「できなかった事」を
「できる」に、
「できる事」は
「もっとできる」に

REHABILITATION SERVICE

リハビリデイサービス

リハビリデイサービスUT広陵では、自立支援に特化したサービス提供により、ご利用者様の「QOL生活の質」の向上を目指します。現在の日常生活の中で生じた「生活課題」から、具体的で達成可能な目標設定をすることで、ご利用者様のリハビリ意欲を高めていきます。

1日のスケジュール(例)

9:30
  • 来所
  • 健康チェック
10:00
  • 体力測定
  • 入浴
  • 準備体操
11:00
  • 上肢プログラム
  • ウォーターベッド
11:30

嚥下体操

12:00

食事

13:00
  • 下肢プログラム

創作活動/
脳トレ

14:00
  • ADL練習
  • 呼吸練習
  • バランス練習
15:00

UT塾/
創作活動/
脳トレ/
筋力練習

  • 趣味活動
16:00

帰所

リハビリデイサービス
UT広陵の取り組み

身体機能訓練

ご利用者様が持つ力を十分に発揮し、
自立した日常生活を取り戻すために手足や身体とこころを元気にします。

■下肢プログラム

足腰を鍛えることで、しっかり歩いたり、楽に立ち座りできるよう支援します。

■上肢プログラム・筋力練習

手と胴体を鍛えることで、しっかりと物をもったり、高いところに手が届いたり、器用に手先が使えるように支援をします。

日常生活動作(ADL IADL)が
「できる」になるよう
動作練習、
動作環境の調整を組み合わせながら
実際の動作練習をします

  • ・身体を鍛えて、できるに
  • ・動作方法を変えれば、できるに
  • ・道具を使えば、できるに
  • ・人に助けてもらっても、できるに

自立支援とは、
「生活課題の解決」です

今できている事と、リハビリすればできる事、助けてもらいながらできる事など、実生活での日常生活動作(ADL IADL)や外出・社会参加の状況を、リハビリスタッフとアセスメント(評価)を行いながら、ご利用者様別の「生活課題」を明確にしていきます。
  • <評価内容>
  • ・30秒椅子立ち上がり
  • ・5M歩行テスト
  • ・Time Up &Go Test
  • ・握力
  • ・開眼片脚立位 など

噛む力と呼吸練習で
肺炎予防に取組みます

高齢者では、口腔機能と呼吸能力の低下が、肺炎の危険性を高める心配があります。リハビリデイサービスUT広陵では、新たに「キシリトール®咀嚼チェックガム」と「呼吸能力評価」を導入します。(希望者のみ。自費利用)専用の「咀嚼チェックガム」を噛むことで、現在の咀嚼能力やお口の状態を知ることが出来ます。同時に、呼吸能力向上の練習、口腔ケアを実施することで、肺炎予防に効果を発揮します。

社会参加活動への支援を行います

リハビリデイサービスUT広陵では、社会参加活動・外出支援を通した「自立支援」を行います。コンビニやスーパーへの買い物、神社やお寺への参拝、公共交通機関を使った外出や移動に関連した「生活課題」の解決についても支援します。また、住み慣れた地域の活動への参加、地域の作品展への作品出展などを通した、社会参加の後押しをします。

ケアプランと連動したサービスの提供

リハビリデイサービスUT広陵では、ご利用者様の「生活課題」についてのアセスメント(評価)を重点的に行います。その結果は随時、担当の介護支援専門員の方と共有し、ケアプランに基づいたサービスの提供を行います。

ACCESS

リハビリデイサービス UT広陵

FAX 0745-43-7575

住所
〒635-0821
奈良県北葛城郡広陵町大字笠161-2
広陵町総合保健福祉会館 内
事業所番号
2973300565