と減り….2ヶ月経たないうちに小さな水草がビッシリ!!まったくメダカが見えない!

 

 

これはいけない!ということで、水の冷たさに耐えて掃除開始。メダカはいるのか?とドキドキしながら水草をよけると、下から出てきてくれました。嬉しい!!冷たい水の中で元気に泳いでいました。ホッ。

 

 

綺麗になった住処で餌も良く食べて元気に泳いでいます。これからますます寒くなりますが、メダカは氷の張った鉢の中で冬を越すことができます。そんなたくましい姿を見ながら育てられるように、水草でメダカが見えなくなる前に(笑)綺麗にします!

Plusの水連鉢にも小さいけどたくましい水草を入れました。このまま寒い冬を越した春にどうなるのか??メダカの成長と共に見ていきたいです。

 

UTキッズplus 山下

次のページへ »