記事一覧

■UTブログ

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本  「磯城郡自立支援協議会 【子育てサロン】」

こんにちは。リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本の村田です。
今回は、地域での取り組みについて少しお話をさせて頂きます。
奈良県の磯城郡では、田原本町、三宅町、川西町の3町が一体となった「磯城郡自立支援協議会」というものがあります。どのようなものか簡単に説明しますと、障がいのある方々の地域生活を支援するため、関係者(社会福祉協議会、相談支援員、事業所など)が情報を共有し、課題解決への共同活動の場として活動などの取り組みをしています。その中の私が所属している「子ども支援ワーキングチーム」では、昨年から「子育てサロン」という活動イベントをおこなっています。
「子育てサロン」では、発達障がいのお子さんを育てている保護者さんを対象に、日頃の子育てに関するお悩みや将来の不安などをもつお母さんたちが気軽に相談、話し合いができる場が持てたらという思いから始まりました。その「子育てサロン」も今回で5回目となり、毎回テーマを決めてさまざまな方をお招きしお話していただいています。
11月7日(第5回)には「奈良県立高等養護学校」の相談支援部の先生をお招きし、高等養護学校のことについて、進路のこと、就職への取り組みなどをお話しして頂きました。
私もスタッフとして参加させて頂きましたが高校への進学や就職先の進路のことなど、実際どのような選択枠があり、どのようなお子さんが通われているのかなど知らない情報もたくさんあり、25名の保護者の方々が参加され良い機会になったのではないかと思っています。
その後には座談会と題して、保護者さん同士で日頃の悩みや不安などグループに分かれて情報交換をされていました。

 

宣伝ではないのですが、2月に「第6回 子育てサロン」を行う予定をしております。
※(三宅町 あざさ苑にて 詳細は磯城郡の事業所や福祉施設等チラシ配布)
磯城郡のお住まいの方、もしくは事業所に通われている方、お気軽にご参加下さい。

 

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ田原本 村田

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝 SSTで奈良公園に行ってきました~

朝晩の冷え込みと日中の暖かさ、1日の寒暖差が大きく体調管理がとっても難しい季節になってきましたね。10月初旬、リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝で行っていますSST集団療育の子どもたちと一緒に、奈良公園へ行ってきました。この日はとても暖かく少し汗ばむくらい過ごしやすい1日でした。奈良公園までは、JR香芝駅から電車に乗り、奈良駅に到着!!まずは近くのスーパーで自分のお小遣いで昼食を購入しました。普段は、お家の方と一緒に選んでいる子も多く、どれくらい食べれるのかやお小遣いで足りるのか等それぞれが悩みながら、友達の選んだお弁当も参考にしながら『自己選択・自己決定』で購入することが出来ました。

 

 

その後バスに乗り、平城宮跡や奈良公園を散策しました。

 

 

 

奈良公園では、たくさんのシカを見て大はしゃぎ…

 

 

 

スタンプラリーをしたり購入したお弁当も広~い芝生の上で食べました。

 

 

たくさんおしゃべりして、たくさん歩いて、本当に楽しい1日を過ごせました。
このSSTのお出かけも4回目となり、電車やバスの乗り方・昼食の購入・子ども達同士の交流・・・。普段の療育ではできない事を青空の下で美味しい空気を吸いながらたくさん経験することが出来ました。次回のSST集団療育は、みんなで考えたクリスマス会を楽しみましょ!!です。

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ香芝 坊薗

UTフェス with ハッピーマム~ひとりひとりが輝ける一日を~

皆さん、こんにちは。
11月10日(日)にUTフェスを開催しました!
爽やかな秋晴れの中、総勢240人以上の人々が来場してくれました

会場入り口では大きなドラえもんがお出迎え

 

 

キッズバザー
自分で選んだおもちゃを一生懸命に売りました(^▽^)/
買う子らも真剣に選んでいます

 

 

作品展
デイサービス、UTキッズ、訪問看護ステーションの利用者様が
丁寧に作られた作品はどれも見ごたえがありました

 

 

Mr.トリックさんによるマジックショー&マジック体験
色んなマジックに目が釘付け!マジック体験も!

 

 

午後からは、岩城パフさんによる知的玩具の販売&体験
珍しいボードゲームがたくさんあって、目移りしそう

 

 

障がい者体験&(なんちゃって)車椅子バスケ体験
非利き手での工作による片麻痺体験や豆つかみでの感覚障害体験で悪戦苦闘💦
車椅子を操作しながらゴールポストにシュート‼

 

 

そして今回は初めてのHappy mamさんとのコラボでした♥
マッサージや整体、フラワーアレンジメント、
サンキャッチャーワークショップ、サッカーボーリング等々
素敵なお店がいっぱいで
お母さんお父さん、子どもたち皆が笑顔で体験されていました☆彡

 

 

本当に大盛況な一日でした
作品を作ってくれた皆様、キッズバザーで頑張ってくれた皆、
ご来場された皆様、Happy mamさん、手伝ってくれたスタッフさん
皆さんに感謝です💛

 

 

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション 言語聴覚士 上野なつひ

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus  ハロウィンイベント~!!!

こんにちは!肌寒い日が続きますがお変わりなくお過ごしでしょうか。

リハビリ発達支援ルームUTキッズplusの松岡です!

 

先日、リハビリ発達支援ルームUTキッズplusにてハロウィンイベントを開催させて頂きました!貴重な日曜の開催にも関わらず沢山のご参加ありがとうございました。

 

様々な仮装で登場してくれるみんなに負けないようにスタッフも仮装して出迎えましたが、

やっぱり子どもの仮装は素敵すぎる!!!記念写真も沢山撮らせて頂きました!


 

まずはサーキットでゲットするお菓子を入れるボトル作り☆洗っても大丈夫なシールを好きなところに貼っておしゃれなボトルが出来上がりました☆彡


3階の療育室はいつも以上にパワーアップしたサーキットを設定。今回はトンネルやジャングルジム、蜘蛛の巣でのボディイメージ、ターザンロープでの把持力、タイヤ渡りでのバランス感覚、段ボール迷路でハイハイの全身運動などなど、多様な課題を設定したかなりの力作です!みんな見事完全制覇してくれましたよ!!!




本当にみんなずっと笑顔で楽しそうに体を動かしてくれました!怪我もなく無事に終えることができ、本当に良かったです!また、来年はさらにバージョンアップして開催できるように頑張ります!!!

 

【ブログ作成】

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus 松岡

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田 UTフェスへの取り組み

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田では、UTフェスに向けて『果物列車』を、子ども達がそれぞれに取り組んでくれました。コンセプトは『秋』と一緒に、みんなの思いを乗せようです。
普段は、筆記を苦手だからと避けている子も、自分から「描くわ~」と駆け寄ってきてくれたり、「これパパ、これママ、これ…」と家族全員を描いて見せてくれたり、最近描けるようになったものや得意なマークなどを描いてくれた子どももいました。
描いた後に好きな場所に貼って、得意な表情で保護者にも見せて説明もしてくれました。

みんなの様々な感情や成長を感じ、とても楽しくうれしい作品となり、奈良のUTフェスでも飾ってもらいましたよ!

リハビリ発達支援ルームUTキッズ三田 堀

『インフルエンザ』かな?と思ったら・・・

年秋から冬にかけては、インフルエンザの流行シーズンです。

高熱や関節の痛みなどを伴い、人によっては重症化するおそれもあります。

 

もうインフルエンザのワクチンはすまされましたか?

インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。

 

(1)早めに医療機関へ
もし、急に38度以上の発熱が出て、咳やのどの痛み、全身の倦怠感を伴うなどインフルエンザが疑われる症状が出た場合には、早めに医療機関(内科や小児科など)を受診しましょう。

ただ、発熱12時間未満の場合、検査の結果が陽性にならないことがありますので、検査は発熱後12時間以上経過してから受けることをおすすめします。

特に、幼児や高齢者、持病のある方、妊娠中の女性は、肺炎や脳症などの合併症が現れるなど、重症化する可能性があります。

 

◎こんな症状があったらすぐに受診して!
・けいれんしていたり、呼びかけにこたえない
・呼吸が速い、または息切れがある
・呼吸困難、苦しそう
・顔色が悪い
・嘔吐や下痢が続いている
・症状が長引いて悪化してきた
・胸の痛みが続いている

 

(2)安静にする
睡眠を十分にとるなど安静にしましょう。

 

(3)水分補給
高熱による発汗での脱水症状を予防するために、こまめに水分補給が必要です。

 

(4)薬は医師の指示に従って正しく服用
抗インフルエンザウイルス薬の服用を適切な時期(発症から48時間以内)に開始すると、発熱期間は通常1~2日間短縮され、ウイルス排出量も減少します。

なお症状が出てから48時間以降に服用を開始した場合、十分な効果は期待できませんが、医師の指示を守って服用してください。

 

 

 

 

ユーティー訪問看護ステーション
看護師 中浦 光子
〒634-0062奈良県橿原市御坊町152
TEL0744-20-3353 FAX0744-20-3354

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合 10月のイベント

ハロウィンも終わってしまい、もう11月・・
年々月日が流れるのを早く感じます。
11月もあっという間に過ぎてしまい、「今年も早かったな」と年末に言っているような気がします。

 

リハビリ発達支援UTキッズ河合では第5週目はイベントを開催しています。
10月のイベントはクッキングとワーク(工作)の2本立てです。

 

 

 

 

 

どちらのイベントも
1.工程表を見ながら作る
2.わからないときは手を挙げて聞く
3.道具を使う(指先を使う)
をねらいとしています。

イベントは、子ども達はもちろん、保護者も楽しみにしてくれています。
クッキング、ワーク(工作)共にたくさん参加してくれました。

 

 

10月30日は、光るクリスマスツリーを作りました。
たくさん工程があるので時間との戦いでしたが、時間内に作ることもでき、みんなで点灯式も行いました。

 

 

 

 

 

自分で作った光るクリスマスツリーに子供達の瞳もキラキラでした。

 

 

 

 

10月31日はハロウィンということもあり、ハロウィンクレープを作りました。

 

 

 

 

 

 

オープン当初からクッキングイベントは定期的に開催していることもあり、工程表を見ながら1人でどんどん進めていくことができるようになった子もいます。

 

 

 

子どもにとって経験するということは大きな成長と自信に繋がるということを、イベントを通して感じます。

 

 

11月はワークイベント(年賀状作成)を予定しています。
たくさんのご参加をお待ちしています!

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ河合 南

ハロウィンイベント

こんにちは!リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田の松本です
今年のカレンダーもあと2枚になり、寒くなってきましたね。
リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田では初のイベント、「ハロウィンイベント」が開催されました
初めての集団での行事に参加していただいた子どもさんたちもスタッフもドキドキ、ワクワク

 

今回は第一部(未就学児さん)第二、三部(小学生さん)で行いました。
写真は第一部の未就学児さんの全体写真です
第一部では親子参加でじゃんけん列車、創作、焼き芋じゃんけんをしました(⋈◍>◡<◍)。✧♡
第二、三部ではスタッフの好きなもの、嫌いなものを覚え、サーキットを回りゴールの先にいるスタッフに言われたものを伝え、正解したらお菓子がもらえるというゲームを行いました。スタッフの好きなものが「ゴルゴンゾーラのピザ~はちみつ添え~」だったり「イチボのステーキ 150g」「タピオカ黒糖ミルクティー」だったり…、覚えられない長い単語が多かったのですがしっかり覚えてみんなお菓子をゲットしていました(*’▽’)

 

 

 

仮装してきてくれた子もいてスタッフも思わず「うわ~!かわいい~!」と声をあげてしまいました。

 

 

初めてのイベントで至らない点も多かったのですが、またパワーアップさせてスタッフ一同頑張りますので、今回参加されなかった方も今年来てくださった方もたくさんの参加お待ちしています

 

 

リハビリ発達支援ルームUTキッズ大和高田 松本

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus 「RUN!RUN!RUN!!」

涼しい秋風に、高く澄んだ空。大きく深呼吸したくなるような気持ちのいい季節になりました。運動会も終わり子どもたちもほっとしたような、またひとつ自信につながりしっかりした表情で療育に来てくれています。

 

小学生の集団「sstキッズ」「ラントレ」で10月に橿原競技場で記録会を行いました。

 


1周400mのウォーミングアップでは全力で走ってしまう子、途中で止まってしまう子、ペースを保ちながら走る子それぞれでした。回数を重ねる事でペース配分ができるようになっていくことでしょう。

 


初めてのタイム計測で少しドキドキ・・・。

でも練習していたクラウチングスタートも様になっています。

50m100mを走りました。

 


去年からラントレに参加している子どもたちは体力もつき自信をもって走る姿がありました。400mを一列に並んでバトンリレーも行いました。

 


台風の前日に行った競技場では空が不思議な色に!!なんか不気味・・・でもきれい・・・!と空を眺めながら走る子どもたちでした。

 


10月14日(体育の日)に「バトンをつなげ!400mリレーフェスティバル2019」に4人一組で出場しました。一人100mずつ走りバトンをつなげました。始めは緊張でガチガチの子どもたちでしたが一回戦を走り終わると「もう一回走りたい!」の声がありました。雨も少しぱらつく中、2回戦も頑張って走りました。ゲストスプリンターにオリンピックやパラリンピック出場された選手たちが来られていました。

 


 

一般の方たちもいる中でルールを守って過ごす事や、広い競技場でおもいきり走る心地よさを感じてもらいたいと思い企画しましたが、どの子も帰りは走りきった満足感と自信に満ち溢れた表情をしていました。11月も競技場や競技場の外周を走り込み、マラソン大会へ向けて体力づくりを行っていきたいと思います。

 

保護者の方もお子様と一緒に橿原競技場に走りませんか?

 

~橿原競技場夜間開放(ナイトラン)について~

解放日時 原則 毎週月・水・金曜日

17:00~21:00

利用目的 ランニング ウォーキングなど

リハビリ発達支援ルームUTキッズplus 福島

作品展

こんにちは。西和エリアの訪問リハビリ担当、作業療法士の今堀です。
今回は、11月10日に開催するUTフェスの作品展に出展していただく、利用者様の作品の紹介をさせていただきます。

作品は絵画で、色鉛筆を主体にして描かれています。
今回の作品名は、「ききょう」 「さかな」です。

 

 

 

 

絵に対する思いやこだわりについて尋ねると、色鉛筆で塗ることにこだわっていると話されています。

今回、作品展で作品製作者として関わらせていただくことで、普段訪問リハビリの時とは違った利用者様の一面を見せていただくきっかけになりました。

作品展には絵画を数点出展していただいています。

 

UTフェスにお越し頂いた際には、利用者様の思いが作品として展示されていますので、作品展ブースに是非お立ち寄りくださいませ。

 

 

ユーティー訪問看護ステーション
作業療法士 今堀 好昭
〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152
TEL:0744-20-3353  FAX:0744-20-3354

« 前のページへ