記事一覧

■UTブログ

UTキッズ 福祉のお仕事フェア参加します

令和2年1月26日
ミナーラにてほいくの就職フェア2020に参加することになりました。

ご興味がございましたら
ぜひリハビリ発達支援ルームUTキッズのブースにお立ち寄りください。
皆様のお越しをお待ちしています!

 

今年の目標

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

訪問看護ステーションの西和リーダーの中田です。

年が明けて1段と寒くなってきたように感じます。

インフルエンザなどに注意していただきたいと思います。

 

さて、2020年は待ちに待ったオリンピックイヤーですね。
私はどんなスポーツも好きなんで楽しみです。

 

オリンピック選手が金メダルを目標に日々努力しているようにユーティーのスタッフも目標を持って日々取り組んでいます。

 

私の今年の目標は「コミュニケーションを大事にしていく」こと。

日々の訪問リハビリの関わりの中でコミュニケーションによって利用者様のモチベーションが変わり、日々の訓練への取り組む姿勢が変化していくことがあります。
また、生活状況の確認や訓練の指導などもコミュニケーションが重要です。

良いコミュニケーションが取れれば、利用者様と達成したいことを共有でき同じ目線に立って一緒に取り組んでいけます。

 

また、利用者様だけでなく、そのご家族や、ケアマネさん、様々な人との関わりを上手に行うことで、生活の変化はさらに期待できると考えています。

リハビリ場面だけでなく、スタッフ間のコミュニケーションを密に行うことでチームとして地域全体をよりよく支援していけるのではと考えています。

 

私が昨年末に参加した研修会では、コミュニケーションの講義があり、そこで「コミュニケーションの上手下手は性格や社交性ではなく、スキルと相手と向き合う姿勢」と話されていたのが印象的でした。
今後、勉強を続け積極的に取り組んでいく中でさらなる進化をしていきたいと思います。

 

最近のAI時代の中で機械がする仕事が徐々に増えている中、人と人とのコミュニケーションの重要性は変わらないと思います。

人を変えられるのは、人との関わりであると信じて、周囲に安心してもらい、いい変化をもたらせるような関わりができるように日々研鑽していきたいと思います。

 

今後もよろしくお願いいたします。

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション

中田 慎吾

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合 「クッキングイベント」

寒かったり、温かったりと日々の気温が変わり、体調を崩しそうになりますね。

リハビリ支援ルームUTキッズ河合では、クッキングイベントの定食シリーズを1月19日に開催します。
今回は・・・新年のおめでたい気分と節分が近いことを考慮して、『巻きずし』をメインに子どもたちと作ろうと思っています。
今回の巻きずしは、巻きすを使い酢飯や具材が飛び出さないように力加減がカギとなるクッキングです。
手指だけでなく、肘や肩の動かし方も普段と違う箇所を使うので、とても子どもたちにとって難しい作業となってしまうと思われます。
でも・・・!!
毎回、頑張ってみんなと一緒にお料理をした後に食事をしている様子を見ていると、子どもたちの笑顔に出会うことが必ずあるのです。
その分、準備や工程を決めるのが大変な点はあるのですが・・・(汗)

また、巻きずしの具材については、子どもたちのリクエストも多数あり、プレッシャーもありますが・・
参加してくれたみんなと「おいしい・たのしい・うれしい」クッキングになるように、しっかりと準備していきたいと思います。

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合

大山

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本  新年あけましておめでとうございます

2020年 新しい年が始まりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年の干支は「子(ねずみ)」。「鼠算式に増える」と、どんどん増えていくイメージがあるように「繁栄する」と言われているようです。また、最初の干支ということで何かを始めるのにいい年でもあるようです。
と、いうわけで今年も目標を決め、いつもと違う方法で達成に向けて頑張ろうと思います。
今回は、ビジネスにおいてよく使われている「PDCAサイクル」を活用して目指すことにしました。
「PDCAサイクル」とは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)を繰り返し目標に向かって継続的に改善していく手法です。

子どもたちの目標と同じように、スモールステップで無理なく達成感を味わいながら、目標に向かって頑張ります‼
みなさんもよかったら「PDCAサイクル」活用してくださいね。

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本 木谷

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合 明神山ハイキングイベントを行いました。

今年も登りました・・・明神山。

こどもたちと一緒に、「しゅっぱぁーつ」。

 

 

 

明神山登山道入り口に「とうちゃーく」

 

 

 

 

さあ、これからが本番!
高さは300メートルにも満たず、山頂までの登山道もたった1.8キロメートル。
だからと言って、あなどってはいけません! 登りは・・・ずっと、上り坂なのです。

 

 

 

 

・・・う~ん。
・・・足が前へ進みにくい 息がゼェゼェする。

・・・日頃運動を怠ってきたわが身を反省し、来年の登山までには改善しよう!
・・・しかし、これは、去年も思ったことではなかったか・・・。

やっとの思いで、頂上「とうちゃ~く」
楽しい、おやつタイム

 

 

 

<悠久の鐘>のまえで、「はいっ、パチリ」
この鐘を突くと、<幸せになれる>そうな・・・。
しかし、高いところが怖い僕は、まったく近寄れず・・・

 

 

 

というわけで、
無事に帰路へとついた、キッズ河合一行なのでありました。

 

 

あ~疲れたなぁ。でも、不思議と疲れが、心地よい!
そして、みんなと頑張る一体感!
さらに、登ったぞ~という達成感!

こんな思いを、ひとりでも多くの子どもにも体験してほしい

・・・だから、来年も、登ります!!

 

 

リハビリ発達支援ルーム UTキッズ河合

山之内

 

 

 

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus イベント「初詣に行こう(≧▽≦) in橿原神宮!」

あけましておめでとうございます!!

 

昨年中は大変お世話になり心よりお礼申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

療育初日!

私たちもお正月のゆったりモードから気持ちもカラダも元気はつらつモードに切り替えて…

今年最初のイベント「初詣に行こう(≧▽≦) in橿原神宮」で集団療育を利用してくださっているお子さんと一緒にお参りに行ってきました。

天候に恵まれ寒すぎず少し歩くと体がポカポカする良い気候で、キッズplusから橿原神宮まで道中も友だちと一緒に楽しんで歩く姿が見られました。

 


 

初詣後、児童の集団は療育室で絵馬作りをし、小学生の集団SSTキッズは初走りで競技場外周を2周走りました。

 


 

保護者の方も一緒に走ってくださり(^^♪ありがとうございました。

もう1つの集団、SSTplusはお家でお手伝いをして貯めたお金(さい銭5円+おみくじ代200円)を持って初詣に行きました。

おみくじを引いて大盛り上がり!!

 


 

みんなで食べるものを話し合いで決め(意見のぶつかり合いもありましたがみんなで十分に話し合い)、フリフリポテトに決定!!無事に屋台で買うことができ、キッズplusに帰ってみんなでおいしく完食しました(≧▽≦)

 

卒業生のお兄さんもイベントの手伝いに来てくれ、手をつないだり道案内をしたりと安全に気を配りながら子どもたちを引率してくれました。

お兄さんお手伝いありがとうございました(^^♪

 

末尾になりますが、皆様にとって幸多き1年になりますようお祈り申し上げます☆

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus 岡本

リハビリ発達支援ルーム UTキッズ香芝 保育士募集

採用情報
募集要項 保育士
給与 会社規定による
待遇 社会保険完備

昇給年1回 賞与年2回(会社規定による)

研修制度あり(会社規定有)

産休育休あり

通勤手当あり(会社規定有)

有休制度あり

中小企業退職金共済制度あり

マイカー通勤可能(駐車場有)

休日 完全週休 2日制(木曜・日曜・祝日)

年間休日120日以上

その他休日(夏 8/13~ 8/15 年末始 12/29~1/3)

就業場所 奈良県香芝市磯壁6-462-14
仕事内容 放課後等デイサービス、児童発達支援事業において、主に発達障害

等が原因で生活上困りごとがある児童の療育を行います。

基本的には1対1の個別療育を行っていただきますが、集団療育も

行っています。

 

新人研修は座学と実践があり、外部研修や継続的な研修制度もあります。

 

子育て中のスタッフもたくさんいます。

明るくて子供が好きな方、ぜひ一緒に働きましょう!

問い合わせ先 担当者:阿部 連絡先:0744-20-3353

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 「気がつけば12月!(^^)!」

今年も残すところあとわずかとなりました。
みなさま。お変わりなくお過ごしでしょうか?

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田もオープンして半年が過ぎようとしています。
最初はドキドキ・ハラハラでしたが、無事に初めての年末を迎える事が出来そうです☆☆☆ありがとうございます☆☆☆

 

事業所立ち上げから関わらせてもらい、新しい事を始める大変さ・子ども達一人ひとりにとって大和高田で出来る療育とは…・新人教育の難しさ・保護者様フォロー等学び多き1年でした。最初の頃は自分自身必死だった事しか…覚えておらず(涙)ごめんなさい( ;∀;)

 

これからも「子ども達一人ひとりにとって大和高田で出来る療育」「保護者様フォロー」は引き続き、色々な事を学べるようにしたいです。
大和高田でも色々な出会いがあり、全く言葉が出ていなかった子が少しずつ言葉が出だしたり、人に関心がなかったお友だちが自分から関わる姿がみられたり(^^♪
職員は、療育の壁にぶつかる事もありましたが…(笑)
その都度話合いをする時間を作り、指導員の悩み改善に努めるようにしました。報告・連絡・相談の大切さを改めて感じる1年でした。

 

子どもも大人も同じ☆「出来ない」事はダメな事ではなく、「出来ない」と決めつけずに、「やってみよう!」を常に応援出来る自分で居たいと思います。
これからも楽しい中にもいろいろな子どもの気づきを逃さず、子ども達の「出来た」が広がるように頑張ります(*’▽’)

 

今年は例年に比べて暖かい日があったり、寒い日があったりと体調を崩しやすくなる時期でもあります。手洗い・うがいをしっかりと行い風邪・インフルエンザ・胃腸炎等に気をつけたいと思います。

 

年始は1月4日より始まります。
子ども達の休み中の出来事をキラキラした表情で話してくれる事を楽しみにしています!

 

来年も子ども達と一緒に成長できるように頑張りますのでよろしくお願いします(´艸`*)

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 大村

発達障害の就労に関するシンポジウムに参加して

みなさんこんにちは、作業療法士の酒井です。

訪問リハビリと聞くと身体の不自由な大人~高齢者の方が多いと思われがちですが、最近は発達障害を持つお子さんにも関わるようになっています。

 

目に見える障害、目に見えない障害に対し、

環境が整えばその人の強みを生かした就労に結び付くのではないか、

日々そう思いながら療育や訪問での作業療法を行っています。

 

そんなある日、『発達障害の就労と定着に向けて~発達障害のある子が明るく元気に働く、働き続ける大人になるために今必要なこと~』

というシンポジウムを見つけました。

そこで学び感じたことを簡単にお伝えしたいと思います。

 

発達障碍者の離職や職業維持ができない理由として『ソフトスキル』が関連しています。

見通しを持つ能力(実行機能)人とうまくやっていける能力(ソフトスキル)を企業も本人に関わる人も理解していくことが大事です。

 

SST(ソーシャルスキルトレーニング)を行っても就労に対するスキルは般化できないので、

本人を変えるのではなく、特定の就労に結び付く重要なスキルの指導を行う必要があるとのことです(就労に対するSSTなので誤解のないように・・・)

親として就労先を見つけてあげるためには

本人が今と未来をどう語れるか(自己理解と自己表現)

理想と現実のかみ合わせ(就労支援)のため、親の価値観を押し付けないようにしましょう。

また、就労がうまくできた後は定着に向けた支援が大切になってきます。

よりよい就労のためには転職もあることを親子で理解し、自身の健康維持のためライフスキルも身に付けていく必要があります。

就労に対し、企業も環境を変えることに意識を持ち始めています。

特別支援学校で現場実習がある就労支援を受けて就職につなげるか、普通学校に行って本人が勉強していきたいのか、本人の考え、本人の自己決定を促し修正できるような関りの大切さを学んできました。

 

お子さんの将来や親子のかかわり方など、いつでもご相談ください。

 

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション 作業療法士 酒井留美

UTケアシステム 忘年会を行いました。

今年も残すところあとわずか。あっという間に年末ですね。
さて、当事業所では年末ということもあり、12月15日にTHE KASHIHARAにて、各事業所での取り組みを報告しあうUT楽会の後、UT忘年会が開催されました。

 

 

 

 

 

 

UTケアシステムの全事業所のスタッフ参加ムービーでは、各事業所の様々なカラーが溢れており、一瞬たりとも目を離したくないようなとても楽しいものでした。
ビュッフェを美味しくいただきながら、美味しいお酒を飲み談笑・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は皆さんお待ちかね!
ビンゴ大会!!

 

 

 

 

 

私も1位のダイソンクール&ホット&空気清浄機を狙いでビンゴカードを握りしめ参加しました。
結果は…



残念ながら獲得ならず。

しかし皆さんのドキドキ緊張した表情や残念そうな表情、笑顔を見ることができたので最後まで楽しかったです。
私は今回初めて参加させていただいたのですが、なかなかお会いできない他事業所のスタッフさんや来客者の方とお話しさせていただく機会となりました。

とても優しく楽しいスタッフさんばかりで時間があっという間に過ぎ、笑顔いっぱい溢れる会でした。

熱く楽しく笑顔が素敵な先輩方に負けない様、私も日々勉強し成長していきたいと思います!

 

 

 

 

リハビリデイサービスUT広陵
久野 里捺

 

« 前のページへ