自然と笑顔になれる
そんな社会を目指して

INITIATIVES FOR COMMUNITY COMPREHENSIVE CARE

地域包括ケアへの取り組み

作業療法士や理学療法士、言語聴覚士や、看護師、保育士、介護職などの専門スキルを活かして、市町村と連携しながら地域づくりに参加しています。「住み慣れた地域で、自分らしく生活したい!」子どもからお年寄りまで、一人ひとりや地域が元気になるための活動をしていきます。

地域リハビリテーション
活動支援事業

※厚生労働省
UTでは、保健センターと協力しながら
「子ども支援・療育支援事業」
にも取り組んでいます。

介護予防・日常生活支援総合事業の参加例(2019年度)

  • 地域リハビリテーション
    活動支援事業

    • 地域ケア会議/通いの場への助言/訪問・通所支援
  • 短期集中予防サービス

  • 介護予防検討会議

  • 在宅医療、介護連携会議

  • 認知症啓発会議

  • 自立支援に関する
    講師活動など

市町村事業への参加回数(2019年度)

参加地域
10箇所

こども療育支援事業
12

自宅での支援
24

地域ケア会議
77

施設や他事業所への支援
10

住民通いの場支援
30

短期集中予防サービス
2箇所