記事一覧

■研修

2018/7/12  UTブログ研修
あからん春季全日本研修大会2018

ユーティー訪問看護ステーション 西和担当の作業療法士 中田慎吾です。

 

6月9日10日に山形で開催された一般社団法人日本OTイノベーション機構あからん主催の「あからん春季全日本研修大会2018」に参加させていただきました。

『あからん』とは作業療法士など有志が集まり運営している会で、50音の「あ」から「ん」で、人生のはじめの「あ」から最後の「ん」、子供から老人までを作業療法は支援しますという意味があります。

今回の大会テーマは「地域での作業療法の具体的な展開方法としての企業(初級編)」

作業療法士が企業という手段をもって人々の幸福を促進できることを体感でき、改めて作業療法のすばらしさと幅広さを感じられました。

講師陣、参加者はそうそうたるメンバーで、参加者はみな主体的で、自分の取り組みに自信を持たれているような印象でした。

とても圧倒されました(汗)

そのなかで、UTの代表辰己も講師としてお話をしました。

 

 

楽しそうにお話していました。会場のウケもよく、すごい人だなと。

 

一日目の講義終了後は壮大な懇親会。

そこでは、重鎮といわれる先生たちも、活発にまたフレンドリーにかかわっていただき、いろんな話を聞けました。

みんなアイデアマンでした。

また、作業療法の話をしているときは少年のように生き生きしており、これが作業療法の魅力だなーと感じ、こんな飲みの場でこそイノベーションが起こるのでは。。。。と

やっぱり、作業療法の話は楽しい。

僕にとってはこの場にいれたことで作業療法をされているような感じがあり、知らない間に元気になっていました。

また、話したいと思うと同時に、自信をもって取り組みを話せるように、普段から地域のリハビリテーションに関わっていく決意ができました‼

 

 

今回の研修会は初めての山形で初めての出会いが多く、感じることが多かったです。サクランボもラーメンもおいしかったです。

自分の中で起こったイノベーションを今後も更新・拡大しながら、自分だけでなく、地域や人を変えていけるような取り組みができればと考えます。

 

 

ユーティー訪問看護ステーション
作業療法士 中田 慎吾
〒634-0062 奈良県橿原市御坊町152
TEL:0744-20-3353  FAX:0744-20-3354

 

 

 

 

 

2018/2/26  UTブログ研修
平成29年度 中和保健所ALS在宅療養患者支援者意見交換会に参加して

この研修は毎年、奈良県中和保健所 健康増進課 難病対策係企画で地域の医者、看護師、介護支援専門員、介護福祉士、リハビリ職が集まり、テーマに沿った意見交換会の場となっています。

私は今回で4回目の参加です。最近は、普段なかなか会えないケアマネージャーさんや、保健師さん、看護師さん、主治医の先生と少し話させていただく機会にもなっています。(笑)

 

今回は『事前アンケートよりの日頃の支援内容や工夫の意見交換』、『他職種でより良い支援をするために』という二つのテーマでグループディスカッションを行いました。

他職種で話し合い、各職種が悩んでいること、工夫していることを知ることは、本当に参考になります。数年前から【多職種連携】を意識してきましたが、本当に必要なことと感じています。何度もこの研修で参加して思いますが、本当に皆さん、利用者様の思い・想いに寄り添い支援をしておられるなと刺激をもらいます!

 

指定難病を抱えられている利用者様に限ったことではありませんが、この意見交換会に参加していく中で私が学び、意識していることは・・・

 

 

①意思決定支援の重要性

②本人・家族が選択できる情報を先々に提供していくこと。(決めるのは後でよい)

③多職種連携は頻度を高く、定期的に行う。(例えば担当者会議、情報提供)

 

今もこの学んだポイントを意識し訪問させていただいております。

 

平成29年3月31日現在、指定難病患者数は奈良県全体で12,353人、中和保健所管内では5,384人と増加傾向にあります。平成28年の推定ではALS罹患患者数は奈良県全体で98人、中和保健所管内では県の43.9%となる43人とされております。

 

近年、在宅療養での支援の質は当然に、様々な支援の整備をとの声が上がっています。私たち訪問スタッフに求められる内容も高くなってきております。(必要な知識・スキル以上に支援する気持ちが)一人ひとりの思いに寄り添いながら、地域の中で大切な役割を担っていることを意識し、日々励んでいきたいと思います。

 

 

 

UT訪問看護ステーション 作業療法士 吉村 武将

2018/1/19  UTブログ研修
作業科学セミナー

こんにちは。 作業療法士の中田です。

 

昨年12月に作業科学セミナーに参加してきました。

 

作業科学とは、人が日々行う作業が健康にどう影響するか、その人らしく生活するためになぜ作業が必要なのかを研究する学問です。

私にとってとても興味深い分野で数年前から継続的に勉強しています。

 

人は生まれたときから作業を行うことで、その人となりを形成していきます。

その作業は人それぞれ違うものであり、その作業をする意味も異なっています。

小さい時は遊ぶことで自分のことを知り、大きくなるにつれて、周囲と遊ぶことや役割を持つこと、趣味に取り組むことで成長し、自分を確立していきます。

 

今回参加した作業科学セミナーは毎年一回開催されています。

会場いっぱいの参加者がおり、活気あふれる研修会でした。

とても刺激的で勉強になる2日間でした。

 

作業療法は対象となる方の大切に思う作業を通して、または大切に思う作業ができるように支援する専門職です。

私は、作業のことを聞くことが支援の第一歩だと考えています。

そして、支援の中で対象となる方の作業ができたときの達成感を一緒に感じられることがうれしいです。

 

今回のこのセミナーに参加して、訪問リハビリの役に立つ勉強ができたように思います。

今後も研修会に参加することを継続し、実施する訪問リハビリの質を少しでも向上させられるように心がけていきたいと思います。

 

 

 

 

UT訪問看護ステーション

作業療法士  中田

 

2017/12/8  UTブログ研修
社内研修(H29.12.7) 自立支援型サービスへの視点

社内研修に参加しました。

 

 

内容は「自立支援型サービスへの視点~生活機能のアセスメント能力向上~」とのことでした。

当事業所が事務所を構える奈良県橿原市においても、行政として新総合事業についての取り組みが本格始動するところで、今後の介護事業の展開を考慮するとセラピストという立場からもしっかりと理解し、先頭を走るつもりで取り組まないといけないサービスであると思います。

 

改めて「自立」ってなのか??

 

ということからまず考えさせられました。

決まった形はないものの、自立を目指す・自立を促がす・自立した生活を達成する・動作が自立する、リハビリテーションに携る者にとっては永遠のテーマです。

「自立」を達成=卒業として捉えがちであるし、現に自分自身もこの研修を受けるまではそう考えていた節があったことは否定できませんでした。しかしながら、部分的な生活課題を自分自身の力で遂行することを達成する、なにも全部・全ての日常生活動作を自立していなくてもいいんだ、と気づいた時にスッと胸のつっかえが取れた感覚を覚えました。

日常生活動作における行動過程を見逃しなく洗い出して、リハ職として有効な介入を提案・提示できるよう今後とも精進してまいります。

 

必ずや地域の利用者様に還元するぞ!と決意を改めた社内研修でした!!

 

ユーティー訪問看護ステーション

理学療法士 李賢守

奈良県作業療法(OT)士会 「地域包括ケア研修」に参加しました。

平成291014日(土)、奈良県社会福祉総合センターにおいて開催された奈良県OT士会『地域包括ケア研修』に参加しました。この研修は、奈良県OT士会「地域包括ケアOT推進リーダー」認定制度の必須研修であり、「地域包括ケアOT推進リーダー」は、地域ケア会議などの新しい市町村事業の参画が可能となる要件となっています。

 

 当日は、奈良県OT士会会長の西井先生をはじめ様々な講師の先生方が「地域包括ケアシステム」や「新しい地域支援事業」についての基礎知識、「生活行為向上マネジメント(MTDLP)の活用」についての座学や地域ケア会議への参加を想定したグループワークなどが行われました。

 

 特に私が印象的だったのは、実際の地域ケア会議への参加を想定してのグループワークです。事例を通して、利用者情報やケアプランからの課題を読み取り、OTの視点でその解決策や代替案などを他職種の方々に分かりやすく端的に助言する難しさを学ぶことができました。

 

 新しい地域支援事業の始まりを受けて地域ケア会議などにおいて今後益々OTの活躍が期待されているとのことです。地域を支える訪問看護ステーションの一員として地域社会で必要とされるようOTとしての視点やスキルを今後も磨いていきたいと思います。 

 OT 福田